2013年08月22日 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

デジタル現像作業で1日が終わる。

2013.08.22.Thu.19:47
こんばんは。



夕暮れトンボ

さてさて、夏の日も釣瓶落としなもので。

写真の現像をしていただけで、易々と一日が終わってしまいました。



今日は、余っている写真と共に、現像のことを語りましょう。。。





紛れ込んだ異分子

まず、私の使っているRAW現像ソフトは『Lightroom4』である。

このソフト、性能は素晴らしいのだが、クソ重い。



・・・いや。わかってる。わかっているんだ。

私のノートPCのメモリや、CPUの性能がそのソフトに見合っていないだけなことは。



だから、よく処理落ち(?)して写真の書き出しに失敗する。


何回やっても無理な時は再起動すれば大概クリアできる問題だが、
そのこともあり、現像には膨大な時間を費やすことになる。





_MG_3965.jpg

その時間というものが、写真の加工作業が最長でも5分で完了するとして、書き出しに10分はかかるのだ。


先週行ってきた旅行の写真なんぞは、総合枚数655枚だった。


写真が趣味でない者には、この枚数は異常とも感じられるだろう。



しかし、この界隈ではアマチュアカメラマンでも、一日に1000枚は撮るのが普通だと耳にした。

私が行ってきた旅行の日数は5日間。
これでも私は、かなり少ない方なのだ。





_MG_4036.jpg

話が逸れました。

で、写真が655枚だとして、その中の20枚がボツ写真だとする。

655-20=635


そして、写真一枚あたりにかかる時間が15分。

635×15=9525


この単位を[時間]に直す。

9525÷60=158.75



ひゃ、158時間!?



158.75÷24=6.614...




6日間!!?

飲まず食わず不眠不休でやっても、6日間以上!?


めまいがしてきた・・・。





_MG_3960.jpg

明確な数字にすると、どれだけえらいことをやっているか分かっちゃいましたね。

自分から給料を取りたいレベルです。(意味不明)


でも、なんだかんだで、現像も最終日の所まで行っているのであと一息ですね~。




というわけで、作業に戻ります。

それでは!

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ