東方深秘録について、少し考察。(ネタバレあり) | フラジールに蕩れ。

東方深秘録について、少し考察。(ネタバレあり)

2015.06.21.Sun.22:26
こんばんは。



今日も雨。


しかも、ゲリラ豪雨風の大粒の雨が大きな起伏で降ってきていた。

雨は落ちるというよりは、天から投擲されたかのように地に叩きつけられ。


雨の日は嫌いじゃない。
晴れる日を、雨音を聞いて待つのもまた一興というものです。





さて、この前『東方深秘録』を初めてプレイしました。

ネタバレあります。↓













いやはや、まさかの秘封組参戦でしたね。
ゲーム上では交じることはないかと思われた二つの世界が交錯しました。


新キャラ、「宇佐見菫子」

謎が多い存在ですね。
同姓である、近未来にいる「宇佐見蓮子」とはどういう関係性があるのか。

能力的にはメリーとも近いと言える。
そして、秘封倶楽部の初代会長という肩書き。


おそらくは蓮子の姉や母という感じではないでしょうね。
現代と蓮子の住む近未来では最低でも100年は差があると考えられる。

宇宙旅行が民間でもできるようになったり、東京から京都へ首都が移るなんてのはそれくらいは確実にかかるでしょう。





そして、ストーリー的には菫子は幻想郷の洗練を受け、夢仲介で幻想郷へ行き来できるように。
菫子のオカルトボールは月の都勢に利用されていることも露見した。
どうやら幻想郷へのパイプを繋ごうと企んだらしい。

ここからの展開は次回で明らかになるだろう。




今回は境界絡みの異変だったのに対し、八雲紫が沈黙していたことをみると、裏で動いているのか。


ついに月の都との全面戦争となり得るのか。ラスボス&裏ボスは綿月姉妹かもしれないね。

ストーリーも佳境を迎えている気がする。




他にも、華扇が自分の真名らしきものを言ったり、
キャラ達の関係性などが改めて確認されたり、
神子の道場(つまり神子のいる仙界)は幻想郷の外にあるということが分かったり、
こころちゃんは相変わらず可愛かったりと、

色々なことが明らかになった。



外の世界に東方のキャラが出てくるというのも、かなり胸の熱い展開だった。



さて、今後どうなりますことやら・・・。



関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する