廃寺「詐欺寺」の探索記。 | フラジールに蕩れ。

廃寺「詐欺寺」の探索記。

2016.07.04.Mon.20:47
こんばんは。


長らく、廃墟について全くブログで取り上げておりませんでした。

しかし、この前の遠征の時に濃ゆい物件に行ってきたので、そちらの方を久しぶりに綴ってみたいと思います。




通称 詐欺寺


霊感商法で幾多の信者から金を巻き上げ、そしてその金で建てた寺が山奥に今も眠っている・・・。


最近は、なにやら様子が変わったようで、私はそれを確かめに行ってきました。



IMG_5041_2016070420002584b.jpg


長く傾斜のきつい石段を登る。




IMG_5092_20160704201315881.jpg


本堂が前方にそびえ立つ。


私は左側の建物の方へまずは潜入した。




IMG_5045.jpg

IMG_5046_20160704200028d82.jpg

階段をあがる途中に、なにかがかかっている。


そう、ブラジャーだ。


たくさんのブラジャーがかかっているのだ。





IMG_5049_20160704200030ca9.jpg


IMG_5052.jpg


二階の大広間。荒れている。





IMG_5047_2016070420002973b.jpg


むむ・・・これは血痕・・・か?


嫌な予感しかしない。




IMG_5056.jpg


三階へ昇ろうとすると、階段の裏側にもブラがかかっていることに気づく。


ご苦労なことだ。





IMG_5060.jpg


IMG_5065.jpg


三階の入り口から、怒涛のブラのラッシュだ。

壮観である。



しかし、これはまだ序の口だったとこの時、まだ私は知らなかった。




IMG_5070_20160704202008add.jpg

裏側から。


なにやら女のうめき声のような音が聞こえる。私は静かにシャッターを切った。




IMG_5073_2016070420200905a.jpg


廊下も下着だらけだ。




そして廊下を抜け、私はたどり着いてしまった。


やつのねぐらに。



IMG_5076.jpg


綺麗な赤いベッド。どこからか持ちこんだのだろうか。



いやいやいやいや!それより上、上!

ブラジャーの水揚げ漁みたいだが!!?




IMG_5086.jpg

IMG_5080_20160704202329ad1.jpg


わたしの心臓はバクバクと音を立てる。森でくまに出くわした時と同じような、緊迫感。

その部屋にいたのは数十秒だったろうが、長く感じた。


私は素早く写真を撮り、部屋をあとにした。




IMG_5082_20160704202331afa.jpg

真向かいの部屋は和室。

真ん中に高そうな大きな花瓶。

それを取り囲むブラジャー。



狂ってる・・・。





IMG_5089.jpg


早々にこの建物を出ようと、静かに足早に踵を返すと、どら焼きがぶら下がっていた。


ガーターベルトにぶらさがっていた。びっくりどら焼きが。


いやはや、こちらがびっくりだ。

なんだろう、パン食い競走みたいにして食いつけってことだろうか。


するか!! ドラ◯もんでもあるまい。




IMG_5093.jpg

次は離れにあるこちら。

ちなみに、本堂はがらんとしていたのでスルー。



IMG_5094.jpg

非常にごちゃごちゃしている。



IMG_5095.jpg


開放感のある物件ですねぇ。




IMG_5098.jpg

次はこちら。

観音開きの戸を開けると・・・



IMG_5122.jpg


圧倒的黄金空間。


準本命の光景、無数の位牌が散らばるお堂でした。


魚眼レンズで撮影。





IMG_5133.jpg


一応、よく見る写真の場所なので知ってはいたが、やはり実際見てみるとなかなかの光景だ。



IMG_5100.jpg

パノラマ撮影。

20枚を後にソフト合成。


超広角を持っていないので、自ずとこういう手法になる。




以上。

見たい光景が全て見れたので、早々に退散しました。



ここはあまり長居はしたくない。

しかし・・・インパクのある物件でした。記憶に非常に残る、そんな廃墟でしたね。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する