2012年08月 | フラジールに蕩れ。

表紙の大切さ。

2012.08.01.Wed.22:37
こんばんは。


今日は、鈴が学校見学会のお土産として『マリアビートル』(伊坂幸太郎作)と、ご当地「伊達政宗ショボンストラップ」をくれました。


特に『グラスホッパー』の続編である、『マリアビートル』はいつか読もうと思って、文庫版を期待して待っていた作品でした。(私はハードカバーより、文庫本派である)


とても嬉しい。


1_20120801220459.jpg
とても嬉しいのですが、表紙が漫画版を描いている人の絵バージョンでした・・・。

正直、画風はまったく好みからほど遠い。


0_20120801215832.jpg
私としてはこういうコラボ表紙より、元の線路写真の方が断然好きです。


グラスホッパーと色調が一転していて、ワクワクさせるようなあのクロス感・・・。

「ああ、好きだなぁ」と感じます。



「本の表紙なんか、なんでもいいじゃないか。中身は同じだろ。」
・・・という人はいいのでしょうが、私はそうもいかない性格であります。


個人的に、本の小説は内容に次ぐ大事な要素だと感じます。

時には表紙が良ければ、衝動的に買ってしまう事さえあります。(所謂、“ジャケ買い”というやつである)


IMG_1503.jpg
こういった話を鈴は、お土産のいちゃもんをつけられたように感じてしまうかもしれませんね。

でも、どうか悪く思わないでくださいね。
そうではないんですよ。


他意はなく、「漫画は兎も角として、小説の表紙にこれはいただけない」と個人的に提言しているだけで、お土産自体はとてもありがたかったです。

本当にありがとう。


IMG_3716.jpg
で、誤解を解きつつ、写真をはさみつつ話を続けますと、

表面を無下(むげ)にする人を多く感じます。


“表面”とは、例えば、「体裁」「建前」「上っ面」などの外面的なものですね。

ある意味で、奇をてらっている心理なのかもしれません。


IMG_3715.jpg
「そんなものに拘るから自由な発想ができなくなる」

「『どうせ上っ面だけだ』なんて相手も思っているだろうから、もうそんな体裁は必要ない。」



などという思考が推測できます。


確かに、「羊頭狗肉」なんて言葉をある通り、外見に囚われるばかりではいけません。

しかし、外見をさらす方はそれに気を配り、手を加えることを蔑ろにするのは良くないと思うのです。

客観的に見れば、人と人がだまし合っている醜い構図に見えるかもしれませんが、
これは対人関係にとって不可欠なものだと私は呈します。


身を整えることは、自分と相手を気にしていることを示す、

いわば、物言わぬ【態度】なのです。


だからと言って、以上に礼儀正しくするのは逆に失礼になったり、周りを不快に思わせてしまうかもしれません。

ある程度砕けたところも必要ではあります。



IMG_3714.jpg
そこらへんはバランスですね。

世の中は、大抵バランスが良いものを良しとする自然傾向にあります。(注・善悪ではありません)


テストの点数がいくら良くても、逆上がりができなくちゃカッコ悪いでしょう?




ちょっとノリで書いた部分もあるので、間には受けてほしくはありませんが、
伝えたいことは行間にて力を得たかと思います。


それでは、また明日~。
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

YOIYAMI Step.

2012.08.02.Thu.20:08
こんばんはー。


IMG_0717.jpg
今日は会社がなぜか皆さん残業なし定時終了の日で、一時間早く帰ることができました。

なので、いつもはぎりぎり間に合わない夕日Timeに間に合いました!


IMG_1588.jpg
ちょうど夕日が射す紫陽花エリア。


IMG_1589.jpg
ボケが綺麗なので、望遠マクロはやはり好みです。
マクロレンズを買うなら、Canon純正の100mmマクロ買おうと思ってます。


IMG_1590.jpg
加工で、すこしアーティスティックに。


題名「過去の花」

特に意味はありません。ノリでつけました。


IMG_1592.jpg
庭の植木鉢に、最近一輪だけ向日葵が咲いている。

やはり、向日葵は好きだ。
理屈抜きに、好きだ。


IMG_1596.jpg
家の夕陽スポットでは、お風呂場がとても良い感じ。

家の日当たりとか、向きとかって大事かも。
風水とかね。


IMG_1593.jpg
我が家の二階のベランダ。

木が家の周りに茂ってなければ、本来は海が一望できる。

しかし、もう長いことベランダには出ていない。
落ち葉だらけで汚いから。(笑)


IMG_1587.jpg
昨夜、Twitterで投稿しましたネタ写真。

ローソンで見かけたので、親の仇のように食べつくしてやろうと思って買っただけの心である。



IMG_1599.jpg
今宵は“十六夜”(いざよい)の月。


鈴も最近気に入ったというこの曲を聞いて、共に夜を揺蕩おうではないか。




原曲:夜雀の歌声 ~ Night Bird
Vocal:ichigo(岸田教団&The明星ロケッツ)



十六夜月のふちを彩る 淡い光をあかりにして
歌をうたおう、陽気な調べを

一夜人世にとけてまざって
鬼さんこちら、手のなる方へ
この場所で ずっと ずっと 待ってた

ああ こんな雲の上では あなたに 触れられない


そのままおいでよ
世界でひとつだけの暗闇をあげる
優しい闇を
このままでいてよ
天上の月が傾き消える迄に聴いて欲しい歌がある



行きはよいよい帰りはこわい
目隠し鬼と一緒に飛ぼう
大好きだよ と 暗闇で呟く

ああ こんな雲の上から あなたに 触れられたい


そのままおいでよ
世界でひとつだけの暗闇をあげる
優しい闇を
このままでいてよ
天上の月が傾き消える迄に聴いて欲しい歌がある

ああ こんな雲の上では あなたに 触れられない


そのままおいでよ
世界でひとつだけの暗闇をあげる
優しい闇を
このままでいてよ
天上の月が傾き消える迄に聴いて欲しい歌がある
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

旋盤屋さんのドリルは回らない。

2012.08.03.Fri.20:15
こんばんは。


今日で平日も終了し、明日から休みです。

私は来週の月曜日は休みの予定だったのですが、いつのまにか私の休みが月曜日から火曜日に変わっていたので、普通に出勤です。
代わりに、火曜と水曜が連休になります。


蜘蛛男「すりかえておいたのさ!」


そして、いまだに休日にどこへ行くかを決めていない。

さすがに、目的地くらいは決めておきたいが、その日に考えればいいやって感じに思考停止してしまうのです。



――最近、仕事を本格的にし始めて、いろいろ学んだ中の一つが、

私は「計画のできない人間」だということ。


仕事を、どういう工程で作業を進めていくか・・・。

計画を練る。

できません。

もはや、苦手とかいうレベルではないのです。



いつもは自分でも良く回ってくれているなと思う自分の脳は、未来のことになると、途端にニートになる。

働きたくないでござる。



だから、後々問題が発生してくる。


考えてませんでした。

じゃ、すまないですよね?モノに寄っては。


私、今まで自分をうっかりものだと思っていたけど、ただただ計画性がなかったんだ。

私の口癖である、「先のことを考えたら面白くない」

その考えに由来しているのかもしれません。


その考えが、無意識にまで浸透して、
先々の事を考えないように“ブレインストップ”しているのかもしれません・・・。

自分の事を、効率が悪いやつだとは前々から思っていましたが、徐々にそこらへんを理解してきましたね。



暢気なんですよね。要は。


それは・・・悔しいけど、自分(プレイヤー)の性格としては好きだなぁ。


なんにせよ、甘いものを食べたい。

それ以上は今は求めません。


・・・嘘だけど☆



IMG_1603.jpg
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

感じ撮ること。

2012.08.04.Sat.22:55
こんばんはー。


IMG_1609.jpg
今日は、鈴とアドリブで遊びました。
相変わらず、計画性は0です。

鈴もそれを享受しちゃうから困ったものだ(笑)


IMG_1610.jpg
では、まずはさんぽ編から。

家周辺を、ぶらり。


IMG_1635.jpg
私のフル装備レンズは高倍率ズームレンズと、単焦点レンズの二つ。


陽気なGreen
絞りを開いたり、解像度重視、夜撮りは単焦点。


その他は、ほとんどの画角を高倍率ズームで。
大きなボケを狙うときもこれ。


スパイダー・ネットワーク
こいつら揃っていれば、もう無敵
何も怖くない。


マリオのスターとか、
カービィのキャンディーとか、

そんな感じ。


IMG_1616.jpg
お馴染み、寄木神社へ。


IMG_1614.jpg
有名なトイカメラである、LOMOカメラ風。


IMG_1612.jpg
私の加工手順は、
「windowsフォトビューワー」で縦構図のものを横から回転させたり、失敗写真などを削除し。
「picasa」で水平に修正したり、トリミングしたり、あとは多彩なフィルターをかけます。
「PhotoFilter7」で最後の仕上げ。ガンマ値を訂正したり、シャドウやハイライト、明るさやカラーバランスなどを整えます。

そうした工程を踏んで、やっとブログやPHOTOHITOなどに載せる写真が出来上がります。


IMG_1619.jpg
基本は、ナチュラルメイク(最低限の加工)で済ますことを信条としています。


IMG_1620.jpg
マクロはピントが難しい。(↑ピンボケ)

AFで合わそうと思ってはいけない。
MFで拡大しながらじっくり写すのが一番いい方法。

じゃないと、結構絞っててもピンボケしちゃいます。


IMG_1622.jpg
夏っぽく、彩度の高い加工。

でも、この写真は白っぽい空なので、本当は向いていない。
それでもやっちゃった私の度胸は、称賛に値しない。


IMG_1621.jpg
高倍率ズームレンズを使うようになってから、表現の幅が広がった。


前まではレンズの交換がめんどくさくて、「ズームしたらこの構図はどう写るか」というのが気軽に試せなかった。

しかし、今では考えるより先にズームしてみたり、引いてみたり、構図の試行が自由自在である。

なので、ものぐさになった点はあるものの、やはり写真のバリエーションは増えたと思う。



IMG_1625.jpg
なんだかんだ言って、私の持っているレンズの中で解像度が一番すぐれているのは、
単焦点レンズ「EF50mm F1.8 II」である。

だから、質感やディティールを残したいときは、
頑張って、多少構図が変わっても、「EF50mm F1.8 II」で撮るようにしています。


IMG_1627.jpg
私自身、ブログに写真を載せて、それにコメントを添えるという行為は、フォトグラファー生命にとってとても重要なことになってます。

その写真について考えて、文章に起こしてみて、
ようやく脳に「ああ、この写真はこういうものだ。」というのが理解できます。


写真を撮るときは感覚で撮っているので、後からその感覚を分析して、それを元に写真を考察するみたいな感じ。


IMG_1631.jpg
アサガオ

小学生の頃は私も例にもれず、観察日記をつけたものだ・・・。
ちなみに私は、さも当たり前のように、真っ先に枯らすタイプだった。


IMG_1632.jpg
よく分からないが、道を撮っていた。

厳密に言えば、道に映った、山あり谷あり幾多にも連なる陰影を撮っていた。


は、影の持ち主を、時として本物より明瞭に映し出す。





              ⇒花火編に続きます。。。



また明日です。
おやすみなさい。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

苦楽というハッピーセット。

2012.08.05.Sun.23:11
こんばんはー。


本日は、鈴と仙台に七夕祭り花火大会を見物にいってきました。

しかし、いまだ帰路の途中なので、写真と共に後日改めて書きたいと思います。


とても疲れました。


足が痛いし、
眠いし、
明日は会社なので憂鬱です。


しかし、楽しかったのが救いです。

これで、楽しく無かったら「骨折り損」「くたびれもうけ」でした。

誰も救われない、BadEnd.

そんなことにならなくて良かったですね。


普通、でもなくて良かった。

三日後にはすっかり忘れてしまうような、普遍的なヤツ。


むしろ、普通より最悪な一日の方がまだ有意義というもの。


まぁ、眠いからテキトーなこと言ってるってのは自分で分かっているけども、

鈴が隣でねてますので、これくらいで終わります。

最後まで訳のわからないまま、幕を閉じます。

終わる理由も意味不明。



とりあえず、また明日。
しきりなおします。

おやすみなさい。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ