ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 エンドロール。 | フラジールに蕩れ。

ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 エンドロール。

2017.08.05.Sat.09:41
こんばんは。




もう出費とか走行距離とか、集計しなくてもいいんですねぇ。



というか、出発しなくていいのかぁー。



って気分でした。今朝は。








時は遡り、昨夜の野宿探しから話を始めよう。





とりあえず、近くの公園までとぼとぼと歩く。





運河公園に到着。

このゆりかごみたいなベンチを寝床にしてみるか。






ゆらゆら寝ていたら、雨が降ってきた。最悪だ。

テントもないのに。






違う公園の、建物の軒下をお借りすることにした。

芝生で寝心地はよかった。
それは、よかったのだが。




蚊の大軍に襲撃され、わたしは刺されまくり。


あえなく撤退。こりゃ寝られん。









面白そうなところがありました。

ここにするか。





ホラーをコンセプトにしたカラオケ店らしいが、文化祭のお化け屋敷をやることになったクラスの内装みたいな感じでした(笑)



いや、すまない。


サービスは申し分ないんだ。良すぎるくらいだ。
フリータイムで千円ちょっとなら安い方じゃないか。



しかし、店員さんもやたらに明朗だったし、もうこれ分かんねぇな。







ルーム。


ふ、普通だ!




3時くらいまで平沢進ばっかり歌いまくり、あとは6時まで寝ました。





そして、現在に至る。





電車の時間まで、朝食とお菓子タイム。

クッキーばっかり食べてる。






さて、そろそろ行くか・・・。のろのろ。

こけっ!


段差につまづいて、左足の親指を負傷するという。
地味にきつい。





本日はですね、寝床の心配が無いということで、函館の津軽海峡フェリーターミナルまで行こうと思います。

そんで、深夜3時の便に乗ります。
本州に着く頃には朝6時くらいだそうで。


そういうのもいいかなって思いまして。

船の上で夜明けを迎える、みたいなの。







苫小牧に到着。


電車に乗るのは、全く苦痛を感じない。

自転車に乗ることに慣れすぎたというのもあり、普通に電車旅は好きだということもあり。



これから室蘭行って、長万部を通ってどんどん南下していくでしょう。

私は黙って運ばれていくだけ。







北海道も今日でおしまいということで、

1番別れ惜しいのがガラナとかセコマのパスタとかそういうものだということも、なんとなく感じる。


大丈夫、本州には(たまに)ドクペがある。








苫小牧から室蘭まではワンマン列車。

料金を表示するパネルとか、整理券出るところとかあって、なんかバスみてぇだ。





さて、本州へ行ったあとの旅程を考えていたのですが、
5日間全部使い切らないで、2日分残して帰ろうと思います。





理由は三つ。




まず、あと3日間では中途半端なところまでしか行けない。

かの有名な下灘駅に行きたかったのですが、そこまでは遠くてここからじゃ無理でした。




次に、カメラのバッテリーを2つ予備持ってるのですが、
手違いで、片方が使い切った後のすっからかんのバッテリーでした。

今使ってるバッテリーも無くなったので、3日間持たないかもしれないです。
たぶんもたない。ただの重い荷物になるだけ。




最後に、連続で旅をしすぎると鈍感になるというか、楽しむセンスがすり減ってしまっていているのでもったいないと思ったのです。

無意味に使い切ろうと遠回りするより、そこは分割した方が良かろうと。



以上の判断で、

つまり、明日、帰宅ということにしようと思います。




え!あっけない。

明日?もう家着いちゃうの?



乗換案内のアプリを見て、私はぽかーんとしてしまった。


遠くまできたようで、全然近いんだなぁ。
あー、なんだかな。




今、ボックス席に1人で座っていたんだけど、女子高生?かな。中学生かな。

私に丁寧に断ってから向かいに座った。
なんて礼儀正しい・・・。


で、降りるときにありがとうございました。って丁寧に挨拶してくれるものだから、

私のような矮小な人間はどう返したらいいかわからなくって、とにかくは頷いたよ。


なんていい子なんだ。おそろしいほど。



東室蘭から長万部行きのワンマン列車は、満員です。
やばい辛くなってきた!


電車自体はいいんだけど、人はダメ。あかんです。







しかし、そこである出会いもあったり。


ボックス席にまたしてもすわっていたのですが、海が近い駅に電車が停まり、
私は窓側の人、日除けあげてほしいなーって思ってたんですが、

向かいの人がちょっと開けてもいいですか?
と、ナイスなアシストをしてくれて、それがきっかけでその人と話しました。


そしたら、電車で旅をしている人でした。

手段は違えと同じ旅人。すぐに意気投合しました。


名前は齊藤さん。






長万部駅で、乗り換え時間待ちの時に撮った写真です。

ポーズはまんべくん。



しかし、駅前なんもない!

せっかく乗り換えの基点になってるのだから、なにかお店あったらいいのに。






海のそばを通る。


私が通ったであろう道をたまに目にする。

自分が走ってる姿を想像すると、なんだかアンニュイな気分になる。


頑張っていたなぁ、おまえ。

そうだよ、どこまでも走っていけ。
お前はママチャリでどこまででも行けることを思い知ったじゃないか。






日本一の秘境駅であるはずの、小幌駅。

もう知名度あがっちゃって、むしろ他の駅より降車乗車数が多いという逆転現象。






前回来た時は青空だった大沼。

白く霞んでいて、これはこれで幽玄な雰囲気でいいね。







齊藤さんはここで降車。

長すぎた乗車時間を、とても楽しくお話できました。ありがとうございます。


齊藤さんはねぶた祭りへ行くようです。

いってらっしゃい!


良い旅を!




なんと話してみると、同じ福島県出身で近くなので、また会えるでしょう。


いつか どこかで。

たぶん、福島で。








五稜郭駅に到着。


ここから歩いて津軽海峡フェリーターミナルへ。






駅前のビッグカメラ。



懐かしいなー 。

ここで落としたセンサークリーニングペンを探してて、ついでに母親に北海道についたよー、という電話をかけたんだった。






歩く。


今になって、色々なことが次々と頭をよぎる。







ラッキーピエロで北海道最後の晩餐を。





いただきます。



やっぱおいしいなぁ。

これも、おいそれとは食べられなくなるのかァ。








北海道上陸して、ゆう君と意気揚々と記念写真を撮ったところ。



ありがとう北海道。

いろんなものをもらったぜ、本当。







津軽海峡フェリーターミナルに到着。






おみやげの昆布もちを買い、3時の便まで待つ。


昆布もちは、鰊番屋で食べて味わいがあっておいしいと思ったので、これにしました。


なんかテキトーに北海道印だけが建前でついてるようなクッキーとかのおみやげ品よりは、断然いいでしょう。





では、また明日。


そして、さようなら北海道。


関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する