スリルショックサスペンス | フラジールに蕩れ。

スリルショックサスペンス

2015.12.03.Thu.20:10
こんばんは。



昼間、ちょっとしたスリルを味わいました。

ガソリンがスーパー点滅状態で田舎の道を迂回させられ、おそらく推定上ギリギリでガソスタに到着するルートが大幅に変更になったのです。


ちなみにスーパー点滅状態とは、点滅してからもう一段ペースが速くなった状態のことである。
表記的には空っぽの印になる。

点滅してから60~100kmは走行可能であるが、私の車はその中でも(燃費が)最弱・・・。スーパー点滅状態になってからは何kmくらい走行可能なのかは不明だが、相当キビシイッと言っているのだろう。
そう考えると本当にギリギリだった気がする。



まさかあのタイミングで通行止めの看板を見せつけられるとは。非常にドSである。


(この分ならギリギリ次のガソスタに間に合いそうだ・・・)




道「通行止め」

しゃれ「えっ」

道「通行止め(ハナホジ)」

しゃれ「」





地図を開いてびっくりしたものだ。

こんなに迂回しないといけないのかっ!?マジでガス欠ルートあるんじゃないか?


しかしなんとか一台ようやく通れる、確実に対向車が来たら詰むしかないような道を突き進み、
ショートカットに成功した私の勝利で、本日は丸く収まりましたぜ。

なんだろうあの、バスで尿意を催し、なんとか到着まで我慢できるか・・・というときのような緊迫感は。


あの時も、脳内を色々なことが駆け巡ったものだ。
我慢のしやすい体制をつくる努力や、到着時のトイレへの最短ルートのシミュレートなど。


今回も、なるべくガソリンの減らないような運転方法をとったものだ。
なるべくエンジンの回転数を一定に保つことが肝だ。



そうして、ようやく掴みとった本日の勝利・・・。


ああ、輝かしい。尊いぜ。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する