2013年08月26日 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

夏の夢旅人 2013 (1.夏影と合流)

2013.08.26.Mon.18:59
こんばんは。


私のプライベートに少々波風が立っていますが、それとはおかまいなしに、


ついに、遂に5日間青春18きっぷ旅行

――名付けて! 『夏の夢旅人 2013』の記事を書き始めたいと思います。





_MG_4049.jpg

序章。

真っ赤な朝焼けと共に、私は旅の日を歓迎した。





DSC00592.jpg

はじまりはいつも、地元・相馬駅から。

青春18きっぷを手に、いざ始発のJR代行バスに乗り込む。


高鳴る胸。

これからいったい、どんなことが待っているのだろう。



その時のツイート↓

「バスが動いても、旅の実感なし。」
「はじまったんだな。」
「今日も暑くなりそうだ」






DSC00597.jpg

まだ、このバスに乗っている間は、私のエリア内の風景が流れていた。

そして、だんだんそのエリアの端に向かっていることを実感する。



中心点から、時速60kmで動く、点P。


耳からは、中島みゆきの『時代』






DSC00599.jpg

代行バスを降り、電車待ち。


ルート的には、確か、
相馬⇒亘理⇒岩沼⇒福島⇒郡山... という感じ。

途中、東武線とか乗ったけど、もう覚えておらんのです。





DSC00601.jpg

電車旅は、乗車とか待ち時間とか、基本的にはヒマになる。

だが、それがいい。


何もすることがないと、周囲をじっくり観察できる。
考え事も捗るし、感性も磨ける気がする。

乗り鉄とかじゃないけど、だから電車旅って好きよ。




DSC00611.jpg

たぶん、郡山駅ちかくの写真。

・・・いやまて、福島駅だったか?


とりあえず、乗換で時間が空いたので、ぶらぶらと駅の周囲を散策。

自由に乗り降りできるのも、青春18きっぷの大きな利点です。





信号機

なぜか、素敵に見えた信号機。




DSC00614.jpg

棄てられた鏡。


ちなみに、見ての通り、去年同様にサンダル一足で来ております。

上着も、去年と一緒のアロハ柄のものを羽織ってきました。





DSC00604.jpg

そしてまた、気付くと電車に乗ってる。

夏影の住まう春日部までは、相馬駅から約8時間ほどかかる。


ぱないのう。




DSC00610.jpg

とにかく、荷物が重い。

全て必要なものだから仕方ないが。(持って行ったものはほとんどすべて使った)


リュックサックだけでも相当な重量なのに、
カメラ機材もフル装備で持ってきちゃって、重いのなんの。

若さでカバーしきれるか・・・。




_MG_4052z.jpg

春日部に到着。


夏影とも、無事合流!





_MG_4051.jpg

もう昼頃になっていたので、マックで腹ごしらえをして、

ついに春日部駅から、私たちの旅がはじまったのでした。


暑い。。。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ