何らかの写真・カメラ | フラジールに蕩れ。

HELIOS 44M-4 58mm F2を買いました。

2017.05.18.Thu.20:45
こんばんは。



無くしたレンズに代わって、買ったレンズが届きました。



HELIOS-44M-4 58mm F2です。

失くしたやつは44-2でした。このレンズは、それの後続レンズとなります。


変わったところは、絞りの方式が簡易なものになり、クリック感があるようになった。

ピントリングは重たいほどぬるっとグリス感がすごい。
これはさすがにスムーズなピント合わせが難しい。重たいぞ。

あとは多少、周辺画質が良くなった気がする・・・?





付属でプロテクターもついていたのですが、それをつけるとフードがつけられずにボツ。
それに、ここまでレンズ部が奥まってれば傷つくこともまぁないでしょう。


付属のアダプターリングはあまり良いものではなく、レンズがしっかり良いところで締まらない。
上部が横に来てしまった。

まぁ撮影には問題はないが、気持は良くない。


簡単なレビューは以上です。

あとは多分が、前使ってたレンズと同じなので。






ただいま現像している佐渡の選鉱場の写真、上の方の建物を爆破したいなーって撮ってる時思ってました。




フォトショップで爆破しました。
関係者の方々には申し訳ないことをした。

誰にも危害を加えない爆弾、フォトショップ。





そしててきとーに撮った、パノラマ用の素材を合成した、こんなんなりました。

ひどい。



次からはちゃんと撮ろう。今になって後悔してきた。


スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

失くすレンズあれば、落とすレンズあり。

2017.05.15.Mon.18:39
こんばんは。




この前の新潟旅行の際、結構早い段階で失くしたと思われるレンズ。

ヘリオス44-2のオールドレンズ。
だれか、廃資料館で拾ったら大切に使ってくれたまへ。


私はわざわざ取りに行くのもだるく、すでに同じレンズをヤフオクで落札待ちである。

いや、同じではない、失くしたレンズの後に発売されたレンズだ。


M4とか言ったっけなあ。
マーク4って意味だよね?



今月は出費がかさむ。エコに過ごそう。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

600mmで望遠ポートレート。

2017.04.06.Thu.21:52
こんばんは。



今日は、昨日撮った写真を現像してました。




こちらが600mmで撮った写真です。
モデルは、女子高生のさやのさん。



ある程度写真の画角をわかっている人ならm望遠だなってわかってもらえると思います。

背景が海や空なので圧縮もくどくなく、すっきりとした感じになりましたね。今回は。


逆に、ごちゃごちゃした背景でやったら望遠圧縮ですごいことになりそう。

こりゃおもったよりハマりそうだ。
ただし、この望遠レンズを持ち歩くのは流石にきついけど。(というかカメラバッグに入らない)


望遠ポートレート、いいですね。
たのしいかも。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (A011)を買いました。

2017.04.04.Tue.19:18
こんばんは。




今日は買ったレンズが届きました。





『Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (A011)』です。

仕事の、スポーツ撮影用に購入しました。もちろん趣味でも使いますが。(うしろの仮面は撮影の小道具)


中古で6万円。これほどの望遠レンズなら安い方です。






フードとカメラを付けてみると、こんな感じです。


思ったよりは大きくないし、重くないです。

ずっと撮影するのはつかれるでしょうが、ちょっとなら手持ちで普通に撮れます。
手ぶれ補正もちゃんと効いてますし。


やはり600mmは未知の世界ですね。すごいです。

今回は6Dで試し撮りしましたが、70Dで撮ってみたらさらに実質画角は望遠になります。


あまり必要な時は趣味ではないかもしれませんが、いざという時に不可欠になる焦点距離なのかなと思ってます。

いままで諦めていた(というか取れないことが分かってるから撮ろうという考えすら無かった)写真が撮ることが出来ます。すばらしいことです。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

編集をしていた。

2017.03.24.Fri.23:31
こんばんは。



いつの間にか、このような時間。


感覚はいつも、時など流れていないと私に真実を教えてくれる。

なにを為そうとも、為さずとも、同様に「俺のターン」はめぐりめぐる。


プッチンプリンを食べながらそんなたわごとを浮かべつつも、目の焦点は味覚のある現在を示していない。






昨日の写真を編集していた。



まず、膨大な枚数から、現像する写真だけフラグを付けるという選別の作業をしてまわる。

だいたい撮れ高的に平均ならば、1/6ほどの写真が次の工程へ出荷される。



そして現像の作業へ入る。ここからがめんどくさい。本当にやりたくない。

でも、やらねばならない。誰かが変わってくれると名乗り出ても、絶対に御免だ。


そんな人生の縮図(※)のような感情のさなか、写真はぼちぼちとあがっていく。

※生きねばならないという気持ちはあるが、とてもめんどくさい。
しかし、誰かに変わってほしいとは願わない。みたいな。




そういえば、この前ようやくNik collectionで編集後に、Lightroomに戻ると、最終調整しようと思ってひとついじると、いちいち読み込んだりなんだりする不具合?の原因がようやくわかった。

ずばり、XMPに自動的に書き込む設定にしていたのだ。
つまり、DNGからTIFFになったため、付属のXMPができ、いじるごとに書き込んでいたのだ。たぶん。


チェックを外すと、読み込みは行われなくなりました。すっきりすっきり。




Nik collection みたいなのもっと増えるといいなぁ。スマホ用の加工アプリとか無料でも優秀じゃないですか。
あれをね、ちょっとPCでも使えるようにしてくれればね・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ