helios-44-2のテスト撮影。 | フラジールに蕩れ。

helios-44-2のテスト撮影。

2016.02.12.Fri.20:58
こんばんは。



昨日ヤフオクを初めて利用して落としたレンズが届いたので、夕方にテスト撮影しました。




この度買ったのは、初めてのオールドレンズ!

『ヘリオス44-2 58mmF2』です!



マウントアダプターはあらかじめAmazonで買いました。


ハズレも多いので、マウントアダプター選びも苦戦しましたが、これは問題無かったようで一安心。








さて撮影のまえに、このレンズは独特なのでちょっと操作方法を確認。

実絞りで、プリセット絞りというタイプらしい。





あれ?
絞りリングが目盛りと逆に閉じたり開いたりします。

たとえば2に合わせると最小絞りに、16に合わせると開放になります。うーん?






一番先端のリングに滑り止めが付いてるの不思議に思ってたんですが、


こいつ・・・動くぞ・・・!






開放絞りである2にまで動かすと絞りリングも連動して、2で動かなくなくなります。


これ最小絞りの16にしておけばいいんじゃないか?最小絞りから開放まで全部動くし・・・。

なんのためにこのプリセットリングはついてるんだろう?よくわからない。







さて、いよいよ撮影です。




開放で撮影。

ピントの合ってるところはカリッとしてますね。開放から、かなり解像感は高い方ですねぇ。さすが伝説のレンズ。







このレンズはぐるぐるボケで有名なのですが、今回はいい距離感で被写体が無かったので、あまり実感することはできませんでした。


このレンズでポートレートはかなり捗りそうです。
APS-Cですとちょうどいいくらいの焦点距離になります。




今後の活躍が非常に期待できますね!

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する