2014年06月 | フラジールに蕩れ。

ママチャリ日本一周の旅。 第60夜

2014.06.01.Sun.20:23
現在地: 山口県萩市
天気: 薄曇り。でも暑い
走行距離: 87.15km
出費:1800円くらい



こんばんは。


いまは、公園に隣接してる図書館でブログを更新しております。

今日はつかれた・・・。ねむい。






今朝は、昨夜筆舌したオープンしたてのファミマのすぐとなり。

その空き地で起床しました。



ついに、60日目・・・約2ヶ月が経ったのですね。






今度こそ、角島大橋を目指して走り出しました。

海沿いの道をひたすら、走ります。





線路も並行していく。

電車に抜かされ抜かされて、追いかけて行きます。






何度でも言うが、海沿いの風景なら面白い。


光景がコロコロ変わるのだ。

そしてなにより、清涼であり、夏場はありがたい。

これで、自転車のどっかにでも風鈴をくくりつけて走れば、どれだけ人は精神的に涼しくなれるだろう。






さて、道の駅だ。


見かけたら必ず寄るようにしている。何とも無しに。






海が見えるのは、いい。





港は、いいものだ。


漁師になりたいんだってワケじゃない。

ただ、に似てるんだ。






海の色が、突然エメラルドグリーンになった。


まるで、ゲーム画面が違うステージに切り替わったかのような唐突。






それは予兆だったようで、

『角島大橋』に到着しました。





これは確かにすごいなぁ。

角島自体より、橋の方が注目されてしまうのも無理はない。








橋もさる事ながら、海もとても美しい。


透明度、浜にかけてのグラデーションとその非現実的な色彩。

どれをとっても、一流の海と褒めたたえたい。









ここで、どうしても撮りたい写真があった。これだ。


セルフポートレート。
いわゆる、自画撮りである。

その手の写真も、旅をするようになってからは記録・記念だからと、撮るようになってきた。


旅前の、私の写真を見れば自分を撮った写真など数える程もないだろう。

県の名前の標識前、なにか観光地で記念写真、自転車に乗りながら影を撮影。


様々な方法で、
自分が本当に旅をしているんだと、一番は自分自身に証明しようとしていた。

それがここまでの強い思いとなって、撮らされているとなると、
なるほどそれを通して自分を見つめていたのかもしれない。

自分探しの旅、なんて冗談ではないが(笑)





よく見る角島大橋の宣材写真は、ここで撮られたのだろう。


人がたくさん集まっていた。特にバイクは多かった。
自転車は、私だけだった。





ここで、一組のカップルに声をかけられ、少し話をした。

そして、その二人の写真をそちらさんのカメラで撮った。


望んだような写真になったのかは微妙だったようだが、「うまいですね」とは口にされ。
私も、まだまだです。







せっかく綺麗な海なので、がんばって砂浜にまで降りて見た。


冷たく、きもちよかった。

足元に届く波は、砂を巻き上げ、私のサンダルを砂びたしにしたものだ。






角島大橋を後にし、少し進んだ公園で足を洗えた。


ありがたや。正直、足がザリザリで後悔していたところだ。

後悔を無くしてくれてありがとう。









その後は、道を間違えて若干キツイ山道へと入るまでは、実に平穏な走行だった。





地獄の、鎖峠の登山口あたりの写真である。

この時はまだ、道を誤っていることなど露にも察知してはおらんかった。
当たり前だけど。








人間、本当に辛いとふとしたことでわらってしまうもので。


そうだよ、クリくらい買いなさいよ。






途中、いくつものトンネルを通ったがその一つに、違和感を持った。


しゃれ「ん?なんか無いか?」






案の定、そこには廃トンネルがあったわけです。


見えもしないのに、雰囲気だけで特定した私の廃墟レーダー恐るべし。

この能力も旅で成長したぜ。






あとは、峠を越えて、





ようやく、町に入りました。


本日の目標地は近い。






さて、一泊しようとしていたこの町、

どうやら城下町やらなんやらの、レトロが残る地域のご様子。






素晴らしい木造校舎を発見してしまいました。見学は自由だそうな。

これはまた、明日改めて来るしかない・・・!




そんな流れで、その木造校舎のすぐ隣の中央公園なうです。

明日はガッツリ廃校撮影してくるぞッ!



そのためにも。おやすみなさーい!


スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ママチャリ日本一周の旅。 第61夜

2014.06.02.Mon.18:30
現在地: 島根県益田市中島町
天気: くもり。すずしい
走行距離: 61.2km
出費:900円くらい


こんばんはー。


今は、学生だらけのマクドナルドで更新中です。
今日はうっかり死にかけました。





61日目の今朝は、萩市の中央公園で起床。

昨夜に買っておいたプリンを食べ、改めて木造校舎を撮りに行きました。








こちら。『旧明倫小学校』です。






文化財に登録されていながらにして、現役で使用されているらしいです。

すごいですね・・・。






とはいえ、新しい校舎は別にあり、フルには使われておりません。


内部は、現在改修中で見学不可。

とても残念です。
中に入れるようになったら、またお会いしましょう。







そして、萩城の城下町も見てきました。

ここは歩きで。





一回りして自転車の元へ戻ってくると、外国人に話しかけられました。


「オゥエクスキューズミー
キャンユースピークイングリッシュ?」



英語の自信は全くないが、断るのも悪い。
私は指で「少し」の動作。



で、軽くヒアリングすると、
どうやら『ヒガシハギステイション(東萩駅)』に行きたいようだ。

私はちょうど開いていたマップアプリを見せて、視覚による伝達を試みました。


すると、分かってくれたようで、
「アリガトゴザイマス」と言って、ガラガラとキャスターを転がして向かって行った。

お互い、ボンボヤージュですよ。






本来なら昨日泊まる予定だった、『道の駅 萩しーまーと』。

sea mart か。


やはりというか、中は生臭かった。








噂には聞いていたが、日本海は綺麗だ。


太平洋と比べるべくもなく、透き通っている。

浅瀬ならば、底が見え透くほど。






道の駅発祥の駅・・・だと!?

旅チャリダーの聖地じゃないか。





ここが、道の駅の原点か。


いやぁ、いつもお世話になってますー。






夫婦島と幸せの鐘。





豆乳と梨のミックスソフト。


今日はそこまで暑くないけど、食べたくなったので。

おいしい。








ゆっくりと海沿いの道を、今日も行く。


平穏だ。






潮風で髪の毛がベタつくので、帽子は外せません。

それでなくても、なんとなくいつもかぶってるけど。
色がだいぶ変わってきた。






峠をおりて、須佐駅で昼食。









須佐の公式キャラクターのようだ。


イカをモチーフにしているようだが、まさかこの類似感、イカ娘のパクリ






グッズまでこんなに・・・。


引くくらいすごい推し様だ。






島根県に入りました。




が、この手前でちょっとしたアクシデントがあった。


トンネル内のクソ狭い歩道を走っていたところ、灯りのないところに差し掛かり、
自転車から降りて歩いていると(とはいえ、横におりて押すような幅もないためサドルにまたがったままの歩み)、

ついにバランスを崩し、車道に自転車ごと転倒。



そして、すぐ後ろからやってきているダンプカー。

これはさすがにマズイ。
しゃれにならんと、火事場の馬鹿力で自転車を歩道に押し上げやり過ごし、事なきを得ました。

ふぅー、死ぬかと思ったぜ。







で、なんとか無事に島根県に入ったわけですね。

なかなか近年稀に見る、九死に一生でしたよ。



トンネルはチャリダーにとって、かなりの難関。

歩道は、モノによってはすごく狭いし、無いところもザラ。
だからと言って、大型車が来る車道も危ない。

道路交通省よ、さすがになんとかしてくれ。
自転車が通りやすい道は、チャリの普及に繋がり、エコな時代の先駆けとなりますよ。たぶん。






二見海岸より。





岩の上に、なんか立ってる。





ちなみに、三里ヶ浜というところ。


さらにちなむと、近くに廃ホテルと廃ラブホが隣接してます。

ただ、そこまで廃墟美はない。





・・・で、トロトロ走って益田市なう。と。


今日は道もそこまで辛くなかったし、曇りで涼しかったけど、
そこまで走る意欲が湧かなかった。

とりあえず自分的な一日の走行ノルマ、60kmを超えたらもう休もうと思いました。


そんな感じです。

雨、そろそろ危ないなぁ。降らないといいけどなぁ。


もし降ったら、判断はまた明日の私に任せましょう。

それでは。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ママチャリ日本一周の旅。 第62夜

2014.06.03.Tue.18:18
現在地: 島根県江津市江津町
天気: くもり、ときどき雨
走行距離: 61.5km
出費:1300円くらい



こんばんはー。




昨夜は小さな公園でテントはってましてね。

そしたらば、島根県警のおまわりさんに職質されましたよ。


まぁねぇ、こんな公園にテント建ってたら、誰だって気になるよねぇ(笑)






今朝、朝食を食べてるときの風景ですね。


貴重な、しゃれの朝生活の写真です。






朝食は、食パンにマンゴージャムを塗ったもの。

果実と砂糖の甘みで、朝にはちょうどよい。






さて、昨夜はパラパラと雨が降っていたようですが。

なんとか、晴れてくれましたねー。



さぁ、61日目スタート!







雲があり、日差しもやわらか。

天気がベストですね。





この時期は、田んぼに水が張っており、とても美しい風景を作り出してくれる。


室なんとか棚田みたいなの、途中にあったから行きたかったんだけど、結構遠かったからやめてしまった。

行っとけば良かったかなぁ。






今日とて、海沿いの道をゆく。


飽きるかと言われたら、そうでもない。
海は海でも、それぞれ違った海の風景が見れておもしろいのです。






本当に、特に何もなかった道の駅。


というか、もう6月。
いいかげん、鯉のぼり外してはどうか。






海と鉄道は、相性がとてもいい。


ただ、ここらで電車を狙おうとすれば、かなりの長丁場となることは確実でしょう。

本数が絶対的に少ないのです。

並行して線路が走っているのに、見かけたのは三度程度。


まぁ、撮り鉄ならば時刻表を調べてやって来るでしょうけども。






日本海を臨む。


少し前の私なんぞは、新潟まで高速バスで行って、
海に夕陽が沈むのを見て、死ぬほどはしゃいでましたからね。

経験というものは人を落ち着かせるもので。






ちなみに、今の装備はこんな感じになってます。

結構、質問が相次いだので。



あ、あと、最近買ったゴザが素晴らしくて感動してます。(三脚の上で丸めてあるやつ)
機能性はもちろん、あの香りがいいんだー。






で、浜田市街に着いたあたりのこと。

わー。雨が降ってきちゃったー。(絶望



とりあえず、お腹が空いたのでスーパーで食料購入。






図書館に逃げ込み、休憩所みたいなところでお昼。


明日も雨っぽいし、こりゃ停滞かー?

そんな風に思っていると、雨は少ししたらあがりました。



正直、ここで停滞してもいいんだけど少し走りたくなったので、

また次の町へ。




【追記】


ブログはここで途絶えている・・・。



というわけで、
久々に(大震災以来じゃないか?)ブログをその日中に更新できませんでした。


なぜかというと、スマホを落としたからです。
Wi-Fiも繋がらないとこだったので、更新断念。


まぁ、詳しいことは今日の分のブログに書くと思うので。



捜索願出してませんね?
生きてますよ。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ママチャリ日本一周の旅。 第63夜

2014.06.04.Wed.20:52
現在地: 島根県大田市久手町
天気: 雨!
走行距離: 67.72km
出費:1600円くらい



こんばんは。


ただいま、テントに当たる雨の音を聞きながら『道の駅 ロード銀山』でブログを更新中です。

とうとう梅雨に追いつかれたようです。/(^o^)\






今朝は、昨晩落としたiPhoneを探しに早朝出かけました。


昨夜も一度通った道を往復したんですが、見つからず。

明るくなってからまた探そうと、五時前くらいに最後に使用した記憶のあるところまで自転車を走らせました。



・・・が、見つからず。

諦めモードで、一応最寄りの江津警察署へ行ってみると、





届いてたぁぁああ!!


この巻きつけるケースごと落としたんですよ。自転車に巻きつけてて。






中身も無事だぁぁああ!!!


しかし、遺失物の受け取りには身分証明するものが必要で、一度テントに置いてきた運転免許証を取りに戻ったんですけどねw


まさか、同じ道を合計6回も通るハメになるとはww

その総合距離、実に45キロ!!


ひえー。






まぁでも、あってよかったと思いながらテントへ戻っていると、

暗い頃に通った時には見えなかった風景にハッとしました。






いい風景じゃないですか。


この景色を見れたのなら、
かのようなアクシデントも、悪いことばかりではないと思うことができますね。






さて、テントの元へ帰り、

雨の降らぬうちに、出発!!






道の駅!


歯磨きをしましょう。








あと、帽子とハンカチを軽く手もみ洗いして、干しながら走ることにしました。


なぜこんな悪天候の日に限って、そんなことをするのかというと、
気づいたうちにやっとかないと忘れちゃうからです(笑)






途中であえなく、雨雲に捕まり、

バス停の待合所で雨宿り。






大変都合のよいことに、駐輪場まで設けてあらという親切設計w

ありがたく使わせてもらいます。






雨弱くならないかなーと思っていると、いつのまにか寝てました。


目が覚めると、
雨は上がり空は青く晴れ渡り、虹が架かっていました!




・・・なんてことは、一切無く。

むしろ、ガチな勢いの雨にパワーアップしてました。(´Д`|||)



だがしかし、ここにいても何も始まらぬ。

本降りの雨の中、決死のダイブです!

ドーン!






全く、びしょ濡れだぜ。


なんとか、雨宿りできるところを発見し、コンビニで買ったお弁当を食べます。






肉だ肉だー!


いつもより食べてるようなのより、ちょいとお高めではあるが、これも自分の士気を上げるため。

必要経費です。



いただきまーす!







で、肉パワーでがんばりまして、目標地である大田市街に到着!

デパートである程度時間を潰し、あとはジョイフルで一泊という算段だったのですが、
一時的に雨が止んだので、少し先の道の駅まで行ってみることに。



大田市駅のトイレに寄って、さぁ行くぞと用を足して出てきたら、

帰宅途中の女子高生達が私の自転車に集まってきていました。







質問責めにあいます(笑)


えらい集まってきてしまった!と、
みんなを記念撮影。



Twitterも何人かにフォローしてもらったので、後日デジイチのデータをバックアップしたらばダイレクトメールで送る予定~。

そして、みんなから若き声援をいただき道の駅へ。






とうちゃーく!


嬉しいことがあったおかげか、結構近かった気がしました。

最近、だれにも話しかけてもらってなかったのでなおさらですねー。
それと、年の近い人に話しかけてもらったのが、チャリダー以外では初めてというのもあります。





さてさて、と。
テントを張って中に入ると、少ししてからまた雨が降り始めました。危なかった。


明日はまたどうなるか分かりませんが、ここならば停滞しても過ごすことができそうですね。



それではまた明日。

晴れなくてもいいけど、雨が止みますようにと祈りながら。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ママチャリ日本一周の旅。 第64夜

2014.06.05.Thu.19:40
現在地: 島根県出雲市 大社町
天気: 雨が降ったり止んだり
走行距離: 36.4km
出費:1000円くらい



こんばんはー。


出雲大社前の『道の駅 大社ご縁広場』で移動するか、ここにとどまるか迷っていたら、
徒歩で日本一周している人に会いまして、ここに泊まることにしました。

そんで、その旅人さんと色々な話をしてました。(果てには、なぜか沖縄の農業の話になったりしてw)


今はお互い食事をとって、それぞれのテントに休憩中です。

いやぁ、旅人同士というのはいいですねぇ。






今朝は、まさに太陽の日射しで目を覚ましました。


まぶしい!なんだ?

強い光線に、寝ぼけた頭は混乱します。






予想外のことです。そう。


晴れていた。

奇跡です。






とはいえ、この天気がいつまで持つか。


急いで支度を済ませ、次の目的地『出雲大社』へと自転車を急発進させました。



関東では傘さえ意味のない土砂降りだという今日が晴れる。
それは完全に想定外だった。


大国様「今のうちにいらっしゃい」

と、
そう言われているような気さえした。

ただの妄想だとしても、そのご厚意に応えたい。全力で漕いだ。






メルヘンな駅。


公園と合体しているようだ。






途中から、再び海沿いの道に。


やはり、晴れの日の海はより美しい。






道の駅 キララ多岐

ここから出雲大社へ、海沿いの道でショートカットできる。






ようこそ 神話の国へ!





駅内には、島根県のキャラクター・しまねっこの別荘があります。

では、本宅はドコ?(笑)





道の駅にての風景。


だんだん天気が悪くなってきた。

急ぎますよ!






なんとなく自転車の通りやすそうな道を、ひたすら出雲大社へ向けて。





天気が良かったら、もっといい風景だったんだろな~。


そんなことを思っていても、仕方なし。

ついに小雨の降り出した中、がむしゃらに走るのだった。






フォロワーさんであるmilkさんに教えてもらって、『旧出雲大社駅』に寄りました。


雨は、降ったり止んだりを繰り返し、
私も雨宿りしたり移動したりと忙しかった。






ここはホント素晴らしかったー・・・。


いまは、廃駅廃線となったこの駅。

入場無料で、自由に見学ができます。






当時でも珍しい、宮殿造り風の豪華な駅でした。

ここに天皇陛下なども、いらっしゃったのでしょうね。







駅内。


この瀟洒な造りですよ。

そして、雰囲気は素晴らしくノスタルジーだった。







今日はここに泊まろうかと思うほど、心を掴まれました。


望郷? 懐古感? 郷愁?

どう言葉にしても言い表しきれない、ノスタルジア。
胸を締め付けられました。






投函できないポスト。

レプリカです。



さて、名残惜しいですが、そろそろ雨が降ってきそうなので出雲大社の方へ行きましょうー。







この、大きな鳥居をくぐっていきます!





途中、道路工事してて、よく見たらアレが巫女さんになってるじゃありませんか!


さすが、というか・・・。

徹底されていますねぇ(笑)






途中通りかかった、現役の出雲大社前駅も面白かったですよ。

ステンドグラスなんかはめてあって。


先ほどのとは、和風と洋風で対照的ですね。(いや、旧出雲大社駅も当時は洋風扱いだっただろうけど)





ついに、出雲大社に到着!!

つかれたー。(´Д`|||)


自転車を停めて、当たり前ですがここからは徒歩で参ります。







改めて、

出雲大社です。






本殿。


お賽銭は、五円で。

この旅の先々、良い人達といい廃墟とのご縁がありますよう・・・。







で、でか・・・!


かの有名な、大注連縄です。

ぶっといです。



ちなみに、ごく最近からのようですが、お金ささらないように金網が張ってありました。

やりたかったのにー。






記念写真。


ぶっといでぇーす。





その後もあちこちうろうろして、出雲大社の観光は終了しました。

雨も降ってきたし。



で、雨やどりがてらに最寄の図書館行って読書をしにいった。






そんで、まぁこの道の駅に来たわけですね。


ここは、お土産も何も売ってない、本当にただの休憩所です。

あとは、高クオリティの出雲大社関連ほ展示物があります。
これがなかなか見応えあったり。



で、徒歩旅人とこうして仲良くテント並べて一泊!



本日はそんな感じでした。


いやー。毎日色んなことあってホント楽しいわー。
退屈なんてさせてくんないもんね。

また明日も、きっと楽しくなるよねー。
それじゃまた。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ