2013年06月 | フラジールに蕩れ。

廃分校とか廃トンネルの紀行 最終回。

2013.06.01.Sat.21:10
こんばんは。


今日は天気がよろしくなかったですねぇ。

さすが梅雨。
もう六月です。




Date:2013.5.18


さあさ、旅の成果にも満足して帰路の途中。

私は、山に続く参道と、その入口に構える大きな鳥居を見つけました。



_MG_2365.jpg
車を停めて、参道の長い石段を登っていくと、掃除機的なものを横に置いて休憩していた男子発見。

こちらに気付くと、会釈してくれました。


この神社の子なのだろう。
休日に参道掃除のお手伝いか。

ごくろうさまです。



_MG_2367.jpg
参道を登りきると、幟に『熱日高彦神社』(あつひたかひこじんじゃ)の文字。

聞いたことの無い名前の神社でした。



_MG_2368.jpg
ピンボケ失礼します。


この神社の事を調べてみますと、こちらのページがヒットしました。↓

   熱日高彦神社 - Wikipedia


詳しいこと知りたい人はリンク先を参照の事。


私は、縁起だとか歴史にあまり興味がございませんゆえ。
ここには詳しくは書きません。



_MG_2372.jpg
どこか小綺麗ながら、雰囲気も人工的な感じで。


例えるならば、料亭の外観とか。

そんなあざとらしさが少し感じられる。




_MG_2369.jpg
参道を抜けると、広大な境内が目の前に広がる。

なんか、森林の伐採地のような雰囲気である。好きにはなれない。



IMG_1270.jpg
違う視点で、iPhoneカメラにて。


なんだろう、この境内の大雑把な間取りは。

コーディネーターの意図が、よくわからん。



_MG_2374.jpg
参拝をして、新し目な社務所を通り過ぎて、参道を降りていきます。

この神社は、意図されていない風景が、素敵だった。
下手なコーディネートはいらない。



_MG_2381.jpg
さっきの男子がいなくなっていて、掃除機だけが残されていた。


掃除機っていうか、バキューム機って感じだなぁー。(ただの英訳だけど、ニュアンス的に)





写真はこれが最後。
あとはふつーに家に帰りました。昼過ぎぐらいに。


ご視聴・ご訪問ありがとうございました。

スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

リアルって。

2013.06.02.Sun.22:15
ごっちゃにんは。





今日は曇り、ときどき晴れ。

気温は、半袖か長袖か悩む程度でした。



私は取っ替え引っ替えしながら、着替え着替え過ごしていたのですが、

・・・そうか、七分袖という選択もあったのですね。






ちなみに、6時頃より今の今まで寝ていた私です。

寝起きは夢とうつつがごっちゃになったりして、寝ボケをかましてました。



でもよく考えると、あれだ。

夢だろーが幻だろうが、現実上で起こっていることなんだって。

空想ではない、現実の一部なんだって。




だから、なんだろう。


「深そうなこと言ってますよ、私。(ドヤァ)」

そんな感じに聞こえる戯言だ。



でも、ひとつ理解するといろいろな物事が違って見えるものですよ。

ね。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

夏じみる庭。

2013.06.03.Mon.19:51
はい、こんばんは。


_MG_2385.jpg
最近、どういう心境の変化か、人に評価されたがっている自分がいます。

他人の目とか評価に、極端に無関心だった自分。
わたしにもそういう感情の根があったのかー。


自分の中の死角。

非常に、興味深し。






IMG_1242.jpg

魔女の宅急便 (角川文庫)


最近読みました、『魔女の宅急便』原作。

表紙絵の素晴らしさに惹かれて買いました!
おもしろかったです。


ほっこりする話ばかりですね。
文章の書き方が、なんというか外国小説の翻訳みたいな感じで。

なんというか、アレかな?
絵本という児童書っぽい。


・・・と思って調べてみたら、やっぱり児童書だったのですね。

『赤毛のアン』などと同列のような雰囲気ですね。





_MG_2401.jpg
ある日のねぐせ。

いつも寝癖つけてる。
直す気は全くない。




_MG_2388.jpg

庭が夏じみてきた。



_MG_2390.jpg
海の堤防で、よく寝転んでる。

堤防では赤い小さな虫が、ちょこまかと這いまわっているのです。




_MG_2391.jpg
最近、視力アップを図っている。


①目を強くつぶり、次に目だけで10秒間上を見る
②また目を強くつぶり、次は下を十秒見る。
③次は右
④最後に左
⑤指で∞の字を書き、それを目で追う。顔は動かさない。(3回)
⑥指を近付けたり離したりして、それを目で追う。ピント合わせ頑張れ。(3回)





毎日続けて、目指せ! 脱メガネ男子!!





_MG_2392.jpg
散歩から帰ってきたところ。


藤の花が、地味に華麗に咲く。




_MG_2394.jpg

夏の庭。


それは、眩しいほど。




_MG_2395.jpg

逆光。


まぶしくて、まぶしくて。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

藤の花が夏を呼ぶ。

2013.06.04.Tue.20:09
こんばんは。



_MG_2588.jpg

家に帰りましたら、ネットで買ったカメラ用品が届いていました。

価格は、¥6172なり。


その名も、『マグニファインアイピース』です。

これは、一眼レフのファインダーにはめるものでして、見える像が拡大されるというもの。


でも、私のX5につけると、せっかくのバリアングルモニターが開かないというね。(´∀`;)

ま、ずっと開いとけばいいんだよ。反転して、左の方にやっとけば。



・・・でもですね。
私は1.36倍の倍率のものを買ったのですが、ちょっと像がデカすぎかもしれません。


例えるなら、映画に行ったとします。

チケット売り場の俯瞰図で見ると、見やすい席だと思って取ったが、
実際その席に座ってみると、前過ぎてスクリーンが視界に入りきらないという事態。


ま、それを引いても、ピント合わせやすいってのはいいですね~。





_MG_2591.jpg
余談というか、気になった点。


見ての通りの、メイドインチャイナだけど、このかさ増し具合はどうなの(笑)

スポンジが、箱の面積の半分以上を占めていますが。


ま、ご愛嬌という事で。ね。





_MG_2413.jpg
話変わりまして、
また腐るほど行ってますけど、『相馬中村神社』です。


ここに藤の花を見に行ってきました。




_MG_2415.jpg
新緑も、目に心地よい季節になってきましたね。


藤の花は、その新緑の中でもひときわ目立つ色ですからね。

ここの藤の花は確か素晴らしかったから、見に行ってみようって。



_MG_2417.jpg

馬の神社なのよん。



_MG_2419.jpg

緑の美しい季節だわー。



大きな藤の木
はい、着きました。

ここがお目当ての、藤の木です。


でっかいですねー。横に。

平屋みたい。




藤の花

輝く、藤の花たち。


_MG_2433.jpg

_MG_2430.jpg

_MG_2437.jpg

_MG_2441.jpg

_MG_2440.jpg

_MG_2448.jpg

降り注ぐような藤の花。



なかなか綺麗でした。

こんなに美しいのに、誰もいない。独り占めだったよ。





_MG_2455.jpg

夏が、刻一刻と近づきつつあるのを感じます。



・・・いや、もう夏なのか?


振り返ったらもうそこにいそうですよね。

暑くなってきた。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

紐解く。

2013.06.05.Wed.19:27
こんばんは。


あわてなーいあわてなーい。
ひとやすみ、ひとやすみ。


余裕を持って丁寧にゆっくりこなせば、うまくいくこともあるね。

焦ると、雑になるから、うまくいかなかったりする。
うまくいかないと、イライラして、さらに焦燥。


焦りのデフレスパイラル。




からまったコードを解くようなものだよ。





ごめん。
昨日ツイートしたやつのパクリだわ。



なつかげの課題で私の写真が使われるようですよ。


どうゆうことかって?
どゆことでしょ。

今夜のスカイプでわかるらしい。




今日はそんなとこで~。
適当なところで、おさぼりおさぼり。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ