何らかの北海道一周 | フラジールに蕩れ。

ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 25日目。

2017.07.24.Mon.22:00
現在地:北海道枝幸町
天気:くもり
走行距離:73.4km
出費:1500円





こんばんは。







今朝は、こちらの風車型の展望台にて起床。

おそらく今回の旅で一番冷え込んだであろう昨夜を、室内で過ごせたのは僥倖だった。


ずっと開放されているようで、当たり前だけど夜は誰も来ないので、最高の寝床でした。

お世話になりました〜!






さて、25日目です。

まだここらへんは霧雨が降っていますね。
たぶん、ここらへん一帯だけだと思うので、さっさと朝食を済ませて出発です。






道の駅内でさんざん流れていたPRビデオにも紹介されていた、まっすぐな道。

・・・ここだよね?


たぶん、こんな道はここらへんじゃざらにあると思うので、もしかすると違う場所なのかもしれない。






延々と続いて暇なので、ツイキャスを手持ちでやってみる。

すると平日にも関わらず、釧路に住む一人の女の子だけ見てくれて、
色々と会話をしながら走れたので、なかなか楽しかったです。


思わぬ出会いって、色々なところであるねぇ。






シカの群れだ!


もうエゾシカを見かけても驚かなくなった私です。






走り去っていった。



ちなみに、写真は撮れなかったが、キタキツネも何度か見かけた。
キタキツネはかわいいですねぇ。本州のキツネの500倍ぐらいかわいくないですか?

キタキツネ飼いたいわー。かわいい。






いやーーーーしかし。

相も変わらずの逆風です。


昨日ほどじゃないが、今日も全然進まん!



ゆく道ゆく道、ずっと向かい風!まるで私の人生!!

もーーーーー助けてくれぇええええ!!!



風に対して、私という一個人の存在はいかに無力か。痛感した。

海の方へ向かって立ちションしてたら逆風で・・・為す術もない。痛感した。









うそ!?足んない!!






山を突き抜けるトンネル。


風の通り道になっていて、いままでの風が集中して吹き抜けていくので、まぁやばい!

寒い!進まない!しかもこれ微妙に上り坂だコレ!!



なかなか修羅の道でした。






トンネルをなんとか抜け、エネルギーが切れてきたので菓子パンで補給。


乗りながらなんでもできる技術を、私は身につけています。







神威岬公園でひとまずの休憩。


ちなみに神威岬へは、道路が封鎖されていていけませんでした。






道から近いので、ウスタイベ千畳岩を見にやってきた。

ここは無料のキャンプ場があります。
私はもう少し先に進みたいのでスルーしますが、なかなかいいところですね。





これがオホーツク海かぁ、とまじまじ。


うん、まぁ普通の海だな!



私は一体オホーツク海に何を期待していたんだ・・・。






ん!?何語だ?




ほうほう・・・?


買ってみますか。



チャリン・・・チャリン・・・(50円玉2枚入れる音)



何が出るかな何が出るかな♪








何も出ませんでした。










だ、だまされたぁああああああああああ








ご丁寧に、お釣りの20円が出てきただけ。



ええ・・・?これはさすがに予想の斜め下すぎるぞ。オイ!







気を取り直して、枝幸(えさし)の町中にある業務スーパーで買い出し。

例によって、道の駅付近にはなにもありません。



ちなみに、ここのスーパーのレジで女の子の店員さんに話しかけられ、となりのレジのおばちゃん店員さんと合わせて、色々話をしました。
お店の前に停めた荷物満載の自転車を見たみたいですね。


店員さん(女の子)「どこからきたんですか?」

私「え?ああ、福島県からですよ」

「ええ!?自転車で?」


店員さん(おばちゃん)「ここまで何日かかったの?」

私「今日で25日目ですねー」

「はーー。まぁ、それくらいかかるよねェ」


店員さん(女の子)「そのわりにあんまり焼けてないですね?」

私「そんなことないですよ?元々、色が白い方なので」(Tシャツの首元をすこし肩口まで広げてみる。)

店員さん二人「「わーーーーー!!」」



そんな入りで、お客さんそっちのけで興味津々のお二人。

仕事しろ仕事!(笑)



最後に、「また来てくださいね?」と言われてしまいました。

まぁ、自転車ではもう来ないかもしれませんが、北海道はいいところなんで、また来るでしょう。
その時は、お世辞ぬきで、また来たいですね。


きっと、何気ないこういうことが、あとからあとから、私の心に沁みていくようなことなんでしょうねぇ。
そう思いました。







私の心情を表すように、曇りきっていた空に青空が垣間見えた。






そして、道の駅マリーンアイランド岡島へ到着。

船の形をした道の駅です。





スーパーで買ってきた、ザンギ弁当をいただく。


ザンギってわたしも言葉は耳にしていたんですが、唐揚げの北海道版みたいな感じの呼び名みたいですね。

残念ながら、わたしの舌には、普通の唐揚げとの違いはよくわかりませんでした。



ですが、おいしかったです。

ごちそうさまでした。







道の駅の売店を少しうろついていると、気の強そうな店員さんに、もう店じまいだから半額で買わない?

と、チキンとコロッケとあんドーナツを売り込んできました。



わたしは謎の男気を見せ、全部買いました。
食べたばかりで腹一杯なのに(笑)


そう思っていたら、案外全部ペロッと食べちゃいましたけどね。

思っている以上に体はカロリーを消費しているようだ。









テント泊の許可を得たので、早々に船の先端下に居を構える。



今日はここで一泊。





明日は無料の宿泊施設があるという、道の駅おこっぺまで行きます。


逆風じゃありませんように。逆風じゃありませんように。。。。

スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 24日目。

2017.07.23.Sun.18:55
現在地:北海道猿払村
天気:晴れのち霧雨
走行距離:74.74km
出費:2000円





こんばんは。




朝5時。
カカロット前田くんに起こされる。

おはようございます・・・。ねむ・・・。


昨夜は寝たのが12時くらいで、それでは寝足りなかったです。



しかし結露がすごい!

テントがびしょびしょだ。







前田くんとはここでお別れ。
彼はヒッチハイクで帰るようです。


互いに熱いハグを交わし(笑)、異なる道へ。



そして、私は24日目を出発。

私の旅は続きます。







昨日管理者にアポを取っていた、『稚内赤レンガ通信所跡』を見学に来ました。


少しすると、稚内ユネスコ協会理事の熊田さんがやってきました。

本日、案内をしてくださる方です。






キターーー!!

いやぁ、素晴らしいなぁ。素晴らしいなぁ。





玄関の方に自転車を移動。

土の上だと自転車のスタンドが立たないのです。






パノラマで。





熊田さんと記念撮影。


この通信所にまつわる、色々なことを教えていただきました。
廃墟・・・いえ、遺産に歴史あり。


熊田さん、貴重なお話を聞かせていただきまして、ありがとうございました!



詳しくは稚内市のHPをご覧ください→ 旧海軍大湊通信隊稚内分遣隊幕別送信所






さて、これから宗谷岬をもちろん目指すわけですが・・・

風が強い!しかも、ジャスト逆風



宗谷岬まで20kmという青看板から、私の奮闘ははじまった。

まず、全く進まない!
漕ぐのをやめたら後ろに進むであろうくらいの風量である。



そういえば、と想起する。


前回の日本一周でも逆風には随分苦しめられた。

今回は運良く今まで逆風という障害に当ってこなかったが、ついにここで捕まってしまったというわけだ。








しかし、遅々と進んでいても、いつかは絶対にたどり着くということも、私は覚えているのです。







日本最北端の地



ついに、到着しました。感無量です・・・。


感動があるような、無いような。
正直、あんまりピンときませんね(笑)






最北端到着証明書を買いました。

100円で近くの売店で売ってます。





あとはピンバッジも。


近くの無料休憩所で少し眠ってから、本日の目的地である道の駅さるふつ公園へ向かいました。






ずっと方針的にはは東なので、相変わらずの逆風。

きびしいッ!





向かい風で坂なんか登れたもんじゃないので、端から押して登るのであった。


霧雨が降ってきた。
雲が低い。寒い。





こんなかわいい「シカ注意」の標識がありました。

へー!これは初めて見た。
こんなんもアリか。





さて、ここはなんの場所でしょう?



正解は私が立ちションしたところの入り口です。


トイレなんて無いですもん。なんもないですもん。





しかし熊が出そうなところだ。立ちションなんかしてて襲われたらひとたまりもない。
というか、ただでさえひとたまりもないっていう。

でもヒグマ撮りたいなぁ。



エゾシカ、キタキツネあたりはもう出会っているのですが、ヒグマはまだですねぇ。

出会いたい!安全な位置関係で!







ここらへんで私は、逆ウラシマ現象(※)を体験しました。


景色は同じような感じだし、ずっと逆風で全然進まないし、天気は良くないから景色はぱっとしないし・・・。

たった30キロ先だという道の駅が、すごく遠く思えました。



※『水曜どうでしょう』という番組の中での名言。時間が限りなく遅く感じること。






あ!!セイコマさんの看板だ!!

助けてくれぇーーー!!



心が助けてくれと叫びたがっているんだ。






セイコマで買い出しをして、そこから2キロ先の道の駅 さるふつ公園に到着。


ここは案外色々あります。風車はあるしパークゴルフ場はあるし、ホテルはあるし、キャンプ場もある。
変な形の、猿払村のカントリーサインにものってるオブジェもある。カニの爪らしいです。

そういや、このカントリーサインは水曜どうでしょうでも見たことがあるなぁ。






セイコマのホットシェフ弁当をまだ手を出していなかったので、
最北端到達のお祝いとして、少し奮発してカツ丼を買いました。

奮発しても500円。


もやしは気にしないでくれ。私の生命線というだけのことだ。



カツ丼はとてもおいしかった・・・久々においしいものでお腹いっぱいになった気がする。





・・・。

さて、現在は食べ終わって、道の駅内に居座りやすいスペースも確保し、悠々とくつろいでるなうです。



しかし今日は本当につかれた・・・。

昨日の二倍くらい疲れた。足が痛い。
ひざとふとももに、だいぶキテるのを感じる。




そんなことを書いていると、女性がパソコンはなにでネットに繋いんでいるんですか?と話しかけられた。

私はスマホでインターネット共有でやってますなどとあれこれ。


どうやらすぐパケットの上限に行ってしまって困っているようだ。
だからといって、道の駅のフリーWi-Fiは遅くて使いたくないという。

もうじゃあ容量増やすしか無いですねぇ・・・。以上です。



外もずいぶん暗くなってきた。おそらくまだ霧雨が降っていて、気温も低いだろう。
秋の暮れのぐらいの寒さだ。

今日の野営は気合を入れねばなるまい・・・。





では、そんなところでまた明日。

あすは風向きが変わっているか、風が強くないといいなー。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 23日目。

2017.07.22.Sat.18:43
現在地:北海道稚内市
天気:くもりのち晴れ
走行距離:84.7km
出費:1100円





こんばんは。





あらすじ。

雨の予報で、道の駅で1泊しようとしたところ、ライダーハウスの存在を教えてもらったしゃれは、途中から参入したカカロット前田くんと共に初ライハの夜を過ごしたのであった。





一晩中ずっと雨風が強く、自転車が心配であったが、
石でおもし作戦が功をなしたようで無事だった。





今日は道の駅 わっかないまで行く予定だが、
どうしてもこの日は訳あって、青空の下で走りたかった。


しかし、どうも天気は芳しくない・・・。



カカロット前田くんは、先にライハを出ていった。
目的地が同じなので、また後で再会しようと約束。



一人になった私は、天気が好転するのを祈るように8時頃までライハで過ごしたのであった。








そして、撤収。


クソお世話になりましたぁぁぁあああああ








23日目、スタートである。






その前に、セイコマで朝食。


昼食分も買っていく。

なぜなら、この先60キロくらいはなにもお店がないからだ。






川口遺跡風景林。


これは森だな。






噛むありんことヤブ蚊に襲われ、早々に撤退。







オトンルイ風力発電所。



空ははいまだ厚い雲で覆われている。








シェルター。







おや?もしかして晴れてきた?






キテルーーーーーーー!!!


私の時代だぁーーー!!!!



北竜町よ、太陽を味方につけたのは私だったようだぞ?








全く見れそうになかった、利尻島も見えてきた!!






地平線まで続く、まっすぐな道。



ここの写真が撮りたかったんだ・・・!!

青空と、どこまでもまっすぐに続く道と、
そして私の自転車。



ああ、もう思い残すことは無い・・・。

いままで、生きててよかった。幸せです。







音楽プレイヤーのプレイリスト【夏】をかける。


流れてきたのは、
AIRというゲームの曲『青空』








あの海 どこまでも青かった 遠くまで








あの道 どこまでも続いてた まっすぐに





・・・。






感傷に浸りつつ、自転車を素晴らしい景色の中走らせ、

休憩所、こうほねの家に到着。
ここで昼食を摂ろう。






おしゃれなところだー。



美しい景色でお腹いっぱいで食欲ないなー、と思ってナポリタン食べ始めましたが、
普通にお腹へってました。

ごちそうさまです。








その後も、雄大な日本の原風景を眺めつつ自転車を走らせる。

本州では見られないような、大自然の光景だ・・・。






は?鹿だ。

道端に鹿だ。Ψ(・ω・ )Ψ






全然逃げないぞ・・・?






この距離感です。

完全に人慣れしてる。





え?なに、ここらへんこういう感じなの?



いままでシカ見かけたら、必死こいて写そうと頑張ってたのに・・・。

なんかありがたみが無くなってしまった・・・。







どうやらここらへんは、鹿の存在が生活と近いみたいだ。

野生の鹿というよりは、野良の鹿という感じ。




はぇー、こんな感じのところが奈良以外にもあっのねぇ・・・。








ノシャップ岬に到着。

準最北端です。



夕日まで待機します。

周辺ぶらついたり、ブログ書いたり。






日が落ちてきました。

結構、人が集まってきた。






うん。綺麗だ。






利尻島と夕焼け。







さすが、利尻富士と呼ばれるだけあって、
綺麗な形をしていますねぇ。





この夕焼けをみて、自転車に戻ってくると徒歩で日本一周をしている人に出会いました。



今日の夕焼けは最近で一番だそうですよ。又聞きですけど。
まってますねぇ、と褒められる。



そう、私は運はいいのですよ。もってるの。






完全に暗くなる前に道の駅 わっかないへ。

カカロット前田くんと合流。





稚内堤防ドームを撮りながら、二人で星をみたり、なんだりしてました。





仲良く、並んでテント。



前田くんは明日からはヒッチハイクで帰るみたいですよ。うまくいくといいですね。




私は、明日はアポを取ってある廃墟にまず行ってから、最北端の地・宗谷岬へ行きます。
そして、目的地はさるふつ公園となります。



おやすみなさい。素晴らしい1日だった。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 22日目。

2017.07.21.Fri.13:50
現在地:北海道天塩町
天気:くもりのち雨
走行距離:47.87km
出費:1300円





こんばんは。





22日目です。

本日は道の駅 しょさんべつ近くの、無料のキャンプ場から。
景色がめっぽういいです。



昨夜は、道の駅付近で泊まる予定だったんですが、考え直して、キャンプ場へいくことにしたのです。

テントの上に傘をくくりつけて、雨漏りを防止させました。帽子だけに。








写真はあらかた片付けてしまったあとなので、帽子傘がありませんが、どうでしょう、景色いいですねー。


こんなところのキャンプ場が無料なんて、晴れてたら最高でしょうね。
夕方には夕日みて、夜は星を見てさ。



まぁ、一方の私は屋根を探して奔走していたのですが。はっはっは。









早朝はキャンプサイトの下にある金比羅神社で写真を撮ったりしてました。

有名なスポットです。






この階段を下るとあります。





しかし風が強い!


カセットバーナーの火がすぐ消えそうになるので、ブロック中の写真。







私はグルメに興味がないので、名産とかあまり食べません。



しかし、カップ麺のシーフードを海を見ながら食べると、地元産な気がしてくるから不思議である。




嘘である。







さぁ、本日は午後から雨の予報なので、二つ先の道の駅まで行ってストップします。


その先から北端あたりまでは、ほんとに何にもないもので。











追い風はビュンビュンと波のように私を攫って、沖までワッショイワッショイと送り届けてくれる。


広大な北海道らしい緑の大地を、グレーのレールがどこまでも抜けていく。








あれ全部、牛。






あっという間に道の駅手前のセイコマに到着。



イートインスペースに電源があり、コーヒー牛乳飲みつつパソコンに写真を取り入れたりしながら一服。

ホットシェフのミニパンオショコラがおいしい。







セコマのイートインスペースは2時間が上限なので、その前に昼食を済ませてしまい、
本日の目的地である道の駅 てしおへ。


うーん、あまり野宿には適さないですね。
とにかく屋根がないのだ。





近くに素敵な建物があると聞いて。


昔の役場だったんですねぇ。レンガ素敵やー。






海浜公園行ったりぶらぶらしてから、とりあえず道の駅にまた戻ってきました。

雨が降る時間までは外のベンチで居眠りしたり、お菓子食べながらスマホでこうしてブログを書いたり。





と、そうしていたら、

突然アメリカ人女性が、ベンチに座っていたわたしに
『よかったらコレ見てくだサイ~』と小冊子をくれた。




こ、これは・・・?



なんだ?





良く分からないけど、聖書関係の勧誘書らしい。

スラッガーの話から、あれよあれよとイエスキリストが唯一神であるという話になりました。



な、なるほど・・・。

私は小冊子をしまった。






少し前に会ったチャリで日本縦断している人にまた再会。
コーヒーをおごってもらう。


スマホの天気予報を半信半疑で、もう30km進んで先の道の駅まで行こうか思案中だという。

私は一応、たぶん途中で降られると意見しました。

さて、結局どうしたのでしょうか。
その後すぐ別れたので、私はその先を知りません。






道の駅の人に、これから雨が降るから近くのライダーハウスに行ってはどうかと教えてくれた。


ライダーハウス!?

近くに公園とキャンプ場があったのは見たが、ライダーハウスがあるとは知らなかった・・・。
キャンプ場だけだと、どうせ屋根がないのでスルーしてました。


しかも料金が、一泊たったの200円だという。
これは行くしか無い!!



というわけで、写真の通り受付の前に到着。
道の駅からすぐです。






このコンテナがライダーハウスです!

三棟あるうち、一つは女性専用で、女性ライダーにもありがたい仕様。






荷物搬入中。


二棟あるうちの、2番目にしました。
1番目はひとり、チャリダーさんがいるようです。








か、快適だーーーーーーーーーー!!!!





落書き帳があります。

なんと、住所を書くと、春頃に製本されたものを無料で送ってくれるそうです!


どこまで良心的なんだッ!こわいッ!








私ももちろん書きこませて頂きました。





サンスネークというパン。
初めて食べましたが、これは菓子パンも菓子パンというか、甘いですね。

あんこがぬられていて、中にはクリーム。カロリーはんぱないです。







セイコマにかっぱで特攻します。

買った分だけじゃ足りなかった。




雨が斜めに降ってます。折り畳み傘が壊れそう・・・。

セイコマの光が遠いぜ・・・。





なんとかたどり着いた・・・。

近いようで雨の中じゃ遠かった。


空が光ってるよぉ。嵐だよぉ。






セイコマから返ってくると、ライダーハウスにカカロット前田くんが参入してました。

高校生だそうです。


陽キャラで話し好き。私は陽キャラではありませんが、普通に嫌いではありません。

色々話しました。アクティブだわ~。






↑本人はこういう人に見られたいらしいです。




さて、豪雨でトイレにもいけやしないし、もう前田くんと一つ屋根の下で寝ます。

おやすみなさい。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

ママチャリ日本一周・北海道リベンジ編 21日目。

2017.07.20.Thu.15:09
現在地:北海道初山別村
天気:くもり時々晴れ
走行距離:92.69km
出費:1600円




こんばんは。



21日目の朝。


昨夜はひどい目に遭いました・・・。

深夜12時前くらいでしょうか、雨が急にテントを叩き始めて土砂降りに。

自転車は野ざらしで何の対策もしてなかったので、
ああ、と思ってバイクカバーをかけに行ったら、いやはや海沿いなもんで・・・

風が半端じゃなく強いじゃないですか。


もう全然かけられない!



そうやって奮闘している間も、身体はどんどん濡れていく。

ちくしょうめ!!


結局、ゴム紐でくくってやっとこさ自転車を覆うことに成功。

でも、よく考えたら濡れちゃダメな奴だけテントに引っ込ませて、自転車はそのままにしたほうが良かったな・・・。
自転車は守られたが、服や身体はびしょびしょ。

これではピュロスの勝利だ。



まぁ寝ぼけてましたよね。ええ。

まったくもう。







コーヒーだけ飲んで、6時前には出発。

なぜなら、天気予報は、くもり時々雨。
雨がいつ降ってくるやも知れない。


降ってない内にどんどん進んでしまうのが吉なのです。








おやおや・・・?

これがオロロンラインかぁ、と走っていたら太陽が出て雲が晴れてきた。


もしかしてまた私ったら、天気予報を覆しちゃう?




なんて調子に乗っていた、そのとき!!





大転倒です(笑)


横風に煽られて、側溝に敢えなく突っ込みました。油断したぜ。

ちなみに、無傷でした。わたしは大爆笑です。








さて。そんなこともありつつ、
強烈な追い風に運ばれながら道の駅 おびら鰊番屋に到着。






売店で買い物したら、自転車をどっかで見てくれてたのか、おばちゃんがおまけでプルーンとかこんぶとかくれました。

ありがたしです。





缶バッジもゲット。ニシン!
今までのと比べるとけっこう大きい。





これが旧花田家番屋。


うむー、これは見るからに、重要で文化的な建物だ・・・。

レトロ建築マニアには垂涎モノだ。






入館料は400円です。
せっかくなんで見学しました。

写真は、縁の下の力持ち。






なにか知らないが、アーチがあったので、記念撮影。











青空が見えてきた。

やっぱり海は青いほうがいいねぇ。






レトロなバスターミナル。
いいね。





こういう下り坂は個人的にはたまりません。

これで晴れてたらもっとよかったな~この場所は。





道道。

一瞬ナンノコッチャと思うが、いわゆる県道とかの北海道版である。


北海道民には普通なんでしょうが、本州民にはちょっとしたショックですね。






坂道もしっかり走れるくらいには、足の方もだいぶ鍛え直されてきた。

ようやく帰ってきてくれたか。





道の駅 風Wとままえに到着。

足湯があるぞ!

あつい方に浸かって、チョコチップスナックパンを食べる。
海が見えて、これは綺麗じゃ。


漁港の横では、数人が凧揚げをしていた。のどかですねぇ・・・。






こんなアップダウンばっかりになってきた!

しんどいよぉ。





旧道がある。

ちなみに、こういう写真はだいたい走りながらスマホで撮ってます。





曇ってくれて、涼しくてありがたいような、
晴れて雄大な景色を惜しげもなく見せてほしいような。

一長一短。



本日は道の駅 しょさんべつで一泊。


ここは天文台もあって、星がよく見えるスポットのようですが、まぁ今夜は無理そうですね。

だからといって、星が見えるまで停滞しようとも思わないし、実際そんな猶予はないですが。



人も景色も、旅の道中ではその時々の出会いを大切にしています。






なんてセイコマのイートインで書いてましたら、雨が降ってきてしまいました。

8時まで止まないそうな。おーまいがっ!




6時くらいに雨が弱まったのを好機と捉え、自転車に飛び乗り、道の駅を目指して全速前進!!







道の駅 しょさんべつは無料のキャンプ場が隣接していました。

だが、私は屋根がほしい!!
なぜなら、私のテントは微妙に雨漏りするからだ!



とりあえず、隣接の温泉の裏、屋根の下へ停める。いや、ここ怒られそう。









それで、こう、こう。



ふーっ。


つかれた。今日はもう。

居場所がないねぇ。



なーんて、心の中で独り嘆きつつ力なく座り込むのであった。





明日は午後から雨らしい。

それまで次の次の道の駅までかっ飛ばそうとおもいます。


頑張ってるなぁ私は・・・。よしよし。



ではおやすみなさい。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ