2014年01月08日 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

慌ただしい日々。

2014.01.08.Wed.18:23
こんばんは。


既視感

相変わらず、事故後の慌ただしい日々が続いております。

手続きやなんかについて、若輩者で無知な私には分からないことだらけ。




_MG_3803.jpg


保険については相手方の保険ですべて請け負ってくれましたが、それでもやることはたくさん。


まず、今借りているレンタカーをなるべく早く返して、その分のお金をもらって黒字に少しでも近づける。

そのためには、車を新たに買うか借りるかしなければならない。
それか、今家にある車で間に合わせるか。

とりあえず、車は早めに買い換えた方が良いとのことなので、下見に行く。




穢土

そして、整形外科に通院もして、そのぶんの慰謝料をもらって、やはり黒字に少しでも近づける。

あとはもろもろの手続きを済ませる。


自賠責保険については、
おそらくすぐに新しく車を買うことになるので、たぶん、解約することもない?・・・のかな。




・・・なんて、色々と未熟者ながら考えたり。







世情


そういうわけで、いわゆる「当てられ損」ってやつなのですが、資金も減ることになって、

今年予定していた旅立ちも、先行き不安になって参りました。


今後、ふわふわと考えていた人生設計も、これでは少し厳しくなってくるかもしれません。





_MG_4016.jpg


弱音、吐いてもいいだろうか。


いや、もうだいぶ吐いているけども(笑)



めんどくさいです。

もう、色々と。ね。





今回、確かに得るものも大きかったけど、失ったものも大きかった

この心境については、東日本大震災の一件と同じくするものがあります。




事故後に母親と話したことが、脳裏に浮かんできます。


母「もう良い大人なんだから、責任を持ちなさい」

しゃれ「もちろん持っているけども、頼ることも大事だ。一人で抱え込んで、結果的に周りに迷惑がかかるより、初めから頼ったほうが一番いい。」



だから、人はひとりでは生きていけない。らしい。


ひとりで死ぬことは簡単なんだ。非常に容易い。




今回の一件で、強くそれが分かった。





左手が使えなくても、左手の代わりになってくれる人はそばにいる。

誰かを守るために、私も強くなれる。(まるで仮面ライダーのセリフじゃないかw)


そんな支え合いが、今回とてもありがたかった。

それに、一種、心が満たされた気持ちになった。



精神的に成長したと言いますか、
探し続けていた、人の“愛”ってやつでしょうか。

今まで分かりかねていた、そういった心が、
今回の経験で、芽生えたというか、少し分かった気がするのです。






今まで私は、周囲の人々に頼っていることさえ、その頼っている自分だけを頼りにして生きてきました。

よくわかりませんか。
例えるなら、周囲の人々が分厚い壁で、私がその壁に立てかけてあるクッションか何かです。


つまり、私はそんな虎の威を借りたような自分だけを信じ、その弱さを開き直って進んできた。



それでも、最近は自分の中での変化が著しく、第三次性徴を迎えたようです。(笑)

理屈上で理解していた様々なことが、その上で実感を伴って理解できるようになってきたのです。




そんな変化の兆しが、今回は顕著に現れた。


事故が起きて、最初に心配をしたのが助手席に乗っていた友人だったという事。

これには自分が一番驚いた。


今までの私ならば、真っ先に自分の心配をするものだ。
まさか、自分よりも他人を優先することがあろうとは・・・。



時間が無くなってきたので、短くまとめますけど、

いい方向に、自分が成長しているんじゃないかな、と今回の一件で思ったりしました。




はやく人間になりたい。


と、思い思いやってきましたが、
果たして、人間になる日は近いかもしれませんねぇ。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ