サマー・コンプレックス~あの夏~ | フラジールに蕩れ。

サマー・コンプレックス~あの夏~

2015.11.02.Mon.17:59
こんばんは。



今日は、三秋縋著の『君が電話をかけていた場所『僕が電話をかけていた場所』の二作を読み終わりました。
二作品は、前後編となっております。

いつもながら、安定したクオリティでした。
二冊ですがライトノベルなのでそこまで長編ではなく、普通の小説の量に換算すれば一冊分くらいでしょうか。


それにしても、あとがきの「サマー・コンプレックス」というのは本当に共感します。

私で言う『あの夏』ですね。幻想的ノスタルジーとも呼んでます。



毎年、私はあの夏を待ってるんです。

でも、二度と来ないんですね。というか、実は一度も来てないんですね。


来年こそは、と今でも思ってます。果たして。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する