2012年02月 | フラジールに蕩れ。

初・路上運転。

2012.02.01.Wed.19:09
どうもこんばんは。毎度お馴染みしゃれです。


今日は教習所で、初となる路上での運転をしました。

教習所内ではせいぜい40キロくらいしか出せないので、50・60キロはやはり速いと感じました。
恐怖や緊張はありませんでしたが、いつも以上に神経をとがらせたので精神的に疲れました。(; ̄Д ̄)

今回はオートマだったので、エンストの心配なく運転できましたが、次からはマニュアルなので、もっと頑張らないとですね。

止まったらロー
止まったらローですよ・・・。


カモメのビーチコーミング
風が強かったので短時間しかしませんでしたが、海の方にカモメの群れが見えたので撮ってきました。


飛び立つカモメ

V
飛んでいるカモメを撮ろうと奮闘しますが、ものすごい強風とそれが起因の砂嵐に阻まれてなかなかうまく撮れませんでした。
ただでさえ、望遠で動いているものの撮影は難しいというのに、この悪条件。


高く飛べ
あまりの撮れなさに諦めて、「大きく映してからトリミングすればいいや」という逃げに。

カモメ 2
コンデジの写真では拡大トリミングすると見れたものではありませんでしたが、そこはやはりデジイチ。なかなか良い感じです。


カモメ
カモメってよくよく見ると、怖い眼をしているのですね。
カメラのレンズを望遠鏡代わりに、バードウォッチングも楽しめました。

こういう休日もいいものです。
今度は、ビーチコーミングでもしようかな。


after
このベンチを見ると、オールをした朝に散歩がてら、ここでコーヒーを飲みながら日の出を眺めたことを思い出します。

あの愛しい日々よ。私の中で永遠に。
なんつって。


TURALA
つららって、氷の柱と書きますよね。

私は「柱」というより「槍」という感じがするので、『氷槍(ひょうそう)』という造語を作ってみます。

『氷槍』で検索してみて、上位に挙がっていたら大成功です。


お試しあれ。
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

お蔵出しという名の、かさ増し。

2012.02.02.Thu.19:47
はいどうも、しゃれです。
帰ってきて早々ですが更新します。


今日は、自動車学校にて初のマニュアル車での路上運転をしました。

感想はというと、ギアの切り替えが面倒くさいっ!

その一言に尽きます。


信号が赤で、トップギアだったところをクラッチを踏んで停止しようとした。
が、すぐに青になって、速やかにローギアに入れ、クラッチを半分まで上げてアクセルペダルを踏んで・・・。

と、かなり手順が複雑でややこしい。


これがオートマチック車ならどうだろう。

ブレーキを踏んで、アクセルを踏む。

それだけですよ。ええ。


やっぱりオートマはいいですねぇ。

でも、順調に運転技術は上達しているので、逆に言えば、マニュアルができるならオートマなど「お茶の子さいさい」といったものでしょう。


そんな風なことを思った自動車学校での出来事でした。




――さて、今日は一日中自動車学校にべったりだったので、他に書くことがありません。

  なので、書き忘れなどでお蔵入りにされた話や写真を掲載しようと思います。


IMG_3522
まずは上の写真をご覧いただきたい。

左から100円・100円・130円という値段になっているのがお分かりになるだろうか?


しゃれ「130円!?上の段にあるボトル系の値段と一緒じゃないか!」

と、驚愕しこれは一体どういう事なのかと、検証のためにこの缶コーヒーを買ってみました。


お茶請け
たまたま持参していた、たい焼きのお菓子をお茶請けに飲んでみましたが、
結論から言って、大してうまくもない何の変哲もない缶コーヒーでした。

次に私は、「これは値段の表記ミスではないか?」と疑い始め、
ほかの販売機も見て回ったところ、どこも一様に130円でした。


なぜ製造した会社はこの缶コーヒーに130円という値段をつけたのでしょう。
もしや、私と同じ疑問を持って買う人がいるのでないかという姑息な考えなのでしょうか。

だとすればみなさん。
私の屍を糧に、この缶コーヒーを買うのはお控えになった方がよろしいかと…。

いえ、営業妨害なんてめっそうもないです。
死人に法律は通用しません。



話変わって、書き忘れた学校での小話。


テストに向けての勉強で人がいつも以上に賑わっている図書館で、向かいに座っている友人と話していた時の事。
その友人が花を摘みに、席を立ちました。

するとまぁ、その友人が座っていて遮られていた風景が見えるわけですが、そこにクラスメイトの女子がいたのです。

その女子と私は目が合い、その子が何を言うかと思えば、

女子「二人きりになっちゃったね///」


私「・・・いや、なってねーよ!」


タイミングもばっちりで、ドンピシャなギャグを飛ばすものですから、思わず声を大にして突っ込んでしまいました。(笑)

そして、静かに!と怒られてしまったというオチ。



そんな日常の一コマでした。


完。
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

今年も節分がやってきた~♪

2012.02.03.Fri.19:08
どうもこんばんはです。


今日も2時間ほど運転の教習を受け、いろんなところをドライブして来ました。

もう教わることはあまりないので、あとは慣れですね。
実践あるのみですよ。
精進します。



――さて、今日は節分ですね。

恵方巻きは買いませんでしたが、恵方スイーツを買ってみました。


節分ロール
その名も、『節分ロール』
中身は、林檎に桃にパイン。

しかし、うっかり普通に食ってしまいました。

これじゃあ意味ないね~。

仕方ない。
鬼と仲良くしましょう。
きっと、話せばわかります。(犬養毅ではないが)


貝
自動車学校までの空き時間に、前に予告していたビーチコーミングをしてきました。


転がる波
地盤が沈下した影響で、砂浜の面積はかなり狭まりました。
ただでさえ年々、海面が上昇しているというのに!


流根
海の波打ち際にはいろいろなものが流されてきます。

大きいものから小さいもの。
軽いものから重いものまで幅広く。

その漂流物を“Take”するのがビーチコーミングです。
私の場合は、「撮る」という意味の“Take”ですけども。


壊れたモーターボート
モーターボートも打ち上げられていた。
なんてもったいない。

カモメと海
相変わらずカモメたちは沢山いた。
そんなに海が好きかね。


猫のほほえみ

明日は、久々に鈴と遊ぶ予定。

免許を取れば遠くにも遊びに行きやすくなりますねぇ。

それまでは、公共の乗り物での移動を楽しむとしましょう。


おあとがよろしいようで。
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

変人カップルの休日。

2012.02.04.Sat.22:27
こんには!しゃれです。


IMG_0219
今日は鈴と、久しぶりに遊びました。
場所は、地元から3駅離れた町です。


IMG_1419
しょっぱなから、鈴が寝坊するというハプニングに遭遇するも、
ある程度予想していたことなので、冷静にいつもの街中スナップを始めました。


自転車の日向ぼっこ
とある民家の自転車置き場ですが、日の射し方がとても美しかったので吸い込まれるように撮りました。
写真とは、光を捉えるだけではなく、捕らえるものなのだ。

駆ける白馬
よくある、斜めから見ると絵に見えるやつ。
この絵では白馬が颯爽と駆ける姿が描かれています。


なんだかおもしろい場所
この場所に入ったとき、なぜか私は『化物語』シリーズのアニメの雰囲気に近いものを感じました。


どこにもドア
そんな感触を味わいながら歩いていると、案の定それっぽい風景が。

命名「どこにもドア」




――と、ここで電話が鳴り、鈴が駅に着いたというお知らせが。


一旦駅に戻り、本日はもこもこコート着用の鈴と合流。

目的地のジャスモ(イオン)へ、歩きます。


万寿子さんの庭
彼女と歩いていても、私のインスピレーションと写真欲は劣ることなく溢れ出します。

上の写真は、前に読んだ万寿子さんの庭という小説をイメージして切り取りました。


ねじれるもの
螺旋(らせん)階段っていいですよね。

駆けのぼりたいです。駆けおりたいです。


廃聖域
廃ガソリンスタンドを発見。

しかもトライフォースの紋章が!!


廃ガソリンスタンドの風景
凄まじく、良き趣です。
元聖域とは思えない退廃感です。


新鮮で、安くて、美味しいパン
「新鮮で、安くて、美味しいパン」
ちょっと、フレーズ詰め込み過ぎたんじゃないの?、と思ってしまう廃パン屋さんのキャッチフレーズ。

欲張るから潰れたのだ、とは言えない。
さすがの私も言えない。



撮影したり鈴と喋っていると、あっという間にジャスモに到着。

まずはフードコートで腹ごしらえをします。

函館塩バターラーメン
食べたのは、函館塩バターラーメン。

チャーシューの煮込み具合がバッチグーで、味はそこそこ。


折りレシート
鈴は何をするのかと思えば、レシートで鶴を折り始めました。
私ほどではないにせよ、突発的に変な行動をする子である。

IMG_1451
完成したものを見てみると、頭でっかちになっていました。

それを言うと、

鈴「頭でっかちな方が頭脳戦で有利じゃない?」

しゃれ「この鶴は一体何と戦っているんだ。」


変人カップルの会話でした。




鈴はたぬきうどんを食べたのですが、その時の会話も。

しゃれ「(一向に少なくならないうどんを見ながら)全部食べられる?」

鈴「これくらい食べられるよ。時間さえかければ。( ̄Д ̄)」

しゃれ「分かった。ゆっくり食べていいよ。」


~5分後~

しゃれ「(一向に少なくならないうどんを見ながら)全部食べられる?」

鈴「うん。無理。」

しゃれ「時間をかければ食べられるって言ったの誰だよ!」

鈴「だってこんなにあるんだよ?ヽ(゚Д゚)ゝ」
うどんを箸で持ち上げ、見せてくる鈴。

しゃれ「あるな。」

だってこんなにあるんだよ!?

鈴「だってこんなにあるんだよ!?ヽ(#゚Д゚)ノ」

しゃれ「分かったって。もう残しなよ・・・」


必死で可愛い鈴でした。




食事の後は、ショッピングしたり、ゲームをしたり。

しかし、私は用事があるので名残惜しくも帰らなければいけない時間になりました。


鈴の提案で、ミスドで最後にお茶を。

3兄弟
3つとも同じ系統のドーナツでそろえてみました。
うむり。壮観ですね。

逢魔ヶ時
駅までを一人で歩きます。(鈴はジャスモに迎えを呼んだ)

日が沈んで夜になるまでの間の時間帯を、私は「ブルーダークタイム(蒼暗き時間)」と呼んでいます。(←あ、冗談ですよ?厨二病は無事卒業しましたよ?)


この時間帯は、写真は暗くなるし、あまり良い風景も楽しめない、私としては苦手な時間帯です。

そんな時間帯だったので、風景は見ずに駅までひたすら歩き、走ります。


バレンタインでーマフィン
そうそう。鈴から早めのバレンタインデーのお菓子をもらいましたvv

美味しい美味しいチョコレートマフィン。
本命なので愛情たっぷりです。(多分)



今日も楽しかった。
鈴も一緒の気持ちだったら嬉しいですけど、どうやらそうではないようで残念です。

楽しかったのは楽しかった、っぽいですけどね。



女心、というか他人の気持ちは変人の私には理解しにくいです。

いつもそのことで――他人とずれた感性を持っていることで――、苦しむこともありますが、優越感もあったりなかったり。

いまでは、ありのままを受け止めています。
大人の螺旋階段を駆けのぼったのか。
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

尊徳のなんたるか。

2012.02.05.Sun.18:47
どうも、しゃれです。
相変わらずの寒さですね。


ニードル
今日は、雪が少々積もっており、ぶらっと辺りを散策してみました。


地域密着型雪かき
地域密着型の雪かき+αが大々的に行われていた。

私はボランティアなんていうことを、何のメリットもなしにできる殊勝な人間ではないので、遠くから望遠レンズで撮影するくらいしかしません。


でも、写真に写った方々の顔を見ると、何のメリットもないというわけではないのかなとも思います。

そのメリットとは、自己満足であったり、偽善であったり、運動不足解消のためかもしれません。
しかし、なにかしら得るもの失うものはあるはずなのです。

例え何もしなくても、恒常的に生きている限り不変などはあり得ないと私は思うのです。


孤立
出会ったのは、名前知らなくとも自分より高貴で徳があるだろうお方の石像。


無縁塚へ、母子への祈り
後ろには、「無縁之霊」「母子之霊」の文字。

プライバシーは詮索せず、邪推はナンセンス。


ねころぶ
お次は、道路の真ん中で堂々とくつろぐ3匹の猫に出会った。

猫が見ている
私が近づくと、蜘蛛の子を散らすように草むらへ逃げ込みます。
通るときも私から目を離さず、フォーカスをロックしています。

あんなに堂々としていた割に、人間への警戒心は並にあるようで。


掃除されない猫たち
私が通り過ぎると、また定位置に戻りました。

そんなにその場所が気に入ったのか。


集落
少し坂を上ると、下の集落が一望できます。
なかなかの田舎でしょう?

阿武隈川
反対側には阿武隈川という、日本でもトップレベルの川幅を持つ川が流れております、

この容貌を見たら寒中水泳とか、考えただけでもガクブル。(((; ̄Д ̄)))


雪投げ

雪投げ2
雪玉を投げまくっている人を発見。

道路の方にも投げてて、あぶないなーと思いつつ殊勝な人間ではない私は、特別注意もせず帰路に着きます。


そんな感じのお散歩でした。


終わり。
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ