田舎の町を深夜徘徊。 | フラジールに蕩れ。

田舎の町を深夜徘徊。

2015.05.17.Sun.20:24
こんばんは。



今日から、眠れずに深夜徘徊をした時の写真を。

思えば、深夜徘徊にお熱になったのはこの日からだった・・・。




_MG_5559.jpg


_MG_5561_201505172002093a3.jpg


なにかにせかされるように家を出た。


夜の空気は、やさしく感じられた。





_MG_5576.jpg


誰も通らぬ、大きな橋。


午前三時ごろ。





_MG_5583_201505172002137ac.jpg




_MG_5591_20150517200212a2f.jpg


番犬に、けたたましく吠えられる。




_MG_5596_20150517201119729.jpg


_MG_5597-2.jpg


午前四時ごろ。

すでに空は蒼くなりゆく。





_MG_5600.jpg


靴音だけが世界に響く。




_MG_5605.jpg

這い寄られるような錯覚をする。



_MG_5608.jpg


不意に防犯ライトに照らされる。

まるで背徳心の影を濃くするように、照らす。謝りたくなるほど。





_MG_5611-2.jpg



_MG_5613-2.jpg



_MG_5620-2.jpg


ゆっくりと薄いブルーで、起きだす町。





_MG_5622.jpg

両側に電線。



_MG_5623_20150517201717982.jpg


東の空。




_MG_5627_20150517201939ae2.jpg


_MG_5632.jpg


_MG_5634.jpg


_MG_5639.jpg


肌寒くなってきた。




_MG_5640.jpg

ここはどうやらもう起きだすことの無いようだ。

朝も、昼も、夜も、関係が無い。





_MG_5654.jpg



_MG_5655_20150517202208b07.jpg


バス停だらけ。




_MG_5646.jpg



_MG_5658.jpg


朝になりましたので、かえります。


おはようございます。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
コメント

管理者にだけ表示を許可する