サンタさんから「Lensbaby コンポーザープロ スウィート35」が届きました。 | フラジールに蕩れ。

サンタさんから「Lensbaby コンポーザープロ スウィート35」が届きました。

2015.12.18.Fri.20:55
こんばんは。



ちょっとクリスマスには早いですが、クリスマス繰り上げますってことで。(これはイマイチ)

この前言っていた、レンズが届きました。



DSC04339.jpg

DSC04340.jpg


LENSBABY ユニークレンズ レンズベビー Composer Pro Sweet 35 キヤノンEOS用

Amazonの在庫は私が買ったので一つ減って、残り二つになっております。欲しい方はお早めに!


Lensbabyの公式ページ
ケンコー・トキナーのページ




つまり、35mmの特殊レンズですね。
私が使ってる70DなどのAPSC機ですと、実質56mmくらいになります。

真ん中のくぼんでいるみぞのところは、関節になっており、金属のボールがぐるぐる動きます。
自由雲台みたいなかんじで。

なぜ動くのかというと、このレンズは前に紹介した「レンズはずし撮影法」とほとんど同じ原理でして、傾けると周辺のボケの流れがこう・・・変わるんですね。
漫画とかで言う、「集中線」の場所を変えるためですね。


たとえば、ピントを合わせる部分…主役が上の方にあれば上に傾けてあげればいい感じになります。
あんまり傾けすぎるとピントがどこにも合わなくなるというか、流れ過ぎて像の原型がなくなってしまうので、傾け幅は少しだけで良いです。

まぁもちろん、アプローチによっては思いっきり傾けてぼやかした写りを必要とすることもあるかもしれませんが。



さぁ、それじゃ早速撮ってみましょう!




IMG_0164_201512181958483dc.jpg

とりあえず入ってた外箱をパシャリ。


あ、言い忘れていましたが、ピントと絞りは手動です。
ピントリングはあのいわゆる、「イイやつ」です。重くてぬる~って動くああいうやつです。最高。


絞りはなかなか安っぽい感じで、目盛を印に合わせてあげるかんじのやつ。かなりアバウトな感じです。だが、それが逆に良い。

たとえば、F2.8とF4の間のF3.6とかF3.8くらいにすることも可能だったり、非常に自由な絞り操作ができるようになってます。ちなみに、開放はF2.5で明るいです。暗所だと絞るとファインダーも暗くなるので注意。

普通のデジタル対応レンズとは一味違う操作が要求され、なかなか楽しいです。





IMG_0183.jpg

場面や設定にも寄りますが、かなりメインが強調される描写になります。


弱みは、どうしてもこういったドラマチックで過剰演出のような描写になってしまうので、なかなか使いどころが難しいですね。

しかし、作品撮りなどのここぞという所でなら、かなり面白い写真が撮れるんじゃないでしょうか。




IMG_0190_20151218195843eb8.jpg



IMG_0197.jpg



IMG_0215.jpg


画質はまぁ、良いとは言えませんが、私はある程度なら気にしないですね。充分です。


画質より、雰囲気雰囲気!




IMG_0200.jpg

たぶん、F2.5だと思う。(メモしときなよ)


IMG_0203.jpg

で、こちらがF22


ある程度絞るとトイカメラっぽい描写になる気がする。
ケラレとかblurとかのせいでそう見えるのかなー。




IMG_0216.jpg


IMG_0225.jpg


IMG_0240_20151218204712774.jpg


IMG_0242.jpg


テスト撮影はこんな感じかな。





あとは一枚だけ、作品撮りしてみました。



IMG_0245.jpg

F2.5で撮りました。ボケが面白い形ですね。




IMG_0247_20151218204944dd3.jpg

F4くらい?


IMG_0249_201512182049490e0.jpg

F8くらい?



IMG_0250.jpg

F22



今のところのレビューは、こんな感じですかね。

これからの活躍が非常に楽しみなクリスマスプレゼントでした。



関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する