なつかしいのなつ。 | フラジールに蕩れ。

なつかしいのなつ。

2015.07.27.Mon.19:13
こんばんは。



昼間はミンミンと、夕方はカナカナと蝉が鳴く季節。夏ですね。

もう何度となく夏のことは色々と書いてるんですが、
それでもこの夏が好きな気持ちを押さえられないくらいには愛してる。



もうすでに、夏がなつかしいもの。

すでに、せつないもの・・・。







鮮やかな青空、鮮やかな夕焼け雲。

照りつける太陽、涼しい夕方。

焼けるアスファルト、陽炎にゆれる地平。

蚊さされの痒み、蚊取線香のにおい。

鼻の頭だけ日焼け、じっとしていてもかく汗。

ラムネの甘み、炭酸でスカッとする。

寝苦しい夏の夜、掛け布団一枚。

扇子を開く音、扇風機の風。

山の向こうの入道雲、虫とり少年たち。

青い海、裸足になって波打ち際。

遠くで花火の音、集まるご近所さん。

しょっぱい焼きそば、浴衣の人混み。

光る剣を振り回す男の子、太鼓の音に泣く赤ん坊。



暑い夏、なつかしい夏。

振り返る夏、色褪せた夏。

待ちわびる夏、惜しむ夏。




夏。



関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する