2014年02月 | フラジールに蕩れ。

早起きしても、また二度寝。

2014.02.01.Sat.19:18
こんばんは。


さすがにそろそろ出かけたくなってきました。だがしかし、腰は重い。
いったん外に出たらば、楽しいんですけどね。

自転車と同じで、漕いだら発電されてライトが点くはずなんですけど。



_MG_4839.jpg

そんなわけで、外に出る口実を逃した私は今日も部屋におる。

flickrで色々な写真を眺めたり、ゲームしたり。



忍ちゃん

なんというダメ人間っぷり。

ここのところの、わたしのダメっぷりときたら。


だが、それがいい。

ここまでダウン系になると、それはそれで見えてくるものがある。


あれですよね、カメラの角度とかと同じ。

ローアングルとハイアングルとかで、見える景色が違う。




Date:20141.20

_MG_4850.jpg

さて、この日は夕暮れ時に散歩をしたときの写真群ですね。


土手をさらっとね、歩きました。





仲良しこよし

すると、向こう側でなにやら騒がしい。


高倍率ズームレンズを望遠鏡代わりに見てみると、女子高生が仲良さげにみんなで手をつないでいました。

ははぁ、仲良しだなぁ。




光に向かって

彼女たちの未来は、輝いている。


ように、見える。




あの頃の残影

まぁ私は女性ではないけれども、

それでも“高校生”という雰囲気が、ぴりぴりと痛痒くシンクロする。


あの頃には、色々なものを置いてきた。
とても大切なものだ。

タイムカプセルの中に、その・・・いわゆる青春の炭酸みたいなものを閉じ込めておいた。

炭酸が抜けないように、いつまでもおもちゃ箱にしまっておいて。




・・・麦100% 大分麦焼酎 二階堂!




_MG_4861.jpg


まるで日本酒のCMみたいな、語り終えになったので、照れ隠しに。(笑)

いやぁ、ノスタルジーは人の感情を揺さぶりますね。




_MG_4863.jpg

_MG_4864.jpg

「夕暮れは人を振り返させる。」


そうだねぇ。





_MG_4867_2014020116485224d.jpg

DSC05649.jpg


あなたにも、振り返れる過去があるのでしょう。


帰る場所を見失ったら、振り返るといいのです。



そこだけはいつも、安らぎと、切なさに満ちていると、思うよぉ。

スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

面白いかどうかは、やってみりゃわかること。

2014.02.02.Sun.18:27
こんばんは。


最近引きこもっていたこともあり、だんだんブログにアップする写真が最近のものに近づきつつあります。

ストックの写真もそこまで多くはありませんしね。
何かを積んでおくのって、それだけでストレス要因だから、それはそれは善きことです。


それでは今日は近所の、いまだ歩いていないエリアを散歩したときの写真を。




Date:2014.1.23

Average Life

住宅街からスタートなのです。


落ちた洗濯物、履きそろえられたサンダル、リアルな生活感。


こういう日常的なスナップショットって、かなり素朴なんだけど、見れば見るほど味が出てくる。

これを、スルメ写真といいます。



DSC05654.jpg

連なった住宅。

平屋のアパートのようなものか。



DSC05655.jpg

青空は見えるものの、

日は当たらず、風の凍てつく日だった。




DSC05656.jpg

身をちぢこませながら、

あてもなく、さまよう。



DSC05657.jpg

配水管があるところは分かるが、真ん中と右はなぜ同じ高さから垂れているのか。


謎だ。




閉ざされた水底

ちいちゃな池。

氷が薄く張っている。


今は、この階段を下りていけないね。




DSC05659.jpg

池で半身浴する木。



DSC05662.jpg

休止線。

夏になったら、こりゃまたぼうぼうになるな。



きけん2万ボルト

きけん 2万ボルト

グラデーションが美しい。虹じゃないか。


しかし、10万ボルトくらってるサトシとか見てると、2万なんてそうでもないような気がしてくるよね。

だめよ。死んじゃうから。
あれはプロだから死なないの。




DSC05665.jpg

ふっとい、つらら。

氷柱というよりは、氷壁ってかんじだ。




あの木の下で逢いましょう

なぜか割れた鏡が、林の中に落ちていた。


覗き込むと、真上の大木が映っていた。

私を見下ろす大木を、私は見下ろしたのです。おっかしいね。




DSC05678.jpg

神社を見つけたら、取り敢えず寄ってみるのです。



DSC05673.jpg

この拝殿は、二重構造というか、建物に囲われていた。

過保護なのね?



DSC05683.jpg

木の枝。


それだけ。




DSC05696.jpg

陸橋の道。



DSC05693.jpg

這われたガードレール。



DSC05698.jpg

右は見たかい、左は見たかい。



DSC05700.jpg

退廃した看板シリーズ。



DSC05702.jpg

くぼみの部分が欠損している。



分割

なぜか描写がふんわりソフトに。

絞りがF1.8とかなら分かるけど、この写真はF5.6。


たぶん息がかかったかなんかで、レンズが曇ってたんだろうねぇ。




DSC05703.jpg

そこにかつて、なにがあったか。

誰も思い出せないでいた。




DSC05704.jpg


ちなみに、今日の写真は全て、RX100で撮りました。


お散歩にはこれ一台で、大抵はいけちゃう頼れるやつさ。




では、おわりなのです。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ついに、豆も20粒たべられる。

2014.02.03.Mon.19:12
こんばんは。


今日は、妹の受験日だったので試験会場まで迎えに行って、
その帰りに写真を入れるアルバムや、自転車用品などを買ってきました。


妹の受験は、どうやら自信ありのようです。
本音では、合格が発表されるまでは不安だろうけどね。



そして、本日は節分ですね。


いえーい

豆まいてるぅ?




今日に向けて、アイコンも節分仕様です。(笑)


そんなかんじですね。




_MG_4883.jpg

最近、私を見つけると駆け寄ってきて腹を見せる、くるみちゃん。



_MG_4885.jpg

腹を撫でてほしいらしい。

もふもふだ。


もふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふ


もふ




_MG_4887.jpg

ふと感じる、光の柔らかさ。


水で言う、軟水とか硬水とかみたいな。光にもあるよね。




_MG_4892.jpg

水路。



_MG_4893.jpg

足元にほおずき。



_MG_4895.jpg

ほおずきは、

中の実が、心臓みたいだよね。


鼓動が聞こえてきそうだ。




_MG_4903.jpg

影と実体のズレ。



_MG_4904.jpg

はげたイチョウの木。



_MG_4909.jpg

何気に人気が出ているフチ子さんシリーズに『魔法少女まどか☆マギカ』のコラボ商品があった。

400円とお高めだったが、一回だけ回すと、


美少女だと思った? 残念!さやかちゃんでした。




_MG_4915.jpg

それにしても、制服でなんという大胆なカッコウだろうか。

こうして置いてみると、柔軟体操でもしているかのようだ。


丸見えである。




_MG_4917.jpg

こちらはダメージを受けてもなお、立ち上がるさやかちゃん。


っぽい。




_MG_4920_2014020318520626d.jpg

遅刻して、学校の塀をよじ登って学校に侵入する、不正登校さやかちゃん。


っぽい。



たしかに、こういうのって面白いですね。


すぐ飽きちゃうけど(笑)


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

待望の積雪。

2014.02.04.Tue.18:48
こんばんは!


今日は立春で、暦の上では春でしたが、

なんと雪が降ってしまいました! ヒャッホーウ!


_MG_5058.jpg

今季は降らずに終わってしまうんじゃないかと危惧していたが、ちゃんと降ってくれたぜぇー。

雪だ雪~!




_MG_5024.jpg

朝起きて・・・いや昼か。

昼起きて、外が真っ白だったときは寝起きでもテンションがあがりました。




_MG_5027_2014020418254476f.jpg

窓を開けて、部屋から外を撮ると、いつもとは違った感じの冷気が部屋になだれこんだ。



湿っぽい?
いや、ちょっと鋭い?


そんな感じの、雪の結晶が肺に刺さる感触とでも言おうか。

胸いっぱいに吸い込んで、その違いを堪能した。




_MG_5006.jpg

さぁ、防寒具を装備して外に行こう。

靴だけは、冬用が無いが。




_MG_5048.jpg

飼い猫くるみも雪にびくびくしながらも、私についてきた。




_MG_5038_20140204184741516.jpg


この毛皮をもってしても、寒そうだ。

あとで、コタツに入れてやろう。きっと丸くなるはずだ。




_MG_5070_201402041825467c3.jpg

所得税の申告や、撮影に行ってきたりして、

あとはもちろん冬の醍醐味である雪かき


まだ薄くしか積っていないが、それでも慣れない雪かきは非常に疲れた。




_MG_5008_201402041838520e2.jpg

ちなみに、雪だるまはまだ雪質がさらさらで作れないようだ。

明日作ろうかな。




_MG_5003.jpg


しんしんと、カラーだった世界を白黒に変換していく。

それを眺めているだけで、わたしはこころよいのです。



腰の痛みも、どこか嬉しい雪の日でありました。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

『Eye-Fi』使ってみた。

2014.02.05.Wed.17:38
こんばんは。



今日はこちらの便利グッズをご紹介いたします。


あ、ページ閉じないで。
通販の番組じゃないよ。



DSC05723.jpg

今回ご紹介するのは、『Eye-Fi』というSDカードです。


私が買ったものは、“Pro X2”というバージョンです。

容量は8GBですね。





こちらは写真を撮る人にとっては、かなり便利な道具なんですよ。

まずは公式サイトをリンクします。→Eye-Fi(アイファイ)カード - あなたのカメラをワイヤレスに


そう、このキャッチコピー通り、カメラで撮った写真をその場でインターネットにアップロードすることができると。

そういう特殊なカードなんですね。


まるで、現代のポラロイドカメラみたいにしてくれる優れものですね。(ちょっと違うかもしれないけど、即席感は同じ感じ)





このカードは無線LANを搭載しており、
撮った写真データはスマートフォンやPC、インターネットの写真投稿サイトなどに転送されます。


ちなみに、対応している機種は公式サイトでちゃんと確認してから購入してくださいね。
最近のデジカメなら大抵は対応してます。

私は今のところ、ソニーのDSC-RX100で使用しておりますが、
RX100だと専用のメニュー画面が出現し、Eye-Fi昨日のON・OFFやその他の項目が設定できます。



ま、そういった概要の機器なのですが、なぜ今回これを買ったのかというと、


第一に、日本一周の旅に出て、PCに移したりしなくてもその場でネットにアップロードができるから。

休憩などの時間には、ツイートやブログへの写真アップなどができるのが魅力ですね。


第二に、この“Pro X2”はRAW画像も転送することができるというものなんですね。

つまり、バックアップにも使えるわけなんですね。
ブログ用等以外は全てRAWで撮影し、それを素材にあとで自分なりに現像するのが私のスタイルなので、こいつしかいなかったのです。



というわけで、このカードを使って初めての撮影に出かけました。






Date:2014.1.29

DSC05727.jpg

まずは試し撮りとばかりに、転送する設定をONにし、撮影。


あ、間違ってRAWで撮ってしまった。

JPGじゃないと、その場では画像は使えない。





DSC05730.jpg

[RAW+JPG]にして・・・と。


さぁ、どれくらいの速さで転送されるかな。

iPhoneで専用のアプリを立ち上げ、Wi-FiをONにして待機。



と思ったら、立ち上げている間の数秒でどちらの写真も転送が完了したようだ。

RX100は転送中や、転送完了などのマークが表示される。
生まれながらにしての、すばらしい相性の良さだ。





DSC05734.jpg

iPhoneに入れた写真を、そこから秀逸な加工アプリで調理しても良し。

そのままネット上のサイトや、自宅のPCなどに送っても良し。


やりたい放題だ。





DSC05735.jpg

ちなみに、撮影しにきたはいいが、かなり危険ゾーンだ。

私も初めて来たところなので、RX100をポケットに忍ばせ、慎重に進んだ。




DSC05738.jpg

海へのダイブか?

いやぁ、ウォータースライダーだねぇ。




DSC05739-2.jpg

DSC05742.jpg

さすがにこの先は危険すぎる。


無謀なことはやらない。

廃墟探索や旅で学んでいる。


まぁ、一般人からしたら、ここまででも無謀だって言われると思うけどねー。




DSC05748.jpg


日本の、東の果てですよ。




DSC05751.jpg


結論、Eye-Fiカードは予想以上に使える。



以上。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ