2013年04月24日 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

くじけそうになったら、良いことだけ思い出せ。

2013.04.24.Wed.16:48
こんばんは。



ただいま研修先のホテルに着きました。

パソコンを持ってきてないので、先日過剰なまでに紹介したモバイルバッテリーが大活躍しそうです。



・・・ホテルにコンセントあるんだけどもね。

でも、電源元から離れたベッドとかでスマホ使いたいときは、離別したバッテリーは便利ですね。



無理やり活躍させようとしている自分が、垣間みえます。(笑)






さて、iPhoneにあらかじめ縮小した写真を入れてきたので、
紀行の記事の続き、更新しちゃいますよ。


相馬中村神社、凉ヶ岡八幡神社と訪れた私が、次に向かったのは・・・


『小高神社』です。


残念ながら、もう葉桜に近い状態になっていました。

去年、ここの満開の桜をみている私は、期待を裏切られ少し残念でした。




前に来たときは、震災によって崩壊していた鳥居も、
ちゃんと直っていました。




ノスタルジーなメガホン。


木造校舎のイメージがわいてきて、ね。
運動会のテーマとか流れてきそうな。




満開とはいきませんでしたが、
それでも素晴らしい景観の、小高神社付近の土手。




去年と同じような構図になってしまいましたが、やはり定番というか王道だからね。。。


奇を衒って、それを避けることもまた、シャクである。




そこで、土手のベンチを主役にしてみる。

水仙がさりげなくアクセントでいいね。




そうそう、鈴も一緒に来たのでした。ここへは。





ベンチで休憩。

AND、
鈴が作ってきてくれました、サンドイッチでランチ。




ぐぬぬ。私の足が短く見えるぞ。

中学時代は「足長おじさん」と呼ばれた、私の足が。


って、コメントすべきはそこでは無いか。

サンドイッチは、惣菜系からスイーツ系まで、とてもおいしかったです。ごち。




道にたくさんの落ち桜。



拾いあげて帽子に飾れば、色をつけて蘇るもの。

ほら、花を摘み取ることはない。




小さな箱にしまいたくなるほど、心地よい場所。

写真にすれば、それも可能なんだ。




ところ変わりまして、鈴が私が好きそうな廃墟があると案内してくれました。

そこは小さな廃工場で、残念ながらあまり好きな感じじゃなかったのですが・・・。


それでもこの写真気に入ってます。

苦し紛れなんかじゃない、撮りたかったから撮った、
廃工場を背景とした牡丹の写真です。

これは、ここに来なければ撮れなかった写真なのです。


この日の記事、あすへ続きます→








唐突ですが、
最近、一番感動した出来事。


写真は、おとといの「なんちゃら流星群」を撮ろうとコンポジット撮影したもの。




『流星が奇跡的に北極星近くを流れてくれました!』

そんなことをFacebookに投稿したら、高校時代の友達のちーちゃんが、
「めっちゃ綺麗!」って、えらく賞賛してくれたんですよ。


「ありがとー」って返したら、

大阪へ行って、関西弁をつかうようになってきたちーちゃんは、
「ウチ、しゃれ(本名が入ります)の写真好きやねん。毎回楽しみにしてる!(^o^)/」
と、なんとも嬉しい事を言ってくれました。


そのコメントを見た瞬間、「写真やってて良かったなぁ」って純粋に思いました。

ちーちゃんは、去年の誕生日の日も唯一、電話までかけてくれて「ハッピーバースデイ!」を伝えてくれた良い子なんです。

正直、嬉しいですよね。
惚れてしまいそうですよね。(笑)



それと関連した話として、
最近このブログのファンだと言う方から、「撮影に同行させてください」という旨の長いコメントがきまして。


「私のブログの、どんなところが好きになったんですか?」と聞きましたら、すごい水圧のような勢いで褒めちぎられました。(笑)



他には、姉さん(ハンドルネーム)も私の写真が好きだと言ってくれますね。
Facebookでいつも「いいね!」してくれます。




私を嫌いな人が100人いてもいい。

私を好きでいてくれる人が少しいれば、それで良い。



写真は自分だけの為にやってきたものだけれど、
それが図らずも、私以外の誰かの心を動かしている。


そんな事実に大いに感動してしまう、人情慣れしていない私なのでした。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ