パノラマ写真の可用性。 | フラジールに蕩れ。

パノラマ写真の可用性。

2016.01.09.Sat.22:26
こんばんは。



今日は、ちょっとパノラマ写真の可能性について考えたりテスト撮影したりしていました。

次の写真を見てください。




IMG_1950_20160109213259bc2.jpg



まぁ縮小してしまっていて分かりずらいかもしれませんが、広角であるにもかかわらず、かなりボケてますよね。

石灯籠にピントを合わせています。
レンズは50mmf1.8を使用。18枚くらい合成してます。

合成ソフトは、マイクロソフトのImage Composit Editor 2を使っています。



つまり、APSC機であろうとも、それよりずっと小さいセンサーサイズのカメラであろうと、広角でもボケた写真が撮れるという事なんですね。もちろんフルサイズでも。

ただ、同じボケを得るためにセンサーが小さいほど枚数は増えてしまうのですが。


これで、被写体を強調するような風景&人の写真が撮れるのではないかと思います。いや、撮れます。


ちょっとこのやり方、極めていきたいですね。



色々な事をやってみたい。やれるようになりたい。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する