何らかの考察・吐露 | フラジールに蕩れ。

非公開。非共有。非認証。

2018.05.26.Sat.21:10
こんばんは。


いやはや、現像すべき写真がたまりにたまってます。とんでもない窮地です。

地道にがんばります。



最近は、露出の多い撮影が多く、中にはモデルさんのご意向で非公開にされている写真もたくさんあります。

今日日は「公開こそすべて、誰にも知られなければ意味がない」というのが大まかな風潮ですが、私はそうは思いません。


誰かと共有してもしなくても、いちばん大事なのは自分の中に存在するということ。
そういうことが、いろいろなことを削ぎ落とすと見えてくるコツです。


メリットがあるので、公開は私もしますが、そもそもみなさまはなにが楽しくて、何を目的として公開しているのでしょうか?

承認欲求?自己証明?


そう。人は、認知されたいし褒められたい、いじらしい非知的な生き物です。



私はそういう、本能的な人と人の糸を、どこかでわずらわしいと思っていたのです。

それが、最近になってそこらへんのことだということが分かってきたのです。



ちなみに、そういう公開NG写真は非公開設定でFlickrに載せてます。
しかし、その写真に「いいね」がつくことは永遠にない。私以外は誰にも見えないのです。

それら私の世界では存在している景色は、あなた方の世界にはありません。非公開。非共有。


シェアというものは錯覚というより、まやかし程度です。きっと、どうせキャリブレーションに意味はない。


そう存じます。




みなさまもぜひ、人生を証明・公開することも程々に、秘密をもってください。

あなただけの、誰にも知られることのない、美しい景色が見えてくるはずです。

スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

バド。

2018.05.08.Tue.21:50
こんばんは。


突然ですが、私は趣味で今、週2でバドミントンをしております。

高校時代にバド部だったとかではなく、本当に趣味としてやっています。


本格的にやりはじめて4年くらいでしょうか。
井の中の蛙ですが、そこそこ強くなりました。


スポーツは楽しいです。全力を出せる機会って日常ではそうそう無いですからね。

勝敗、明瞭なことも良いです。


写真は正解や勝敗がないですから。
まぁ、フォトコンとかはランキングの観念がありますが、勝敗とはまた違いますからね。


明日もまたバドミントンがあります。

勝負というよりは、みんなで楽しむということが目的のバドミントンですが、楽しいです。


なにか大会があれば、一度くらい出場してみたいかもしれません。機会があればね。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

点呼される日がくる。

2018.04.19.Thu.22:24
こんばんは。



今日は怠惰に過ごした。
天気がすこぶる良かったので、昼下がりは海へ行ったりした。





そして、良いタイミングで平沢進のインタラクティブ・ライブDVD「点呼する惑星」が届いた。


で、視聴したが・・・。

「ノモノスとイミューム」のあとに見てしまうと、これは比較的難解過ぎる。


全く頭がついていかない。置いてけぼりだ。

ストーリーの骨がうまく掴めずに終わってしまった。


まぁそこがわからずとも、わからないなりに楽しめるのが良いところである。
いや、楽しめる者は限られてはいるだろうが。そこはDVDをわざわざ購入した人であれば、大方パスできるであろう。


なんらかの固定概念や感情などに囚われて、帰るべきテラを忘れてしまい、そこから脱却する物語だろうか?

いやはや、一回見ただけではよくわからない。

だからといって100回見たら理解できるか?不明。



とにかく、歌の方はセイレーンが最高だった。これが目的で買ったようなこともある。

ほかも良かったが、
ノモノスとイミュームに比べると音響だろうか録音の方法のせいだろうか…どうにもライブ感が全体的に薄かった。
まるで収録したような安定しすぎた音質があまり好きではなかった。


それにしても、Astro-Hue!ことランさんの舞台には度肝を抜かれた。
いきなり、なにが始まったんだと。

平沢との温度差がなんとも言えない(笑)


総括、この情報量と質が7000円くらいで手に入るなら、こんなにお買い得なことはないと思う。素晴らしい。




ま、そんな感じの一日でした。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

不憫な人間たち。

2018.04.15.Sun.17:38
こんばんは。



人はいつも寄る辺がない、と思う。

価値とか愛とか、対価とか束縛とか、罪とか罰とかね。
そういったマストにしがみつかないと、生きることも死ぬことも出来やしないと。


PICT0562_re_re.jpg

私はこう思う。

体は報いに関し、無意味に生き、無意味に死ぬと。
クオリアは、全てに意味のぬりえを施して往復していくと。



PICT0680_re_re.jpg

我々は延命装置のポンプ機関【ネゲントロピー】

今日も元気にポンプを動かし、熱をサイクルさせる。



元来それだけの装置的存在だった生命のなかでも格別、
人間という種はその自然界という内輪での一身上の都合により培った、『高い応用力(人は知能と呼ぶ)』という副産物による弊害とも言える思索によって、各々が生きる意味や価値なんかを愚鈍にもウロウロと探しつづけながらも、その間も存在意義は君主に従事するのである。




PICT0758_re_re.jpg

往々にして不憫な人間たち…。
しかし、真実は知らぬほうがきっと良いだろう。

自分が特別だ、生命は尊いと思えることは、
例えるなら日本人すごーいですね番組を見る日本人のような承認欲求満タンの心情である。



我々は不憫だが幸せだ。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

以津真天。

2018.03.10.Sat.22:25
こんばんは。




明日は3.11です。東日本大震災から7年です。

東日本大震災が非常におそろしく大きいな出来事だったことはわかるが、それだけだ。



多くに共通のマイナスの目が出たと言うだけ。
いつも、誰かしら何時かしら、多かれ少なかれ、各自、災じているだろう。

昨日見たテレビの話題と差はあまり無いように思うが、不謹慎と罵られるだろうか。



当時の出来事を後世につたえ、防衛とするということは間違いではないが、意義あることはその点だけだ。



悲しかった、
こんなにすごい事があった、
人が死んだ、
建物が流された。


そんなことは、私からしてみれば不要な情報です。
それらを共有することに、どういった意義が?

興味あるものは、シリアスな極小数の当事者と、野次馬根性の大多数。



娯楽ですか?エッセイですか?報道ですか?
それともノンフィクション伝記ですか?




心中はお察しするところだが、徐々に名目が歪んでしまってはいないだろうか。


悲しかった。ショックだった。驚いた。

了解した。


もういいかね?

いつまでやるかね?

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ