2017年08月 | フラジールに蕩れ。

ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 33日目。

2017.08.01.Tue.18:39
現在地:北海道音更町
天気:くもり
走行距離:116.32km
出費:1300円



こんばんは。





33日目!雨はやんだ!


今日は100キロ超先にある道の駅までいきますよ!

昨日は退屈だったから、自転車に乗れて、移動できて嬉しいのであった。






いぬ。


北海道でいろんな動物見すぎて、もはや犬が新鮮。






もっこり。


道は細かなアップダウンが続く。









鬼門をなんとかこえていく。







廃校のあたりを散策していたら、なんとタンチョウの群れが!!


え!?あれタンチョウだよね?
すげぇ!!初めて見た!!

テンションあがりました。




しかし残念だったのは、その時望遠レンズだけ自転車に置いてきてしまっていて、標準レンズでしか撮れなかったことです。

どうせ望遠は使わないだろう…とカゴに置いてった、あのときの判断が悔やまれる!



まぁ、大丈夫。トリミングするさ。

そのための無駄に多い画素数だろう?







道の駅 うらほろに寄港。





道の駅のキャラクター。

くっ、ちょっとかわいい。






道の駅からほど近く。

乳神神社があります。


噂には聞いてましたが、ここにあったのか。

偶然ですが、今日8月1日はパ・イで、「おっぱいの日」だそうです。


なにその奇跡。

おっぱいミラクル。






乳神神社は、浦幌神社の中にあります。

さっそく参拝。







ちちさずけひめ・・・!





拝殿には鏡があります。


私は、特には乳を授けて欲しくはないので、撮影を許してくださいましと、それだけです。







天然石のおっぱい石。


たしかにこれはおっぱいっぽい。

見事なおっぱいだ。





それにしても、おっぱい連呼である。



おっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱい・・・




おっぱいってなんだっけ?(ゲシュタルト崩壊)










豊頃町にはいりました。



たまにカントリーサインが、水曜どうでしょうで見たことあるやつだと、

少し嬉しい。







今日の私は、すこしおかしい。

いい方向におかしい。



坂道を時速20キロで座り漕ぎするものだから、もうこれは覚醒しちまったかい?

そう思ったね。


100キロくらいなら余裕だなぁという感じがした。






どんどん盆地になっていく。

そして景色は広大に。





すこし青空がみえてきた。





はい、100キロ超えたー!


まだまだ余裕である。




まぁ、考えてみたら三年前の旅では途中から100キロなんて普通だったし・・・。

足が慣れたらもうこんな感じよね。
なにもおかしな事じゃない。








時間もまだまだ余裕で早く着きすぎてしまうので、
こちらの帯広神社に寄る。






境内でリスを発見!


エゾリスか?






こちらが一眼レフで撮った写真。

たぶんエゾリスかな。


よっしゃー!
また新たな北海道の動物を捉えたぞ!









あっという間に、道の駅 おとふけに到着!

久々に町中にある道の駅だ(笑)








そういえば、帯広あたりで私の事を見かけてくれた人がTwitterでリプしてくれました!


へー!第三者視点からだと、今回はこんな感じなのかー!

なんか新鮮かも。






道の駅近くのスーパーのパブリックスペースで休憩中。




いやー。
さすがに疲れたなー。そこそこは。


でもいつもの感覚でいう50キロ走ったあとぐらいの疲労度なので、私は人間をやめてしまったのではないかと思うのであった。

スーパーしゃれ人か。





今日はキタキツネとタンチョウとエゾリスを見た。


北海道は、本当に動物王国だ。

野生も畜産動物も含め、とても遭遇率が高い。



牛はもう見飽きた。馬もたまに見る。

野生だと、エゾシカは道北から道東にかけての沿岸でかなりよく見かけた。

キタキツネはたまに道路を横切る。
野良猫より多いくらいだ。

タンチョウやエゾリスは今日初めて見たが、感動した。


そんなに動物は好きな方じゃ無かったはずなんだけど、やっぱりこうしてリアルエンカウントすると、また違った感覚ね。




そして祖母が明日、誕生日なので電話した。

もう少しで帰るぜ!




さて、寝よう!

ねむい!!!


おやすみ!!



スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 34日目。

2017.08.02.Wed.10:52
現在地:北海道南富良野町
天気:くもり
走行距離:91.85km
出費:1400円




こんばんは。




34日目です。


もう8月ですねぇ。

ことしもお祭りとか花火とか、とりあえず夏を満喫したいよう!




ではそのためにも、1歩。いや、ひと漕ぎ。






あ~ねむたーーーい!!

横になりだいよう!!!



おねむなのであった。






あのロールの上で眠りたいよう。






なんとか体もしぶしぶ目覚めてきて、場所は新得町へ。





まだ10時で早いですが、普通にお腹すいたのでお昼にします。





豚丼豚丼と、帯広あたりからうるさいので、スーパーのですが食べることにしました。

ええ、普通においしかったです。





それにしても、北海道は「北海道限定!」みたいな商品が多すぎる。


それが道民の自尊心と購買欲をくすぐるコツなのかもしれないが。






これからの道のりは峠越えで、気持ちがしんどいので、とりあえず寝ます。







私は旅ではこのエア枕を使っているのだが、あるとき人から男性用パンツみたいだと言われました。


たしかに、この空気を入れるところなんて、まさにブツを出すところ・・・。

じゃあ口で空気入れているところなんてもうさ・・・。




やめましょうよ。







すこし昼寝してから出発。
よし、だいぶ楽になった!


ところで、ここらへんのシカは飛び出さずに歩くようですね。








ゆるい上り坂になっていく。






1合目。

こんな看板立ててくれてるのか。こりゃわかりやすくていい。


というか、狩勝峠って名前なのね。このとうげ。






2合目。

しんどくなってきたぁーーー。





3合目。




ちょっとタンマ。休憩しよう。

あーしんどい。



わたしはいつもの帽子のぬぎ、タオルを頭に巻きました。

今回の旅で帽子を脱いだのは初めてです。
わたしに本気を出させたな?






おーこれが、ビーーーーッって鳴いてるセミの全貌か!

黄色いね。


調べてみると、「コエゾゼミ」という名前だそうです。






4合目。


標高は400mに。

普段なら、そこらの峠の頂上くらいでもおかしくない高さです。





5合目。


乗ったり歩いたりを繰り返しつつ、一歩ずつ進んでいきます。

少しでも 進めばいつか たどり着く。(五七五)






シカもちゃんと(?)飛び出すようになりました。




6合目。




7合目。




思へば、遠くへ来たものだ。



霞んでいて、景色がよく見えません。残念。





8合目。




ここでトンネルゾーンにはいる。




9合目。

熊を探しつつ登っていたのですが、いませんねぇ。




またトンネル。




そして!



頂 上 ! ! 







ふいー。疲れたぜー。


まぁ、なんとかやってこれましたねぇ。






標高644m。

なかなか高いです。


これで晴れてたらなぁ。景色がなぁ。






一休みしたら、ビュンと下ります。


シャーーーーーーーーッ!🚲






おっ、青空が垣間見えてきた。




随分ふもとまで降りてきました。


どうやらここらへんは最近水害に遭ったようですね。
橋が崩れていたり、大木が岸にたくさん打ち上げられているのを見ました。





あとは平坦な道をすいすいと進んでいく。

今日のゴールが近い。





「幌舞駅」と書かれておりますが、本当は幾寅駅。


幌舞駅とは、『鉄道員(ぽっぽや)』で使われたときの名前です。
ここはぽっぽやのロケ地なのですねー。






こんな具合に、ロケで使われたセットが周辺に現存しております。




この床屋さんもセットだと言うからすごい。

どうやって制作されているのか、気になりますね。






そして、本日の終点、道の駅 南ふらのに到着。



今日は峠越えがあったのでなかなか疲れましたが、思ったほど大したことはなかったですね。



いつもそうですが、
やるまえが一番おそろしく、やっているときは精一杯で、やり終わったあとは喉元過ぎれば・・・って感じです。

人間なんでも、やればできるね。






そうそう。結局ヒグマには会えなかったなぁ。
今日を逃したらもうだめかな。

いやぁ、実物をひと目見たかった!







そんな感じで、本日の活動は終了なり。



旅もあと数日でしょう。おそらくはあと2日か3日。


悔いのないように、油断の無いように、走り抜きましょう。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 35日目。

2017.08.03.Thu.15:56
現在地:北海道旭川市
天気:晴れ
走行距離:116.56
出費:1100円



こんばんは。




35日目です。

おそらく、
予定通りにいけば、明日で自転車旅はおしまい。

呆気ないものです。



今日は、美瑛を観光しつつ旭川までいきます。

天気もいいようで。







金山湖の横を通る。


そこまで美しい湖ではない。







タンクみたいなトイレ。





予報通りに晴れてきた。






湖通りを抜け、富良野へと向かう道を走っていると、車が1台前に停まって・・・

なんと、こんなに差し入れをいただいてしまいました!!うわ、ありがたい!!!






娘さんがどうしても差し入れがしたいと、言ってくださったようです。

ありがとうございます!






そんな親子2人に、差し入れ以上の元気をもらい、

空も青々と。






富良野の市街に入ったようだ。





夏らしい風景です。いいね。






って、あー!!

差し入れにもらったギャバが溶けてるで!!


早く食べないと!!






よく見たら、1日の適正摂取量が5粒だって。


もう全部食べたわい。





そうしてギャバを過剰摂取しつつも、走り出す。







あ、晴れと曇りのさかい目だ!






あー!暑いー!



まぁでも本当は、走ってるとちょうどいいくらい涼しいんですけどね。

今日の気候は、非常に快適。








本日の第1チェックポイントへ向かう。






まさかの砂利道。

でもここを突っ切らないと、登って下る迂回路を行かないとならないんだよなぁ。





登りでダートは厳しいぜ。


そして、歩いてると暑い。






しかも熊でそう。





それでもなんとか進んでいくと、辺りは美瑛らしい風景に。





そしてようやく第1チェックポイントの、
『四季彩の里』に到着!



ちなみに、自転車に帰ってくると、非常食のマルちゃんラーメンがカラスにやられてた。

憎きカラスめ。







四季彩の里はこんな感じです。

おー!という感じはしますが、面白みはなく。
すぐ飽きました。



それにしても人が多い。今日って平日だろ?

外国人観光客が多いようです。







第2チェックポイントへ。





『新栄の丘』です。

ひまわりは少し萎れていた。






あれが有名な、赤い屋根の家か。

人は住んでるのかな?
住んでるとしたら、その人はどう思ってるんだろう。自分の家が観光されてることを。







ここでセルフポトレしようとしたが、人がなかなか途切れない。

人がはけるまでしばし待つことにした。





カラスにやられたマルちゃんラーメンを作るしかない。

捨てるなんてもったいない。



全部おいしくいただきました。


ただ、暑かった。





ちなみに結局、観光バスが次から次へと押し寄せてきて、無理だと判断して待つのはやめました。







美瑛の町並み。


なんだか浮ついてるな。

おしゃれにしようとして、不自然な感じ。







本日もいつの間にか100キロ超え。

もうなんとも思わない。






途中、ノシャップ岬で会った、徒歩で日本一周してる俊さんと再会する。


なんか、今から旭川の花火を見にいくらしい。

で、車旅してる人と仲良くなって乗せてってもらってる最中に、私を見かけたのだという。





意外なところで意外な人との再会でした。



しかし、縁とはこういうものだわね。

奇妙で強固で儚い。









夕暮れの中、道の駅あさひかわに到着。


自転車旅では、ラストの宿泊地になりそう。





と思ったのですが、どうやら分かりませんよ。






先ほど再会した、俊さんと橋の上で合流。花火を見ました。



今年初花火。


でも、しょぼかった。

きれいだったけどね。




俊さんと、車旅の奥さんに写真を買ってもらった。合計500円の収入です。

写真を売ることなんて全然忘れてたよ。



いつかどこかでの再会をお互い祈りつつ、俊さんと別れる。






さて、本日はその橋の近くの公園で1泊です。


そして、そこについてから気づいたのですが、
いつの間にやら、普通の靴のかたっぽを落としたようです。

なんてこったい。








そんな感じの一日でしたが

なんと、明日で自転車旅は最後です。



始まりの日もあっけなく来たように、終わりの日も呆気なく近づいてきました。


明日、滝川でゴールです。


明確に、どこがゴールかなんて全然決めてませんが、
とりあえず滝川のカントリーサイン見たらそこで記念写真でも撮ろうと思ってます。


まぁ、俊さんが言うようになにかあって終わらないかも知れませんが。

予定ではそうなってます。



北海道一周ならびに、日本一周・完。


そうなります。



明日で終われば、全日程136日間。

長いようで、短かった日々。



卒業式前夜のような気分で、今います。





全ては明日を終えてからです。

ゴールしてから。




悔いなきラストランを。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 最終日。

2017.08.04.Fri.16:57
現在地:北海道小樽市
天気:晴れ
走行距離:60km
出費:6500円




こんばんは。




36日目。

本日は、ゴールの滝川市まで。










ラストランです。









無心で走る。

むしろ感じるところがあるからこそ、いつものように雑念ばかりではないのだろう。





呆気ないものです。もう終わりですよ。





きっと人生の最期を告げられても、感想としては同じことだろう。


「もう終わり?あ、そう?」


どれだけ長く旅をしたとしても、そうなんだろうな。




劇的なエンドなんて無いさ。


息をするように、はじまり、おわっていく。


さぁ。







滝川まであと24km。


もうすぐじゃないか。



少し緊張していることを自覚する。






道の駅 ふかがわに寄る。


セブンが隣接しているので、ここで朝食。








改めて、自分の自転車を見回す。

こんな装備でよくやってきたものだ。


あり合わせツギハギだらけ、非常にスマートではない。



他の旅人は防水バッグを両側の下方にさげて重心を低くしている人たちばかりだった。

こんなテキトーな積載法は、かつて見た中では私ぐらいだ。






日が昇るに連れ、晴れてきた。

自転車で切る風は、心地よく涼しい。



もうこんな風に、最高の気候で雄大な北海道を自転車で走り抜けることも無くなってしまうのか。







道の駅 たきかわに到着。


いつの間にか滝川市に入ってました。
カントリーサイン見逃したかな?





とりあえず、どこをゴールとしたらいいか分からないので、

まぁ、ぬるっとゴール周辺ということで。



いつの間にか骨折みたいな。


じわっと。ゴール。








身内用のおみやげ、定番のこれ。

ここには、他に良さげな北海道おみやげが無かった。






セイコマに寄って、アイスを食べる。


これめっちゃおいしかった。北海道牛乳アイス。

いやこれほんとうまい。








まず、荷物を送りたいのでヤマトさんへ向かう。







その前に、近くの公園の東屋で昼食。








めったに撮らない動画で、一区切りといたしましょう。





日本一周のときと今回のを合わせて集計してみたら、


総合日数 136日間

総走行距離 7719.65km




という結果でした。




いやー走った走った。

飽きるほど走った。








死ぬほどコーヒーの粉が余ってるので、最後のガスを使ってコーヒーを2杯いれました。






さぁ、いくか。





到着。

ヤマトさんには事情を話すと、快い対応をしていただけました。






一番大きな箱をいただく。


おお!?ギリギリだ・・・(笑)







お前もギリギリかい!!



いや、入るだけまだいいか・・・。







自転車解体中。






こんな感じで、なんとか収まりました。

パズルかよ。







そして、小さな2箱目でフィニッシュ。


ふぅ、なんとかなったぜ。







実家へ転送。


さらばじゃ。







リュックとサイドバッグだけ残しました。

スラッとしたね!






イオンでバナナを食らう。


帽子につけていたバッジは、リュックに移植しました。






自転車を次は売ります。

向かいのハードオフへ。



しかし、やはりというかやっぱり防犯登録を外さないとダメらしい。


解除するため、近くの交番へいく。






うん、お留守でした。

パトロール中ですねー。



いつ帰ってくるとも知らないので、駅前の交番へ。







滝川駅。

もうここがゴールでいいんじゃないかな。



ごーーーーる。








そして、紆余曲折あり、旧マイ自転車は2000円で売れました。



その紆余曲折を箇条書きにすると、


駅前の交番へいく→防犯登録解除→近くのリサイクルショップへ売りに行く→警察で貰える書類がないと買い取れません→交番へ戻り説明→そんな書類はない→ショップへ問い合せてもらう→なんとか誤解は解けたようだ→またショップへ→売れました。


ざっと、こんな感じでした。



私の風体が怪しいから、体のいい嘘で断られたのかもしれませんね~。

まぁなんにせよ、自転車は売れました。解決です。


ここまでよく頑張ってくれました。

1度のパンクもありませんでした。ノートラブル。




福島の片田舎のイオンで格安で売られていたママチャリの自分が、
まさかこんな北の国まで酷使されつつ馬車馬のように縦横無尽に走らされ、こんなところで売られる羽目になるとは・・・

思いもしなかったでしょうね。



本当にありがとう。







当たり前ですが、これからは徒歩。



なんだか、頼りないというか物足りないとうか、寂しい感じがします。

いつも自転車と一心同体、一蓮托生だったので。







さ、ここからは新編です。

青春18きっぷで家に帰ります。



行けなかったところや、
あるいは自転車で走った道を車窓から眺めて、旅を振り返りつつ。


新編というか、エンドロールですね。







電車はえーーーーー


前に通った奈井江などを通って、電車は凄まじいスピードで進んでいく。





今日は、自転車で行けなかった小樽まで行って、そこで今夜は野宿ということにしたいと思います。



明日は北海道をもう出てしまうかな?

名残惜しいぜ。








小樽に到着。

人が多い。






廃線。





かの有名な、小樽運河。


うん、まぁ綺麗だけど、そこまでアガらない。





にしても人が多い!(怒)








暗くなってくると雰囲気出るね。

ブルーモーメントあたりがピークかな。





はい、小樽運河の観光終了。






近くのファミマで、充電と夕食。

電車旅は電力がより大事になってくる!



今日は記念すべき日であるし、少しくらい奮発するぞ!と思ったら、


ビビンバ丼にしてました。



なかなか旅人の感覚は、そう簡単には変わらないもので・・・。





寝床はさて、どこにしようか・・・。

市街はずれあたりまで探しに行きますか。



今夜はあんまり寒くならないといいけど。




いまの私が持ってる装備なんてチャックのしまらない夏用シュラフだけですからね!?


あんまり寒いと死ぬぞ!死んでやるからな!




ではでは。また明日です。




なんか、普通にまだ旅をしてる感じなので、ブログの締めもいつも通りみたいになってるのが不思議だ(笑)




まーー自転車旅は終わったけどね。

まだまだ・・・旅は続いていきますよ。


帰るまでが旅ですからね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 エンドロール。

2017.08.05.Sat.09:41
こんばんは。




もう出費とか走行距離とか、集計しなくてもいいんですねぇ。



というか、出発しなくていいのかぁー。



って気分でした。今朝は。








時は遡り、昨夜の野宿探しから話を始めよう。





とりあえず、近くの公園までとぼとぼと歩く。





運河公園に到着。

このゆりかごみたいなベンチを寝床にしてみるか。






ゆらゆら寝ていたら、雨が降ってきた。最悪だ。

テントもないのに。






違う公園の、建物の軒下をお借りすることにした。

芝生で寝心地はよかった。
それは、よかったのだが。




蚊の大軍に襲撃され、わたしは刺されまくり。


あえなく撤退。こりゃ寝られん。









面白そうなところがありました。

ここにするか。





ホラーをコンセプトにしたカラオケ店らしいが、文化祭のお化け屋敷をやることになったクラスの内装みたいな感じでした(笑)



いや、すまない。


サービスは申し分ないんだ。良すぎるくらいだ。
フリータイムで千円ちょっとなら安い方じゃないか。



しかし、店員さんもやたらに明朗だったし、もうこれ分かんねぇな。







ルーム。


ふ、普通だ!




3時くらいまで平沢進ばっかり歌いまくり、あとは6時まで寝ました。





そして、現在に至る。





電車の時間まで、朝食とお菓子タイム。

クッキーばっかり食べてる。






さて、そろそろ行くか・・・。のろのろ。

こけっ!


段差につまづいて、左足の親指を負傷するという。
地味にきつい。





本日はですね、寝床の心配が無いということで、函館の津軽海峡フェリーターミナルまで行こうと思います。

そんで、深夜3時の便に乗ります。
本州に着く頃には朝6時くらいだそうで。


そういうのもいいかなって思いまして。

船の上で夜明けを迎える、みたいなの。







苫小牧に到着。


電車に乗るのは、全く苦痛を感じない。

自転車に乗ることに慣れすぎたというのもあり、普通に電車旅は好きだということもあり。



これから室蘭行って、長万部を通ってどんどん南下していくでしょう。

私は黙って運ばれていくだけ。







北海道も今日でおしまいということで、

1番別れ惜しいのがガラナとかセコマのパスタとかそういうものだということも、なんとなく感じる。


大丈夫、本州には(たまに)ドクペがある。








苫小牧から室蘭まではワンマン列車。

料金を表示するパネルとか、整理券出るところとかあって、なんかバスみてぇだ。





さて、本州へ行ったあとの旅程を考えていたのですが、
5日間全部使い切らないで、2日分残して帰ろうと思います。





理由は三つ。




まず、あと3日間では中途半端なところまでしか行けない。

かの有名な下灘駅に行きたかったのですが、そこまでは遠くてここからじゃ無理でした。




次に、カメラのバッテリーを2つ予備持ってるのですが、
手違いで、片方が使い切った後のすっからかんのバッテリーでした。

今使ってるバッテリーも無くなったので、3日間持たないかもしれないです。
たぶんもたない。ただの重い荷物になるだけ。




最後に、連続で旅をしすぎると鈍感になるというか、楽しむセンスがすり減ってしまっていているのでもったいないと思ったのです。

無意味に使い切ろうと遠回りするより、そこは分割した方が良かろうと。



以上の判断で、

つまり、明日、帰宅ということにしようと思います。




え!あっけない。

明日?もう家着いちゃうの?



乗換案内のアプリを見て、私はぽかーんとしてしまった。


遠くまできたようで、全然近いんだなぁ。
あー、なんだかな。




今、ボックス席に1人で座っていたんだけど、女子高生?かな。中学生かな。

私に丁寧に断ってから向かいに座った。
なんて礼儀正しい・・・。


で、降りるときにありがとうございました。って丁寧に挨拶してくれるものだから、

私のような矮小な人間はどう返したらいいかわからなくって、とにかくは頷いたよ。


なんていい子なんだ。おそろしいほど。



東室蘭から長万部行きのワンマン列車は、満員です。
やばい辛くなってきた!


電車自体はいいんだけど、人はダメ。あかんです。







しかし、そこである出会いもあったり。


ボックス席にまたしてもすわっていたのですが、海が近い駅に電車が停まり、
私は窓側の人、日除けあげてほしいなーって思ってたんですが、

向かいの人がちょっと開けてもいいですか?
と、ナイスなアシストをしてくれて、それがきっかけでその人と話しました。


そしたら、電車で旅をしている人でした。

手段は違えと同じ旅人。すぐに意気投合しました。


名前は齊藤さん。






長万部駅で、乗り換え時間待ちの時に撮った写真です。

ポーズはまんべくん。



しかし、駅前なんもない!

せっかく乗り換えの基点になってるのだから、なにかお店あったらいいのに。






海のそばを通る。


私が通ったであろう道をたまに目にする。

自分が走ってる姿を想像すると、なんだかアンニュイな気分になる。


頑張っていたなぁ、おまえ。

そうだよ、どこまでも走っていけ。
お前はママチャリでどこまででも行けることを思い知ったじゃないか。






日本一の秘境駅であるはずの、小幌駅。

もう知名度あがっちゃって、むしろ他の駅より降車乗車数が多いという逆転現象。






前回来た時は青空だった大沼。

白く霞んでいて、これはこれで幽玄な雰囲気でいいね。







齊藤さんはここで降車。

長すぎた乗車時間を、とても楽しくお話できました。ありがとうございます。


齊藤さんはねぶた祭りへ行くようです。

いってらっしゃい!


良い旅を!




なんと話してみると、同じ福島県出身で近くなので、また会えるでしょう。


いつか どこかで。

たぶん、福島で。








五稜郭駅に到着。


ここから歩いて津軽海峡フェリーターミナルへ。






駅前のビッグカメラ。



懐かしいなー 。

ここで落としたセンサークリーニングペンを探してて、ついでに母親に北海道についたよー、という電話をかけたんだった。






歩く。


今になって、色々なことが次々と頭をよぎる。







ラッキーピエロで北海道最後の晩餐を。





いただきます。



やっぱおいしいなぁ。

これも、おいそれとは食べられなくなるのかァ。








北海道上陸して、ゆう君と意気揚々と記念写真を撮ったところ。



ありがとう北海道。

いろんなものをもらったぜ、本当。







津軽海峡フェリーターミナルに到着。






おみやげの昆布もちを買い、3時の便まで待つ。


昆布もちは、鰊番屋で食べて味わいがあっておいしいと思ったので、これにしました。


なんかテキトーに北海道印だけが建前でついてるようなクッキーとかのおみやげ品よりは、断然いいでしょう。





では、また明日。


そして、さようなら北海道。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ