夏の廃村は青々として。 | フラジールに蕩れ。

夏の廃村は青々として。

2016.07.18.Mon.22:16
こんばんは。



本日は、山形遠征最終日。
帰宅しながら、道中気になるスポットに寄っていきます。


ひとつめはこちら。




廃村です。内山&仁田沢集落というところです。


リサーチは最低限、という信条があり、
ここらへんにほぼ廃村?の集落があるということだけざっくり聞いたので、行きました。

入り口さえわかりませんでしたが、川沿いにあるということがわかり、当たりをつけてそれっぽい道を見つけ、軽自動車をうならせてのぼっていきました。
道は荒れに荒れ、途中から歩いていきました。

途中から通行止めの看板。そして、1台だけ無人の車を発見。


クマが出ないことを祈りつつ、しばらく山道を歩くと、廃橋があり、その先に廃村はありました。

写真の3tの標識は、廃橋のことです。


ここからはほとんど藪。道らしいあとはありますが、スニーカーではなく、なぜ長靴で来なかったのかと後悔。

がんばってスニーカーとジーパンというラフな格好で特攻。
ヒルなどもいないようですし、あとは蛇系に気をつけて藪漕ぎしました。












そんなに大きくない集落のようです。たぶん。
全容がほとんど木々や草に覆われていて、正直よくわかりません。


そばに綺麗な川が流れており、これをよすがにした生活があったようですね。



なんだか一件だけ荒れていない畑があったのですが、まさか住んでは・・・いないですよね?

住んでるとしたらそうとうな変わりものというか、仙人ですね。



ここはGPSの場所的には仁田沢集落のようですが、内山集落のほうはちょっとわかりませんでしたね。
うーん、見つけられませんでした。

横道もなかったしなぁ。やっぱりあの一件だけ廃屋があったあそこらへんだったのか、もっと上のほうだったのか・・・もやもや。




そんな感じで、車のところまで踵を返す。
すると、途中、先ほどみかけた車(軽トラ)が後ろから走ってきました。


おじさん「どうしたの?」

しゃれ「いや、写真を撮りに来ただけです。」

おじさん「へぇーそう。こんな人のいないところで、人いるなぁって思ったからさ」



そりゃあ不思議に思うでしょうねぇ。

こんなところに若い男がひとり歩いてたら、そりゃおかしいですよ。


おじさん、世の中には変な人がいるんです。廃村が好きな人間もいるのです。


まぁ、厳密に言うと、「人のいた」人のいないところというか廃れたところなんだけど・・・。



今回のここの探索はこんな感じでした。暑いし疲れた・・・。






ふたつ目に、閉園したレジャーランドがあると聞いて、そこにも行ってきました。

すごくオープンで、荒らされてもいないし、いい廃れ方をしていました。

ここは色々とちょうどよく、素晴らしいところですよ。
ここにモデルさん連れて来て作品撮りしたい。








他にもいろいろ寄ったんですが、こまごましたものなので省略。本日はおおきく、その二件でした。



そして、帰宅。疲れました。

今日は暑かった・・・。




帰宅したら帰宅したで、やることいっぱい、仕事もいっぱいで、現像もしないといけないし、

もうほんと時間なさすぎてやばい。



夏は、そうこうしている間に過ぎ去っていくんでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント
仁田沢じゃないですよ
ここは内山集落ですね。
仁田沢は距離的には近いけど、まったく別の林道から入ります。
仁田沢へ行く林道は最近立派になったので行きやすくなりましたよ。
Re: 仁田沢じゃないですよ
あら!そうだったんですね!
どちらかだとは思っていたんですが外れましたかー
仁田沢の方は場所があまりよく分かりませんでした・・・

管理者にだけ表示を許可する