2014年09月13日 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

マヤカン 日本一周。存在証明

2014.09.13.Sat.21:25
こんばんは。




_MG_2646.jpg

私たちの存在の確からしさは、幽霊と同列です。

なぜなら、われわれの第三者的観測者の確からしさを測ることが出来ぬからだ。
簡単に言えば、我々の存在を証明できる存在の証明は不確かであるゆえに、自分の存在証明も不確かであるということ。

お互いを証明しあえばと思うかもしれないが、その証明結果は自分の不確かな目測しか手段が無い故にそもそもがナンセンスである。



それじゃあ元も子もないと思うだろう。その通り、元も子もないのだ。


この時、幽霊がいるかいないかなどという事は問題ではありません。
非常にあいまいな存在は、我々もおんなじだという意味での引き合いに出した。






_MG_2639.jpg


「存在の確からしさ」とは”見える”とか、”さわれる”とか、そういうことではありません。


あなたが向かい合っている人、その人はもしかするとあなたの世界だけに映っているのかもしれません。
あなたの食べるもの、触るもの、本物か。


実はわからない。







_MG_2684_20140913205444385.jpg


自分の世界は共有されているものではなく、自分だけの世界かも知れない。

子供のころに一度は想像することでしょう。



それは妄想だと、100%言えるのか。同時に、0%とも言えない。







_MG_2660_20140913205446f63.jpg

どう考えるかは、結局あなた次第。




この世界に住む限りはその真実・答えは分からないから、



安心して妄想すればいい。





例え、どんな答えに行きついても、その考えに行きついたのは紛れもないアナタという存在だと思うのだ。



私は、本物だろうが偽物だろうが自分の観点で生きていくだけ。


スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ