何らかの紀行 | フラジールに蕩れ。

空港泊からの帰還。

2017.02.10.Fri.22:13
こんばんは。




昨夜は、
飛行機が日本に到着したのが午後9時で、始発のバスが午前9時だったので、

半日間を空港内で過ごしていました。




ウェイティングルームというところにいたのですが、そこで『東方おばけ叩き』というゲームアプリでずっと時間を費やしていました。
これがなかなかハマる。





フランちゃんがなかなか出ずにやきもきしてましたが、さっきようやく出てくれました。ワイの嫁。







やっと外が明るくなり、帰りのバスが来ました。

あーこれで旅行もおわりかー。






そしてバスにゆられ、帰還。


台湾から持ち帰った、小銭と悠々カードを眺め、
あの台湾独特の臭いと雰囲気を思い出す。






ということで、以上、台湾旅行でした。

たのしかった。



あとは、撮った写真の現像が楽しみだなぁ。

うーん、早くもまた行きたい。
1週間くらい滞在すればよかった。

いまさらそんなことを思うのであった。

スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

台湾旅行 3日目。

2017.02.09.Thu.22:54
こんばんは。



日本に帰国しましたー。


今は空港のウェイティングエリアで1泊しているところです。





さて。今日のこと。





最終日、
朝食を食べ、ホテルのチェックアウトをした。

今日は基隆へ遺跡を見に行くのだ。
台北駅から、台鉄線で。

よくやく席に座れた。席の配列が日本とは少し異なっており、人が私の側面を正面にして座っているのが、あまり落ち着かない。

台北は都会だ。朝のラッシュはとんでもない。
主要駅あたりの混み具合は日本を彷彿させる。

日本から海外というより、田舎から都会というギャップのほうが強く感じるのであった。
都会慣れしていない私にとっては。



電車内で、ネットもなく暇なので、今回の反省をば。




海外で、電車ならまだしもバスを乗り継いでいくのは敷居が高い。

前にも書いたが、日本ですらバスなんて難解な交通機関はなるべく使わない。

ましてや、頼みの綱のネットは使えない。これでは初日から詰んでしまうのも、よくよく考えてみれば至極当然のことだった。



日本では「なんとかなるだろう」という基本理念に基づく、私のずさんな計画でもなんとか持ちこたえていたが、
それはさすがに海外で、しかも初めての海外、初めての国という、経験不足な状態で挑むのは無謀に過ぎたということだ。

日本語も多少通じるということで、台湾という場所をゆるく見ていた。
自分のコミュ力や、英語力(中国語力)を全く省みてない。



そして、誤算がひとつ。

日本語は意外と通じると言うが、意外と通じなかったという点である。


台湾は日本語だらけだ!という記事は、
おそらく、日本人に人気の観光地など、局地のことを言っているのだろう。

お年寄りはたしかに、日本語が通じる確率が高かったが、あまり頼りにしないほうが身のためだろう・・・。
通じたらラッキーくらいに思う。




私は、台湾人に話しかける時は日本語にした。

ひとつは、それで日本語でそのまま話せたら幸運だ。

ふたつは、通じなかったらそれはそれで、次の手段に移って、英語なり、簡易な中国語なりでコミュニケーションをはかることができる。

あとは大きな意味としては、自分は日本人で、日本語しか堪能でないということのアピールだ。

下手に中国語で話しかけて、その後、実は日本語しか話せないJapaneseでしたーよりは、私は円滑だと思う。


お店や、教えてくれた人に、
謝謝(ありがとう)くらいは私でも言えるが、挨拶以外は基本的にはそうしました。




まぁ、大概の反省は以上かな・・・。




台湾は、ぜひまたリベンジしたい。
安いし、やはりほかの海外よりは敷居がとても低いのは事実。


行けなかった、廃遊園地に廃造船所に13遺跡に、金瓜石神社遺跡・・・次は絶対行きたいですね。
今回で勉強になりました、本当。


しかし、こうして書いてみると、ほとんど行けてないな(笑)
まぁ、それでも細かく、または大まかに、いろいろ濃密に体験できたと思う。



さて、こうして書いているうちに次が基隆駅のようだ。

最終日を楽しもう。






『許梓桑古厝』に行ってきた。

the 遺跡という感じだった。素晴らしかった。



そして、集合時間ギリギリにホテルにまた到着。

送迎車で空港まで。ガイドさんありがとうございました。謝謝。






空港内で、お土産を買ったり、食事をしたりして、搭乗まで過ごしました。

そして、飛行機に乗り込みます。
私の席は右の窓際だった!やったぜー!写真撮れる!







そしてあっという間に飛行機は離陸し、雲の上へ。


台湾を去ったのであった。さようなら台湾。

また来たいよー。




んで、スマホのアプリなどで暇を潰しつつ、日本へ帰国ー。
東京は雨です。

良い旅じゃった。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

台湾旅行 2日目。

2017.02.08.Wed.22:02
こんばんは。







名前も知らない料理たちのホテル朝食を食べ、我々は鉄道に乗り込むのであった。

バスよりは全然わかりやすい。


しかし、それでも間違えて逆方向の電車に乗ってしまうという初歩ミスを犯す始末だった。





なんとかちゃんと乗れて、はじめは『猴硐 ホウドン』へ。





猫村として有名です。






あとは、廃墟がたくさん!


猫も廃墟も好きな私、歓喜!!




そしてルイファンの駅へ戻り、そこで昼食。

私は葱爆牛肉という、ネギと肉の料理を食べた。
おいしかったー。





ルイファンのバス停から黄金博物館行きのバスにのり、九份をスルーして、金瓜石に到着!


金山の炭鉱遺跡が至る所にあって、なかなか見ごたえがあった。




そして、時間が色々な出来事により押しており、金瓜石神社遺跡か十三遺跡のどちらかに絞らなくてはいけなくなった。

神社遺跡は見たかったけど、それよりも遺跡はもっと行きたかったので、そちらに行くことに。



しかし、なんとそこへのバスが本日運休になっていることにバスストップで気付いたのであった。



愕然とし、
しかたなく、腹を括って歩いていくとこにしたが、途中で親切なバスの運転手に拾われ、そこへ行きたいと言ったらバスを教えてくれたのだった。
言葉も通じないながら、教えてあげようと必死に伝えてくれてありがたいことです。




でも、結果的にはそのバスはそこへは行かないバスだったんですけどね。


私たちがミスしたのか、伝達がうまく行ってなかったのか…。






とりあえず、遺跡見学を諦め、
本日の最終目的地の九份を早くから満喫することにしたのでした。


ソーセージを食べたり、小籠包を食べたり、タピオカミルクティーを飲んだり、ともかく食いだおれた。少食だけど。

ちなみに、タピオカはこのたび初めて食した。いい食感。






例の赤提灯の多い階段を見て、1通り撮影してから、タクシーで帰宅。


うまくいかないことだらけだったけど、
それはそれで、勉強になったし、うまくいかなかったことで見えてきたものもあった。

などと、模範解答をしてみる。





とりあえず、台湾を濃密に満喫しているのは確かなようだ。

経験は自信に、自信は勇気になる。



さぁ、明日の最終日も精一杯旅行を楽しもう!


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

台湾旅行 1日目。

2017.02.07.Tue.01:35
こんばんは。




旅のはじめは、深夜に成田空港行きの高速バスに乗るのでありました。

駐車場からバスストップまで結構遠くて、焦るのでありました。




夜明け頃、空港に到着。


バニラエア航空へ歩いた。
初めての空港の手続きに戸惑いつつも荷物を預ける。

そして、手荷物を通し、ワイはボディーチェックを受けたのだった。憧れのボディーチェック。


滞りなくするりと空港を抜け、飛行機へ搭乗。


飛行機が加速をはじめ、機体が地上を離れていく。

初体験だが、ジェットコースターのような浮遊感があった。Gがかかるのが慣れない。







あっという間に、窓の外は俯瞰の図に。



窓際の席だった男性がなんと、席を譲ってくれた!ありがとう!英語わかんないけど!!

せんきゅー!


間も無く、機体は安定し、富士山をチラリと目撃しつつ、だんだんと上空へのぼるにつれ、窓の景色は白んでいくのであった。

当たり前のことだけど、雲の上はいつも青空なんだなぁ。なんだか感動。


なんて書いている間に、もう台湾の上を飛んでいるっぽいぞ。
下降をしはじめた。

わたしが初めて海外に降り立つ瞬間が、迫っているのであった。





そして、ついに台湾上陸!!


中国語だらけだ!!
なんとなく意味はわかるので、検査とかかかれているほうへ。



そして、荷物を取り戻し、税関を抜けると、ツアーの人が待っていてくれた。

私含む数人が送迎車に乗り込み、途中、ツアー提携の両替店を経由し、ホテルへ。




ホテルに荷物を置いたら早速、計画を実行に移した。



なのですが。





バスの乗り場が全然わからない!



よく考えたら、日本でもバスなんて混乱することが多いのに、国外でなおさら敷居高いじゃないかと、

旅行計画の考えの甘さに跪く私であった・・・。



人に聞いてみても、あまり成果を得られず、これでは無理と判断し、
とりあえず本日は台北の市街をぶらぶらすることにしました。




とりあえず、腹が減ってはなんとやら。台湾はおいしいものだらけだ。


台湾は日本と中国を融合したようなところですねー。お寺がいちいち煌びやかだ。

なんというか、日本の平行世界を歩いているような気分になりました。


1通りぶらっとして、一旦ホテルに帰り、

その後、士林の夜市へ。






とにかく小籠包が、安くておいしい。

他にもさまざまな種類の、美味しそうなものが並んでいた。



食べ物以外では、意外とブティックが多く、風船を割って景品を当てるゲームがとても幅を利かせていた。


人が多いのは仕方ないが、とても疲れてしまった・・・。
少しなら楽しいが、あんまり居ると気が滅入りそうだ。


本日はこれにて終了。


明日は九份などに行ってきます。

今度こそ、私の本気を見せる時だ・・・。
いくぞ・・・!

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

台湾へ。

2017.02.06.Mon.23:39
こんばんは。









今日はモールでスケ帳を買ったり、
かわいい名前のファミレスでかわいいデザートを食べたりしました。




さて、




荷物もまとめて、
あとは成田空港へバスに運ばれて、日本を飛び立つだけ。


あと半日ほどで台湾に・・・海外にいるなんて、なんだか不思議な気持ち。

この年で、新しいことできるっていいな。



実は私、初海外旅行で、初飛行機なんです。

ほんとう、たのしみだなぁ。わくわく。



いい旅になーれ!



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ