2014年01月07日 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

廃道を延々と歩いた話。

2014.01.07.Tue.17:58
どうもどうも、しゃれです。


今日は、相手方の方が挨拶にやってきたり、保険屋さんが来て説明していったりと、なかなか慌ただしい一日でした。


とにかく、今やるべきことは、

車は早く買った方がいいらしいので、その目星を付けることと、
整形外科に通院することです。


通院をちゃんとしないとですね、赤字が、大赤字になってしまうので、ほぼ毎日通うことになるかと思います。
まぁ、どうあがいても赤字すぎますけどね。

バイトした分は、パァになってしまいました。
でも、あれもこれも、いい経験だったと思えばいいかな。


――さて、この記事は、事故当時の早朝に書いたものです。
予約投稿していたのですが、まさかの大事故により、今日まで延期となりました。

この時は、あんなことが起こるとはつゆほども思ってはいなかった。


以下、そのまま載せます。







こんばんはー。


ワケあって、早朝にブログの記事を書いております。

それというのも、この度ようやく、
二の足を踏んでいたios7にiPhoneをアップデートすることにしたからなのです。


早朝から整理に追われているのですね。

今日は、ちょいとお出かけをするので。



・・・うん。
思ったよりios7、悪くないかもしれません。よかった。







_MG_3824.jpg


のどかな田舎の風景に突如として現れた、謎のブロック群。


これは一体なんだろう?




_MG_3826.jpg

正解は、飛行場の礎石跡


昔はこんなところに、飛行場があったのですね!

記念のため、残しているそうです。




_MG_3829.jpg

車で行きついたのは、原発による立ち入り禁止区域のさかい。


_MG_3837.jpg

このトンネルの向こうは、どんな世界が広がっているのでしょうか。



_MG_3838.jpg

立入禁止区域の一歩手前に、公園へ続いているという看板があった。

いまは一応、廃道という扱いになっているようです。


行ってみましょう。




_MG_3841_20140105065518c6a.jpg

廃道らしくも、木の枝や枯葉が車道にたくさん落ちている。

それらは微塵も脅かされない安心感を持って、自然に落ちていた。


動物のフンなども大量に落ちている。

いまでは動物の楽園なのかもしれない。
危険な動物が現れないことを祈りつつ、目的地の公園まで進んだ。




_MG_3843.jpg

どれくらい歩いただろうか。

ほのかな疲労感が現れてきた。


公園にはまだまだ着く様子が無い・・・。




_MG_3845.jpg

車道に流れている水が、見事に凍っていた。



_MG_3846.jpg

見ているだけで寒い。いや、冷たい。


滑らないように慎重に、氷を踏みしめて進んだ。




_MG_3849.jpg


全然つかない!


公園なんて、全然ないよ!?

一体いつまで歩かされるんだ!!(一時間経過済み)




_MG_3854.jpg

もう諦めて、引き返そう・・・。


そう思ったときのことでした。





ドタッドタッと、重々しい足音が後ろからしてきたのです。(以下略)



詳しくはこの記事で→ 【2013.12.25】ある日、森の中、くまさんに出会った。




_MG_3858_201401050721538bf.jpg

当時、決死で撮った熊だと思っていた動物の写真。


_MG_3859_20140105072148b08.jpg


藤村D「うわぁ、クマだよぉ」

大泉「こっち見てるこっち見てる!」

ミスター「ちょっと、冷静沈着に隠れよう。」

藤村D「じょ、冗談じゃねぇぞオイw」


うれしゃれ「あ、シカだ!」

「今私は捉えました、ツノを。」


シカでした。



カモシカですね。




Twilight Town


そんな九死に一生ピンチも、事実が分かれば笑い話。


おしまい。

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ