2014年09月01日 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

『落涙』歌詞 解釈。

2014.09.01.Mon.19:24
こんばんは。


鈴仙・優曇華院・イナバのコス、三つ折りソックスとスカートをネット買いました。

なかなかの出費ですが、仕方ありませんね。
なんとか両立できそうなほどには毎日が安定してきた。


現像もコンデジの部が昨夜にすべて終了した。あとはデジイチのほうだけ。

今日も徹夜でがんばろう。(とはいっても朝方から昼まで寝てる)



では今日も歌詞の方を読み取っていきますか。



  『落涙』


作詞:石川智晶
作曲:石川智晶



余計な戯言
浮かばないほど闇雲に
生きぬくことだけ
すべてを注いでいられたら

(くだらぬことを思う余裕もないほどに生き抜くことだけに集中して一直線にすべての力を注いでいられたら)


あたり前に登る月と太陽の下より
荒れた野原の風が性に合っている

(ありふれた日常よりも荒んだ非日常が性に合っている)



戦えど戦えど
終りなきものは見るに堪えない

(進んでも出口の見えないものは苦しすぎる)


ここではなくて
人間の底にある救いがたい悪夢だけ

(そこではなくここの、救いきれないだろう心の闇がそうさせる)



明日が我が身にないかもしれないこと
うすら寒い夜が
すり寄せそっと教えてきた

(明日生きている保証がないことを自らに教わる)

その覚悟なければ
出会うことのない本当の
脱ぎ捨てた自分の力に出会えない

(死する覚悟さえなければ本当の自分の力に気付けない)


慰めに口にする善悪をすべて捨てることで
残された情熱のようなもの
強烈に見せつけて下さい

(口実にしてきた善悪の観念をすべて捨てることで、残された激情だけを強烈に見せつけて)


木々が揺れ
鳥は発ち
草の音が揺るぎなく
一斉にあなたへと流れだす
言葉少なにお別れしましょう

(・・・わからないが、心に訴えてくる何かがある。それぞれが感じ取ってください)


まだ乾いてない傷をさらして
無情の地へ向わせてる何か

(まだ癒えきらぬ傷をさらしてまた情の無い世界へと向かわせる衝動)

一生かけてもその衝動は
私にはわからないでしょう

(その心は私には一生分かり得ないものでしょう)

あなたを想いながらむせび泣く

(そんな健気なあなたを想い、むせび泣く)








出口の無い毎日。

その無情さ、凄惨さに言葉を呈する余裕もなく毎日を懸命に生きていられるのなら。
このありふれた日常を捨ててでも、そちらのほうがずっといい。


そんな心で始まるこの歌。


私もそれに激しく同意してしまった。

でも、それほど割り切って生きられないとも暗に言っている。



その緩やかなむごさに周りを見渡せば、涙が落ちる。

癒えるまもなく生傷は絶えない。
それでも出口の無いこの毎日を続ける歯止めが効かない。


いったい、いつに人は救われるのでしょう。明日か、明後日か。

それさえも見えてこない。



でも、だからこそ面白部分もあるんですよね。

以上。

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ