福島県の御柱祭。 | フラジールに蕩れ。

福島県の御柱祭。

2016.07.31.Sun.23:27
こんばんは。





今日は7時から、桑折町で開催される7年に一度の諏訪神社例大祭、『御柱祭』を見に行ってきました。

本当は昨日から里曳きなどやっていたみたいですが、昨日は撮影の予定が入っていたので断念。



この御柱祭は長野の諏訪大社に倣い、1993年よりはじまったそうです。つまり私と同い年。







さすがに小さな町なので、諏訪大社の御柱祭みたいに斜面をオンバシラとともに滑り落ちるような感じではありませんが、今日の山車をみてもかなりパワフルだったので、かなり御柱祭感はありました。

というか若者がふざけて、というかちょっとした無茶をして半分暴れていただけですが(笑)







諏訪神社の境内や参道には出店がズラリ。

浴衣姿の女の子がとても多かったです。今年はじめてのお祭り感。





さすがにお腹も空いたので、フランクフルトをいただく。





神社の本殿では、驚くほど美少女の巫女さんたちが舞を披露しておりました。

よく年始あたりは神社で巫女さんを見ますが、まぁアニメや漫画みたいな理想の美少女な巫女さんなどはなかなかおりません。

今回はその点では、理想的・・・というか、幻想的すぎるくらいに美しい巫女さんたちでした。


灯りに飛び込んできたセミに驚き、逃げ、純粋な乙女らしいところも見れ、
こんな平和ですばらしい風景を守りたいと思いましたね(笑)






しかし、こんな素敵な巫女さんの舞踊があるなんて聞いてませんでした。望遠レンズ持ってこなかったのが悔やまれる・・・。


リベンジは7年後か。

7年もしたら私も三十路。この巫女さんたちも立派なオトナの女性になっているでしょう。



その時はまた違った乙女が、きっと美しい舞をしているに違いありません。


それをぜひ見たい。そんな些細な希望や待望が、私の生きる理由になる。



楽しみにお待ちしております。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する