見守られて食べた。 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

見守られて食べた。

2019.03.06.Wed.22:09
こんばんは。






見守られながら食べた。




終わり。





はい、「TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)」の試写を少ししたので、簡単にレビュー。


IMG_0087_re.jpg

広角の歪みは、樽状でなかなか出る。
もちろんLightroomで補正するからあまり問題とは思わない。



IMG_0082_re.jpg

TAMRON28−300

IMG_0083_re.jpg

TAMRON70−300


日本のレンズの300mmを比較してみた。もちろん70−300の方が画質は上だ。

しかし、ほとんど違いはない。というか、ある一定以上であれば問題ないのだ。


確信した。70−300を売りに出そうと。
でかいし重いし、「よし望遠持ってこう」ってこと結局ないもんね。




前にも実はTAMRON28−300(A20)を買って使ったことがあるのだが、全く望遠が使えなかった。

この私が「使えない」と評するのはよほどのことだ。つまり、撒き餌50mmレンズを300mm画角にトリミングしても同じような写真ができるんじゃねーかなと思うほどの酷さだったのだ。
これでは高倍率ズームレンズの意味がない。ズームの意味が、無い。


失望し、すぐさま売りに出したのを覚えている。まぁ1万そこそこのものだ。安物買いの銭失いだったのだ。

今回のA010は中古で36500円で購入したものだ。新品だと6万ほどか。



やっぱりそこそこはお金は出さなければ一眼レフの意味がない。



IMG_0085_re.jpg

TAMRON28−300


IMG_0084_re.jpg

TAMRON24−135

この二本の135mmを比較。


前者が圧勝。あと、AF速度が段違い。


こんな感じです。

AFが爆速だとかそういうことはないけど、最低限使えるし最低限の重さ大きさで、ちょうどいいと感じました。


もうちょっと使ってみて印象が変わったらお知らせします。

じゃ。

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する