2014年01月06日 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

1トントラックと衝突しました。(詳細)

2014.01.06.Mon.20:09
こんばんは。


ご心配をかけしました、しゃれです。

ご存知、1tトラックと衝突し、打撲だけで生還したしゃれです。


私を気遣ってくださったコメント、本当にありがとうございました。



今日は、家にも帰って一段落したので、簡単に事故のいきさつを語りたいと思います。






昨日私は、姉さん(あだ名)と色々とドライブしていたのです。

そして、目的地に向かう途中のトンネルに、その事件は起こりました。


路面凍結によって1tトラックが、こちらの車線に横滑りしたきたのです。


とっさに急ブレーキをかけるも、

間に合わず、

すさまじい衝撃と共に衝突。



ガチャーン!



我に返り、ペシャンコになった車を姉さんと共に出て、相手側の車に駆け寄り、無事を確認しました。


とりあえずは大丈夫とのことで、
警察と救急車を呼び、私は保険屋などに電話をしたりなんだり。(保険屋、間違って前に加入していたところにかけちゃった)






_MG_4443.jpg

その時の、事故の写真がこれ。

私の愛車です・・・。
なんと哀れな姿だろうか。コイツと共に行った場所の風景が、脳裏をよぎる。

こりゃもう再起不能だろうね・・・。



あれだね。
仮面ライダーBlackRXのバトルホッパーがシャドームーンに壊される映像が、髣髴としてくるね。

わからないか。そうか。




_MG_4444.jpg


こんな状態で、よく私は大きなケガもなく助かったものだ。

トンネル内での事故という事で、二次的な事故も危ぶまれたが、
後ろの車が停まって、交通整理を手伝ってくださったので、とっても助かりました。



_MG_4445_20140106191334e6a.jpg

とにかく、寒かった。

警察が来るまでは、なんとか入れる後部座席に座って待った。


そうそう。エアバックも運転席・助手席共に作動してくれました。

シートベルトももちろんしていたので、ここまで車の外に投げ出されることもなく打撲で済んだ。





そんで、到着した警察などに、私たちの情報や事故の状況などを訊かれ、報告。

私たちは軽症だったが、強制的に救急車に乗せられて、大きな病院へ連れてかれた。


姉さん共々、首を固定され、ジャミラの心情。

姉さんに至っては、全身を固定され、
よくある運ぶ担架みたいなのに乗せられて、救急車に乗り込みました。


私は、首以外はフリーだったので、姉さんの様子や、救急車の内装や、外の風景などを見ていた。


我々のために、道行く車が道を開ける。

なかなか悪くない気分じゃないですか(笑) 




救急車の窓越しに見る、雪降る景色。
その日の夕焼けが、皮肉なほどに美しかったのを実によく覚えている。



そんで病院について、検査を受けて、私はレントゲンだけで開放。打撲だそうです。

姉さんは私よりも少しケガが多く、CTスキャンもしたようです。
暗かったそうな。(笑)



私たちは、紆余曲折を経ながらも、その日はもう遅いという事もあり、ホテルで一夜をすごし、

今日、両親に迎えに来てもらい、車のレッカー先に。




_MG_4494.jpg


うわぁ、痛々しい。




_MG_4495.jpg

ハンドルが下の方まで押し出されており、本来なら足を潰されているところだったとのことですが、

わたしはだいぶうまく避けたのか、ぜんぜん足はいたくありません。


かすり傷は二つくらい。絆創膏でおしまい。




_MG_4498.jpg

たしかに、よく見てみると、これは危なかった。

ナイス神避け。



_MG_4500.jpg


ガラスもばりばりですよ。




_MG_4499.jpg

こんな儚さも、やっぱり悲しいけれど、嫌いじゃない。


割り切れない痛々しさではなく、諦めきれる美しさ。





_MG_4502-2.jpg

前面はですね、こうですよ。

ねぇ。



本当に、よく助かったもんだ。


これは普通ならね、死亡事故ものですよ。




IMG_1674.jpg


余談なんですけどね、目的地に向かう途中で寄った『山津見神社』のお守りが、壊れていました。


こいつが守ってくれたのかもしれない。ね。


神様なんて、信じてないけど。
それでも神様と呼ばれるような概念が、もしかしたら死から遠ざけてくれたのかもしれない。

あの事故で、軽症の奇跡だもの。



これから初詣は、毎年『山津見神社』に行くわ。

ありがとうございます。






――これから色々と面倒くさいこと、待っていると思うけど、

出来事が出来事なだけに、頑張れそうな気がする。



生きている。それだけで、確かな種をつかんでいる。

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ