ゆゆさんと海へ続く電柱。 | フラジールに蕩れ。

ゆゆさんと海へ続く電柱。

2016.06.12.Sun.22:31
こんばんは。



 





今日は


本日は、ゆゆさんと千葉県にある海へと続く電柱の場所を中心に撮影しました!




が、まずは私の今日のがんばりについて語らせてもらいたい。



 



深夜に目が覚め、道の駅の販売機でドクペをキュッとした私は、もう少し先の道の駅まで車を走らせた。

やたら車が沢山止まっている道の駅でふたたび車中泊を敢行。


そして、早朝に出発し、本日の満潮の時間に合わせて件の「江川海岸」へ。

素晴らしい風景でした。いつまでも残って欲しいですね。



そして、十分撮り倒したあと、モデルさんのいる勝浦市へ。

勝浦市でゆゆさんをピックアップし、再び江川海岸へと向かうのであった。










駅舎の写メはないのですが、月崎駅の森ラジオ?という建物です。

廃墟マニアにはたまらん。



そんな感じで、道中に2つの木造駅で軽くウォーミングアップ撮影をしました。

なにぶん、初対面ですし、ゆゆさんはほぼ初心者なので。歩幅合わせです。










そして、本日の目玉。


ついた時は、ちょうど最大干潮あたりの時刻。
しかし、それを逆手に取って、満潮時にはいけない奥の方へと行って撮影することができました。

ほんとうに素晴らしい写真が撮れたと自負できます。かなり好みです。(くもりだったのが悔やまれますが、それはそれでくもりならではの雰囲気がありますよね)



その後、ゆゆさんを送り届け(1時間30分の道のりを往復ともう一回、つまり三回通ったことになる。しかし、今回はそこまでしてでも本当に撮りたかった作品なので問題なしです。)


ゆゆさん、ほんとにありがとうございました。







そして本日は、ここ「水と緑のふれあい公園」で一泊!

だーれもいません。


今日はほんとうに疲れました。運転しっぱなし。

それではまた明日。
ポトレはラストです。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する