タムロン SP AF70-200mm F2.8 Di LD MACRO (A001)を購入しました。 | フラジールに蕩れ。

タムロン SP AF70-200mm F2.8 Di LD MACRO (A001)を購入しました。

2016.06.06.Mon.20:51
こんばんは。


今日は、新しく買ったレンズが届くのを待ちわびていました。

そして、Amazonからの商品到着の通達。
留守で再配達とか申し訳ないなっていつも思っていたので、今回は近場のミニストップに届けてもらいました。






近場の公園に車を止めて、初の車内開封の儀。IYH!

箱が大きい!

申し遅れました。
こちら、『Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO (A001)』です。

価格は新品で5万円くらい。
中古でも良かったのですが、いい物件がなかったので新品でいいやと思ってムシャクシャして買った。反省も後悔もしていない。


なぜ買ったのかというと、もっと望遠でぼかした写真が撮りたかったのと、
6Dと同時期に買った28-300の便利ズームのテレ側の描写があまりにも予想よりもひどくて使い物にならなかったので、もういっそこちらを売りに出して、大は小を兼ねるということでこちらを購入(笑)

思い切りました。もはや金はない。







撮影本番に使うのは心もとないが、移動中などには使えそうなレンズケースもついております。






本体を取り出してみる。フードをつけると存在感が非常に増します。
フード取らないとカメラバッグに完全には入らないですねぇ・・・。

さすがにこの大きさともなるとまぁそこそこの重量だが、このスペックレンズで言えば非常に軽量と言えるでしょう。






とりあえず三客は殆ど使わないスタイルなので、三脚座をはずして、
公園にテスト撮影に行きました。






IMG_1186_2016060621212327f.jpg 

手ぶれ補正はついていないですが、
きっちりシャッタースピード「1/焦点距離」以上にすれば、ある程度の重量のおかげで手ブレすることはあまり無さそうです。

バシッと撮れますね。




IMG_1191.jpg

ボケが綺麗です。
どちらかと言うとシャープさよりはソフトな描写のほうが好きなので(加工しやすいということもあるかも)、tamronボケは良いです。




IMG_1189.jpg

macroの名を関してますが、これはいわゆるなんちゃってなのであまり期待はしないほうがいいですね。思ったほどマクロれないですよね。

最短撮影距離は1mほどで、撮影倍率は1:3.1だそうですよ。



 IMG_1192_20160606212124964.jpg IMG_1194.jpg 上がF2.8 下がF8


ちなみに、AFはスピードはそこまで早くないが、精度は素晴らしい。

遅くても仕事をきっちり確実にこなすタイプ。
よく迷いは生まれるが、最後はしっかり正解にたどり着く主人公タイプなので暖かく見守ってほしい。そんなレンズだ。



5万円で、この画角と明るさのスペックは破格だと思います。
解像度もズームレンズであることを考慮すると、なかなか素晴らしい。


しかし、私はこの旧型でも十分だと踏んだのでこちらを購入しましたが、
これ以上を望むなら評価やスペックなどを見ても新型のほうがいいと思います。

そこまで価格も高くありませんし、性能は純正に肉薄する勢いですよ。







余談になりますが、今回はレンズと一緒にプロテクターを二枚買いました。精神安定剤ですよね。
これでレンズが守れるなら安いものだということで。

24-70f2.8と今回のレンズ用です。



そして、ステップアップリングのセットも購入。こういう些細な小物が命を救う…ッ。

まぁ、今回のレンズにPLフィルターを付けるための措置ですね。


PLフィルターってあんまり用途がないような気がしますが、実はこれからの日差しの強い夏は大活躍だと思います。

反射を抑制するフィルターなので、あらゆる日光によるテカリを軽減できるのです。
つまり、白飛びが少なくなり、本来の色が戻ってくるというスグレモノなのです。

それに光量が少なくなるので、晴れの日にでもF値開放で撮れる!
SSオーバーを恐れることはないよ!




そんな感じで、新たな仲間とともにこれからの撮影頑張りましょう。

お金はないが。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する