2013年03月26日 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

世界はこんな風を欲しがっている。

2013.03.26.Tue.20:26
こんばんは~。


_MG_0325.jpg
今日は仕事帰りにブックオフで、良くある漫画付きの旅本を買ってきました。

これで、旅をした気になって明日からもがんばろう!


ちなみに、ピントが合っているのは鈴からもらったミサンガ。
ちょっと仕事中に邪魔なんですけどねw

でも、見るたびに和みますね~。
願いかなうといいなぁ。



Date:2013.3.17

_MG_0066.jpg
今日は予告通り、『萬蔵稲荷神社』の記事。


_MG_0072.jpg
鳥居がずらりと並んでおります。


昔数えたことあったけど、忘れちゃったなぁ。
500くらいあったんじゃないでしょうか。



_MG_0069.jpg
ちなみに、稲荷神社になぜこんなにたくさんの鳥居があるのかと言いますと、

氏子・信者さんなどの方達に奉納されているからです。


つまり、 鳥居の数=神社の信仰度数 となります。

かの、『伏見稲荷神社』なんかはとんでもない信仰レベルですね。
スカウターがぶっ壊れます。




_MG_0067.jpg
ちょうど昼頃だったので、鳥居の影が真下にできており、その模様がおもしろかった。

いやー散歩にいいですねぇ。ほんと。



_MG_0071.jpg
反対側。

朱色と陰のコントラストが素晴らしい。



_MG_0086.jpg
途中にあった水場(?)。
たぶん、御神水が流れ出るところ。

今は、水よりたくさんのお賽銭が入ってました。



_MG_0070.jpg
たくさんの鳥居を、ゆっくりかみ締めるようにくぐり歩きます。

もはや、歩いているだけでありがたい。おもに精神的に。



_MG_0074.jpg
灯りも趣があるなー。
夜のここは、さぞかし楽しいでしょうね。

でもここ崖の上だから、ぶっちゃけ夜は危ない。



_MG_0076.jpg
結構長い道のりを経て、ようやく本殿に着きました。


_MG_0080.jpg
きつねが、なんともひょうきんな表情。


あー、稲荷神社って、戸を開けて中に入りますよね。拝殿。

同じ神社は神社でも、狛犬の神社とは一線を画する感じがします。



_MG_0078.jpg
すげぇ。階段かよ。

これ、中はどうなってんだろう?
わたし、気になります!



_MG_0081.jpg
ひとしきり本殿の方は堪能しました。

本音どちらかというと、本殿よりこの鳥居たちのほうに興味がありますし・・・。(´▽`;)



くぐり参る
驚いたのは、この神社の鳥居の中ですれ違う方たちが、ほとんど挨拶をしてくれるという点。

確かに山でも、すれ違えば挨拶は基本マナーですが、神社では今までスルーしてましたね。


いいですね。
特殊な環境、こういう結界内では人も変わる。

今の日本に必要なのは、これですよ。
ありがたやありがたや。


_MG_0089.jpg
さて、鳥居も堪能しました。

ドミノさえできそうな沢山の鳥居に、おなかいっぱいです。



_MG_0092.jpg

とりあえず、これにて目的は達成!


次はどこへいきましょうかね~。



 アドリブでまだまだ続きます→



追記:
今日で、歯医者の通院が一旦終わりました~。*\(^o^)/*わーい

歯を大事にしよう。うん。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ