みんなの孫。 | フラジールに蕩れ。

みんなの孫。

2016.03.20.Sun.19:34
こんばんは。



今日は新カメラ、6Dをもって軽いテスト撮影にぶらぶらいってきました。

レンズは24-70f2.8とヘリオス44-2と50f1.8です。


撮影中、良く考えたらヘリオス(58mm)と50mmレンズ焦点距離、ほぼかぶってるな・・・。って今更思ったり。

なんとなくヘリオスは85mmのイメージがあって勘違いしたのですよ。数字逆逆!


まぁ描写としては全然違うので使い分けるのもありかな。




さてさて、どこへ行こうかなってかんじで車でドライブしていたのですが、ふと知らない道に入っていったら隠れオフロードの林道があったり。

廃れた神社に行ってみたら、近くに住んでいたおばあちゃんに孫と間違われたり、いろいろありました。




そして、肝心の6Dの使用感についてですが、水準器がファインダー内に出てこないのがちょっと不便かなぁというのと、
シャッター音はまぁ70Dほど好きじゃないけど静音なのはいいですね。

シャッターショック少なそうだし?たぶん。


一応水準器あるんですが、違う機能当てちゃってるので使えないし、押しにくいボタンなのです。

うーん、まぁ機能に頼らず画を見て水平を意識することを鍛えるのはいいことかな。
性能に頼ってしまっては、上達しませんからね。


うーんとあとは・・・。やっぱりボケるなぁっていうのは実感しましたね。

同じ量のぼけを出すために被写界深度をAPSCだともっと絞り開かなくてはならない→ピンズレのリスクがあるということが、今回フルサイズにしたという理由のひとつなのですが。

マニュアルでもピントの山を掴みやすいですねぇ。ファインダー見やすいです。
ヘリオスでマニュアルでやってても楽ちんですね。ばしっと合います。今までが難しすぎたのだ。

70Dとあんまり重さも変わった気がしませんね、軽いですね。



そんな感じでした。いいかんじです。


それでは、みんなの孫しゃれでした。
シーユー!

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する