ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 6日目。 | フラジールに蕩れ。

ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 6日目。

2017.07.05.Wed.17:35
現在地:青森県三戸郡南部町
天気:くもりときどき雨
走行距離:85.43km
出費:900円



こんばんは。




6日目です。


本日の目的地は、道の駅ろくのへ。

道の駅 石神の丘を去ります。






ぐわあああ。いきなりひどい雨。

なんとか近くにあった車のお店の軒下に退避。
すみませんねぇ。



こんなことが何回かあった。
お店に退避したり、駅舎に退避したり。

雨宿りした駅は、小繋駅という駅舎だったのですが、駅ノートが15冊もあり、
斜め読みしていると、色々な人生があって面白かったです。





唯一、立ち寄った三戸大神宮。

東北のお伊勢さんと呼ばれているんですって。
旅の無事をお祈りしました。



さて、ある程度進んだところで私は気づきました。



あれ?これ、道の駅までいくの無理じゃ?



そう、4時時点で、あと4時間かかるほど道のりがあったのです。



計画を練り直し、スーパーがあってなおかつ近くに公園があるところを選び、再設定。

コンビニよりスーパーの方がいいです。
なぜなら、安いし、フードコートがある所が多いからです。


しかし、たどり着いたこのスーパー、いや大抵はどこもだけど、寒い。

みんな寒くないのか?私は寒いぞ。ダウン着てるぞ。


無料のお茶を飲んでるが、寒い。

このお茶を飲んだら、外のベンチの方に退避しようと思う。


退避してばかりだ。わたしゃ。







夕食時を少し過ぎ、夫婦に話しかけられて話をしたあと、
焼きそばを買って食べようとレンジに入れていると、おじちゃんにコーヒーの差し入れをいただきました。

ありがとう。

今回、初の差し入れです。
なにより、気持ちがうれしいのです。


さぁ、食べ終わったら近くの公園で野営しよう。




そういえば、道中の出来事だけど、坂を登る時は押した方がコスパがいいことに気づく。


疲れるのはずっと同じ部位を使っているから。
それをあえて、坂の時は降りて押すことで、疲労が分散されるじゃないかと。

まぁ、速度は半分くらいになるけど、急いでいるのでなければその方がいいかもしれない。



あとは、黒猫が轢かれて息絶えた。

私が遠目で見ている時はジタバタしていたから、轢かれて間もなかったのだろう。かわいそうに。



あとは話しかけられることがなくなった。

ホワイトボードをつけたから、多くなるかなと思ったが、全くそんなことはなかった。ぶら下げているところが、見えずらいとか小さいからとか理由はあるのかもしれないけど。

まぁ、私としてはどちらでもいいのですが。



うーん、それくらいかなぁ。

あとは国道4号線の最高地点に到達したり、青森県に入ったり、そんなところですかね。


なぜ、こんなことをやっているのか、いつもそうだが、本当にわからない。

見たいところを巡るなら、ほかの手段の方が絶対にいい。


もちろん、今回も色々寄る予定ではいるが、折角だからというか、ついでに、という感覚だ。




なぜ私は走っているんだろう。

その問いは、私はなぜ生きているんだろう。という問いに似ている。


関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する