何らかの建造物・街並み | フラジールに蕩れ。

東京 3日目。

2015.05.27.Wed.19:08
こんばんは。




今日は午後から秋葉原に行ってきました。というか、今もいます。

これからモデルさんが来て、ポートレート撮影をします。



で、どうせならとロケハンも兼ねて電気街を散策しておりました。






ここにくるのも4回目くらいだけど、良い意味で変わんないねー。雰囲気は。


アニメやゲームのトレンドは変わっても、街全体の雰囲気は変わらないね。






唯一変わったと思ったのはラブライブの広告トラックとか。


まぁ、前回も違うものが走ってたかもしれないけど。やっぱ変わってない(笑)






私はその土地の名物や有名なお店で食べるより、

コンビニやスーパーでサンドイッチやおにぎり買って、テキトーなところで街並みを見ながら食べる方が性に合ってるようだ。



秋葉原ならば、こうして制服やメイド服やくのいちの格好でお店の売り子をやっている女の子の姿と雑踏とかを見て、この街の雰囲気を感じるのが好きです。


願わくはいつまでも変わらずに。


スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

田舎の町を深夜徘徊。

2015.05.17.Sun.20:24
こんばんは。



今日から、眠れずに深夜徘徊をした時の写真を。

思えば、深夜徘徊にお熱になったのはこの日からだった・・・。




_MG_5559.jpg


_MG_5561_201505172002093a3.jpg


なにかにせかされるように家を出た。


夜の空気は、やさしく感じられた。





_MG_5576.jpg


誰も通らぬ、大きな橋。


午前三時ごろ。





_MG_5583_201505172002137ac.jpg




_MG_5591_20150517200212a2f.jpg


番犬に、けたたましく吠えられる。




_MG_5596_20150517201119729.jpg


_MG_5597-2.jpg


午前四時ごろ。

すでに空は蒼くなりゆく。





_MG_5600.jpg


靴音だけが世界に響く。




_MG_5605.jpg

這い寄られるような錯覚をする。



_MG_5608.jpg


不意に防犯ライトに照らされる。

まるで背徳心の影を濃くするように、照らす。謝りたくなるほど。





_MG_5611-2.jpg



_MG_5613-2.jpg



_MG_5620-2.jpg


ゆっくりと薄いブルーで、起きだす町。





_MG_5622.jpg

両側に電線。



_MG_5623_20150517201717982.jpg


東の空。




_MG_5627_20150517201939ae2.jpg


_MG_5632.jpg


_MG_5634.jpg


_MG_5639.jpg


肌寒くなってきた。




_MG_5640.jpg

ここはどうやらもう起きだすことの無いようだ。

朝も、昼も、夜も、関係が無い。





_MG_5654.jpg



_MG_5655_20150517202208b07.jpg


バス停だらけ。




_MG_5646.jpg



_MG_5658.jpg


朝になりましたので、かえります。


おはようございます。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

姉さんとさざえ堂

2015.04.14.Tue.20:30
前回の続き。


廃墟から移動し、数十分。
ようやくさざえ堂のある場所へ到着。




_MG_2326.jpg



_MG_2327.jpg



_MG_2328.jpg


なんかしらんが舞っていた。




_MG_2329_20150414195822a76.jpg

白虎隊ゆかりの地だった。

それすらしらなかった。


ただ、おもしろい建物があると聞いて来ただけ。





_MG_2336.jpg


_MG_2338_20150414200713980.jpg


_MG_2343_201504142007304c8.jpg


_MG_2342.jpg

そして、ありました。さざえ堂。

へぇ、たしかに変わった建造物ですねぇ。造型も細かい。





_MG_2344.jpg


_MG_2346_201504142004458c4.jpg


_MG_2350_20150414201518f8c.jpg


_MG_2354_2015041420140498e.jpg

中も面白い構造になっています。

昇りと下りで違う場所を通るのですね。




_MG_2368_2015041420151724a.jpg


_MG_2377_201504142013288c3.jpg

この貼られている札はなんだろう。


子供の頃シールをベタベタ貼りまくったイスを思い出す。





_MG_2383_20150414202857353.jpg



_MG_2386_20150414202905cfc.jpg




さざえ堂、おわり。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

リアル紅魔館、『文翔館』。

2014.11.13.Thu.19:59


山形で撮影し、福島へ戻る道中、
せっかくだから観光をしながら帰ろうという事に、自ずとなった。

無論ひとりで決めたことだ。


私は、明確に言葉にして自問自答と言う手段で決断をすることが多い。
算数を覚えたての小学生が指折り、計算するようなものだ。




さて、帰る前に丁度良くTwitterでまわってきた、【リアル紅魔館】ともてはやされていた建物の存在を知った。
ちなみに、紅魔館とは東方projectにでてくる吸血鬼姉妹の住む洋館のことである。


山形市にある『文翔館』という建物だそうだ。


撮影の翌日(ちなみに車中泊をした)、そこへ向かった。

場所は、なんとも都合が良すぎることに、帰路のちょうど真ん中くらいに位置するところだった。
運転の休憩もかねて見学できそうだ。




_MG_6432_20141113192936cb8.jpg

四時間の帰路のうち、二時間で到着。


おや?

この場所には覚えがあった。  来たことがある。




そうだ、日本一周中に立ち寄ったではないか。

良い建物だなぁと思いながら、あのベンチに・・・。




_MG_6471_20141113193222210.jpg


そう・・・。このベンチだ。


私はこのベンチで休んでいた。

あの時はちょうど閉まっていて中には入れなかったが・・・。


そうか、こういう巡り合わせもあるもんだなぁ。
私と言う人間が無意識に引き寄せているのだ。



とたんに懐かしくなり、しばしあの頃に思いを馳せた。





_MG_6431_20141113192937ced.jpg

さて、気を撮り直し建物の外見から。

紅魔館とは似ても似つかない色の外壁だが、おそらく、部分部分で色が違うのだろう。




_MG_6434.jpg

さっそく中に入らせてもらう。

入館は無料だ。


たしかに洋風チックで、日本ではあまりお目にかかれない造りだ。

紅魔館に似ているかと言われれば、・・・まぁ微妙だが、建造物としてとても興味深い。




_MG_6462.jpg

このルネサンス様式のレンガ造りの建物は、元は山形県庁舎および山形県会議事堂だった。

現在では重要文化財として一般開放されている。




_MG_6438_20141113193216b18.jpg

見るからにとても豪勢な作りだ。

細部に至るまでが丁寧である。






_MG_6439-2.jpg


_MG_6448_20141113194718876.jpg

長いテーブルに、整然と並んだ椅子。


このテーブルの半分くらいの面積が、私の部屋の広さである。



この場合、いいたいことは「テーブル広い!」ではなく、「私の部屋狭い!!」である。





_MG_6450.jpg

調度品の、いちいち素晴らしいこと。


もう分かった分かった、と言いたくなるほどだ。





_MG_6455_20141113194713a92.jpg


中庭より。


なるほど、ここからみると紅魔館っぽいかな。時計とかもあってね。
赤レンガはいいなぁ。



ちょっとハードル上げ過ぎた感はあったが、それ相応楽しめました。




にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

『たまゆら』の町、竹原。④

2014.09.29.Mon.18:47
_MG_3690.jpg













_MG_3683.jpg













_MG_3687.jpg





















_MG_3680.jpg















_MG_3681_20140929183932630.jpg




竹の町、竹原にて。


(終)

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ