2013年04月29日 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

大河原の一目千本桜 その三。

2013.04.29.Mon.17:41
こんばんは。


今日でGWの前半が終了しました。

私はというと、今日は家でまったりしていました。


昨日までは、どこにいくか必死に計画を立てようとしていたのです。

しかし、「折角の休みなんだから・・・」という考えはあまり良くないと思い、どこへもいかないことに。


そういうのって、現代病というか心の余裕がない焦り方ですよね。

逆に自分を追い詰めることになるんじゃないかな。
そんな状態で、どこか出掛けたところで楽しめるのかな。


そう思ったんです。

そなわけで・・・ぐーたら。(地味に日曜大工やったけどね)




Date:2013.4.14

IMG_1197.jpg
一目千本桜の記事、最終回です。


大河原駅に戻った私は、ショッピングモールで調達してきたシートを敷き、
一緒に買ったお菓子やらコーヒーやらをむさぼり食べながら、夜まで過ごすことにしました。

会場近くは、駐車場でたつ砂ぼこりのせいで目をつぶされまくったので、やむなく会場の端まで移動。


スマホいじりながら甘いものを食べ過ごしていると、夕日が山の向こうに隠れる頃になります。

私は横になり、真上の桜が徐々に薄闇に溶けゆくのを眺めて過ごしました。



途中、子供に「あの人なんで一人で寝てんの?」と言われたりもしましたが、私は元気です。

普段も、そういう「なんでひとりでいるの?」系のからかいは良くうけるので慣れています。


確かに、シート敷いて一人でいる奴はたぶん私くらいでしょうね。
珍しいけど、悪かぁないよな。



_MG_1169.jpg

「おかしい。」


そう思ったのは、駅前でもらった桜まつりのしおりを眺めた時だった。

桜のライトアップは6時からとなっている。
しかし、現時刻6時半・・・。



私は気になって、シートをしまって会場の方へ向かってみました。

すると異様なことに、屋台がまっくら

ギラギラという光が印象的な、夜店のイメージからかけ離れたその姿。
違和感と疑問は、ますます膨らみます。




_MG_1174.jpg
そんな感じで様子を見て回っていると、突然のライトアップ。

アナウンスによると、電気系統のトラブルで灯りがともせなかったらしい。


この後、しばらくしてまた電気が消え、会場の「えーっ!」という叫びが呼応したが、また少しして回復した。




_MG_1172.jpg
私は、ほとんど切れたバッテリーのカメラですばやく夜桜を撮りました。

この時のために、三脚も重いのを我慢して担いできたんだ!


いつ使うのか、今でしょ!




_MG_1171.jpg
しかし、綺麗だ。


何も混じり気が無い、純粋なまでの美的感覚。

露光しながらも、夜桜の圧倒的な魅力に惹かれた。



_MG_1178.jpg
カメラは、露光後にすぐに『充電してください』状態になってしまう。

電源をON・OFFを繰り返しながら、だましだまし撮った。



_MG_1177.jpg
夜桜というのは、昼の桜と違う。

というのはまぁ、「なに当たり前なこと言ってんだ、コイツ」というくらい、当たり前田のクラッカーといったところだろう。


でもホント、同じ桜でも別の物体のように様変わりするんだなぁと。
そういう意味です。



夜風に揺れる満天の夜桜

夜に桜が、マゼンタ色に浮き立つ。

しばらくこの中で、夜桜に囲まれながら眠りたい。


カメラの電池が、とうとう完全に切れたようだ。

私は、次の電車までコーヒーを片手に花見を続行した。




IMG_1201_20130429171758.jpg
そうだ、iPhoneにもカメラはあるぞ。



IMG_1208.jpg

IMG_1206.jpg

・・・と思ったが、ご覧の通り、ひどいものだ。


私は写真を撮ることをやめて、肉眼で見ることにした。

今まで夜桜を見たことが無かったわけではないが、ここまでの量の夜桜を前に圧倒される。



私は、時間いっぱいまで夜桜を楽しんだ。

まるで、いちご狩りで最初から飛ばし過ぎて、途中からお腹いっぱい・・・というような感じの一日だった。



だけど、そう。 それが楽しいんだよ。

今回明確に分かった。



_MG_1180.jpg
最後に。

帰りに見かけた、小さな神社の立派な桜。


露光が終わると、完全に電池が入らない状況になったので、

(撮れなかったかな?)

そう思ったが、家に帰って見てみたらちゃんと撮れていた。


なんだかんだでやってくれるX5ちゃん、マジ感謝。




そんなわけで以上、大河原の一目千本桜でした。

ふぅ。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ