YONGNUO「YN685」 備忘録。 | フラジールに蕩れ。

YONGNUO「YN685」 備忘録。

2016.06.20.Mon.19:18
こんばんは。




今日は、ポチったヤンヌオのスピードライト(ストロボ)「YN685」が届きました。


早速、開封して色々と試し撃ちしてみましたが、
これは今まで使っていたYN560Ⅲに比べて、完全に上位互換という感じで、そこまで価格差もないのにこれだけの能力差があるなんて!!と驚きました。

あとは当たり個体なら言うことないです。(今まで使っていたYN560Ⅲは当たりでした。故障なし)




さて、本日はネットにほとんど情報がないYN685の、使い方などの備忘録をしましょう。(説明書も中国語&英語なので)


なお、ちゃんと調べたわけではなくこんな感じかな〜というゆるいものなのでご注意を。
この情報を鵜呑みにした結果、何らかの損失をしたとしても、当方はなんの責任ももてません。(笑)





まずモードは大きく3つに分かれます。MODEボタンを押して切り替え。





E-TTLモード。

【Evaluative-Through The Lens】の略で、つまり自動で発光量調節してくれるで〜というオートモード。





マルチ発光モード。


え〜っと、これはチカチカッて感じで、一度のシャッターの間に連続発光するやつですね。
分解写真・・・動きを伝えるときに、ただのスローシャッターだと流れてごちゃごちゃになりますが、ビシッビシッ!と動きの途中経過などの一部をそれぞれ捉えた1枚の写真が撮れるモードなんです。

難しいですし、何回かトライして間隔を設定して追い込んでいかなくてはならないので、大変です。
興味ある方は、やってみてはどうでしょう!
やってみると、きっとおもしろいと思いますよ。


ちなみに、私は一度もやったことないです!(笑)







マニュアル調光モード


なんてことないマニュアルのモードです。YN560使用者は、馴染み深いですね。

バウンスやディフューズなどを使用する場合は、やはりこちらのモードがおすすめです。
マニュアルと言っても、ただ場面に合わせて調光するくらいで簡単ですが、感覚と経験値による勘が物を言います。







次に、モードの中のモード設定について。(ややこしい)





この右はじにある早送りのようなこの表示は、後幕フラッシュを意味しています。



先幕後幕というのはフラッシュのタイミングのことです。


例えば、スローシャッターで3秒露光するとします。
シャッターが上がったと同時に、フラッシュを焚くのが先幕フラッシュです。通常つかうのは先幕フラッシュです。
で、3秒露光してシャッターを閉じる間際に発光するのが後幕フラッシュです。


では、後幕フラッシュ、いつ使うのか?

動きモノでしょ。


夜間に車が走っている写真を撮るとき、後幕発光ですと、ヘッドライトやテールライトが後ろに流れてスピード感を演出することができます。
これが先幕だと、前の方に軌跡が写ってしまうので、なんですかこれはバックしてるんですか??ってなっちゃいます。


基本的には、
動かないものは先幕!
動くものは後幕!
という使い分けで良いんじゃないでしょうか。







このHと書かれたフラッシュの表示は、ハイスピードシンクロモード(FP発光モード)です。



ざっくり言うと、1/250以上の高速シャッターで撮るときにばしばしばしばし!!と超高速で発光してくれる数撃ちゃ当たるモードです。

今回、このスピードライトを購入するきっかけにもなったところです。
そう、YN560系はHSS非対応なので高速シャッター時になんの役にも立たないのです。いや、むしろ発光しちゃうと右半分だけ光当たってて左側真っ暗みたいな悲惨な失敗写真を生む諸悪の根源になりかねません!


しかし対応しているとは言え、このスピードライトの実力が非常に問われるところですね。
それを確かめるため、今回購入したということもあります。

フォロワーさん曰く、やはり発光ムラはそこそこあるようですね。



これは、追々調べていこうと思います。








次に、左から二番目のボタンでブラケティング発光の振り幅設定。



カメラでも、ブラケット撮影みたいなのありますよね?

あれと同じような感じで、連続撮影時に光を通常→暗め→明るめにと投光します。
順番は設定で変えられます(後述)

無駄玉は増えますが、その都度、調光する手間が省けるので撮影のテンポがよくなります。







調光補正は、どのモードもくるくるとダイヤルを回してやります。


YN560系はボタンでポチポチだったので、このクルクルトグルの嬉しさったらないですね。これ意味もなく回すの好き。







左のボタンでズーム調整。

レンズの焦点距離に合わせてどうぞ。(ちなみにAPSCなどですと、35mm換算した画角に合わせる必要があります)


20mm~200mmまで。YN560使用者からすると、かゆいところに手が届く感じです。ありがたい。







ちなみに、備え付けのディフューザーを出すと・・・





ズームは14mm固定となる。


こちらの拡散具合と光の硬軟なども、追々調べていく予定。





オートズーム機能もしっかり搭載しとります。








お次は、スレーブ発光(カメラから離れたところで光らせるやつ)のあれこれ。MODEボタンを長押しすると切替できますよん。





622スレーブモード。


こちらは、YN622C-TXやYN-622Cなどのスレーブを使ったリモートモードです。
私はYN622系は持ってないので、特に今のところは使う予定なし。

たぶんこちらはE-TTLモードが使えるんじゃないでしょうか。それが下のモードとの違いかな。





603スレーブモード。


こちらは、RF-603などのラジオスレーブを使うときのモードですね。

私はこちらで今後無線スレーブする予定ですが、まだ発光することを確認したくらいで、色々と未知数。


ま、光ればいいよね。光れば。(てきとう)








最後に、設定の項目。






設定は左のボタンを長押しで出ます。







スレーブの表示の設定。


例えば、私は622スレーブモードを使わないので、603モードだけ切り替えで表示できるように設定しました。






ブラケティング発光の順番の設定。


前述しました、ブラケティングの順番ですね。

初期設定は、通常→暗く→明るくという順番ですが、ブラケット撮影と違ってシャッタースピードも変わらないし、順番変えてなにか意味があるんだろうか・・・?


ちょっと、私はわかりません。そのままにしてます・・・。











とりあえず、備忘録は以上です!



カメラ初心者がうっかりこれを買ったりして、ネットにも情報ないしわけわかんねぇ!っていうのが無くなれば幸いです。

まぁ、私もストロボなんて全然使ってないですし、初心者も初心者なんですが。。。





しかし、YN560ⅲと比べると、細かいところでも本当に快適になりましたね。


たとえば、ホットシュー接続部分の留め具が、レバーになっていて取り外ししやすくなってます。前のは結構回してもロックされてなかったりしててアレだったので、本当にありがたい。


あとは、電源のONOFFが早くなったことですね。
立ち上がりも早いですし、なによりOFFが一瞬でできるのがありがたい。

YN560ⅲはOFFするためには電源ボタンを一秒近く長押ししなければならず、「あ、ここは焚かないほうがいいな」という場面でいちいち長押しして電源を落とすのは非常にストレスでした。かなりそこはめんどくさかったです。


いやーストレスフリーだなぁ。買ってよかった。





さてさて・・・

なにか質問や、ここ違うよ!みたいなのあればどしどしコメントください。


ではでは。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する