RAW | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

破損したRAWファイルを復旧する方法。

2014.09.05.Fri.19:59
こんばんは。


今日も写真を現像していたのですが、途中からRAWファイルが破損して見れたものではなくなりました。

トリミングして助かるようなものじゃない。



大事な写真たち。
一期一会の、もう取り返しはつかない思い出。


それらをどうにかして救出する方法は無いものかと頭をひねりました。

ちなみに、破損したRAWファイルを修復・復旧する手立ては直接的には無いに等しい。


なぜ壊れてしまったのかと言うと、粗悪なカードリーダーでSDカードを読み込んだせいだった。

まさかカードリーダー如きが、SDカード内のデータまでも浸食破壊するほどの脅威になるとは、当時は思ってもみなかった。






――一つひっかかったところが、Lightroomで完全に写真を読み込む前はぼやっとしていながらも五体満足な写真が浮かんでいる点です。

しかしやはり読み込み終わると、大部分が破壊されたむごい写真が現れる。


そして、エクスプローラーで開いているときのサムネは特に問題が無いのです。



もしやと思い調べてみると、RAWファイルには同時にサムネイルとしてJPGが埋め込まれていることを知りました。

埋め込まれているのであれば、掘り出す方法が必ずあるはず。


RAWからサムネを抽出する方法を探しました。




すると、こちらのフリーソフトがヒット。→JpegAnalyzer Plus

こちらはRAWを含む写真の解析ソフト。


こちらのソフトに、RAWからJPGを書き出す機能が備わっていたのです。

・・・しかし、書きだしてみても同じような破損した画像が出てしまいました。
よく分からんが、どうやら思ったのとは違うプロセスで書き出しされているようだ。




次にたどり着いたのは、suseiという画像ビューワのプラグインを使ってサムネイルをかき出すコマンドライン・ユーティリティ『crwtools』内の、ejcrwです。


こちらにRAWファイルをドラッグして突っ込むと、なんと。


なんと!!なんと!!!



無事に5400×ほどの(私のカメラでは)フルサイズの写真を抜き出すことができました!


もうだめだと諦めかけていた私は、歓喜した!

それは諦めずに戦い抜いた末の、大勝利だった。



というわけで、メモ程度に。
私と同じような境遇になってしまった方への手助けになれば、と書き留めました。



それでは。

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

しゃれの散文。

2014.08.22.Fri.20:05
こんばんは。


昨晩は、ちょっとした写真のお仕事の話が来まして、少し嬉しかったです。


そこで、希望されている写真、スピード感・動きのある写真をあさってはみているのですが・・・

これがなかなか無い。



性格的に、静物の方が好きだというのもありますね。


旅では自転車に乗りながら撮った写真もありますが、現像前でした。

しかも、そのRAW画像をLightroomに取り込んでみようとしましたが、なんとLightroom4では『RX100M3』のRAWは対応していないことが判明!


仕方なく、ソニーから現像ソフトをダウンロードしまして、
コントラストを下げたりニュートラルにしてJPGに現像出ししてから、その後Lightroomに取り込んで本格的に調整という形をとることになりました。

ちょっとした作業だったつもりが、ここまでややこしくなるとは。


そんな感じの一日でした。



あとは、こうして日常を送っていると散文が思いつきやすくて結構Twitterで書き込んでました。

アカウントはこちら→ しゃれの散文 - Twitter



本日は、その一部を紹介したいと思いますー。




「あの明かりがつくのは何番目のスイッチ」

一回で当たった時のプチ快感ね。



「スタッフロール後には自分ひとりだった。」

映画の話ね。私はスタッフロールを最後まで見る派。
余韻に浸りたいのと、最後になんかおまけ映像があることがあるから。



「かさぶたを剥がそうとして怒られている。」

はがしたい気持ちは分かるが。



「マフラーがほどけやすい体質。」

わたしあるある。



「この狭いトイレで室内側に引く扉とは。」

出にくいっちゅーの。



「クイズ番組、分かる時だけ答えてる」

自分に対しての虚栄心。



「敬語かタメ口かどっちつかずな言葉で話した。」

微妙に仲が良かったり、年上か年下か分からなかったりね。



「風呂場の鏡ではイケていたんだ。」

おかしいな。



「時間制限のある店のくせに時計が一つもない。」

うっかり延長させたろうという気マンマンだ。



「痛い思いをするだけに作られたとしか思えない、足の小指。」

タンスの角にぶつかる程度の能力。



「取ろうとすると切れる電話」

で、部屋に戻るとまた鳴って、再び取ろうとすると切れる。



「販売機のボタン、同時押し」

ちょっとイヤな方が出た。



「どんな田舎でも、自動販売機だけは最新だ。」

しっかり増税分の値段。




「会話の締めになると、お互いごちゃごちゃ言って終わる。」

電話とか、大人になるとそんな感じだよね。





などなど、こんな感じのことを呟いてます。



参考は、せきしろさん・又吉さん著の
『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』です。
あとは、「尾崎放哉」など著名な自由律俳句の廃人の方々も参考にさせていただいてます。


思いついたことをありのまま、ちょっと面白おかしく。
それでいて素朴で、噛めば噛むほど味が出る。


そんな文章を綴りたい。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

HOME.

2014.06.23.Mon.20:18
どうもこんばんはー。


いやはや、パソコンから更新知るの久しぶりだー!実に2か月と半月ぶり!


キーボードタイピングで文字打つの、すごいラク(笑)
いつもiPhoneでポチポチやってましたよ、ええ。

なんかfc2のインタフェースも良い感じにアップグレードしてるし、快適快適~。




昨夜、ようやく自宅へと帰宅しまして、久しぶりに自分の部屋に入りました。


すると、私をお出迎えしていたのは、

扉周辺に張っていたクモの巣! 
ほこりっぽい臭い!




しゃれ「うわ!!廃墟の臭いする!!!」



さすがの廃墟マニアとはいえ、自室が廃墟臭はちょっとイヤ(笑)


クモの巣をはぎ取り、リセッシュしました。





そんで、荷物などを整理したりなんだりやって、置いていったレンズやパソコンなどと再会。

一応、旅前に百均で買ったケースに除湿剤を入れて、簡易な防湿庫を作ってその中に入れておいたのですが、特に問題なかったので良かったです。



・・・と思いきや、写真を撮り込んでいると突然パソコンさんが落ちるという。

起動しようとしても、すぐにコトッって落ちる。


こ、これはガチで壊れたんじゃ・・・(; ̄Д ̄)

なんだ、ほったらかしにされて拗ねたんか!?


で、色々とイジイジしてみて、調べたりしてみたりして、なんとか原因が分かりました。




IMG_5990_20140623195802be9.jpg

こいつが悪さしてたようです。
バッテリーの経年劣化ですね。

これを外して電源ボタンを押すと、問題なく起動しました。


ほっ・・・。( ;-.-) =з




で、久々にLightroom起動!

だいぶブランクあるので、ちゃんとできるか不安・・・ドキドキ



_DSC06608.jpg

iPhoneの写真は整理するだけで終わったのですが、
コンデジと一眼レフの写真はRAW現像をしなくてはなりません。


まずはコンデジRX100の写真から現像なのですが、
懐かしい旅立ち初期の写真を見て、当時の色々な記憶が巡ってきたりして楽しく現像できました。

写真は記憶の取っ手ですねぇ。




_DSC06602.jpg

不安だった現像ですが、昔取った杵柄といった感じで、なんとかやれてる感じです。


ちょっと拙さは出てるなぁと思いながらもw




_DSC6647.jpg

今年の桜は早く終わっちゃったなぁ。

桜前線に向かって交差したからねぇ。




_DSC6673.jpg

というわけで今日は桜の写真を。


現像しかしてないので、日記として書くこともこれ以上はないし・・・。




_DSC6658.jpg

夜桜。



どこの桜もみな、美しかったなぁ。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

デジタル現像作業で1日が終わる。

2013.08.22.Thu.19:47
こんばんは。



夕暮れトンボ

さてさて、夏の日も釣瓶落としなもので。

写真の現像をしていただけで、易々と一日が終わってしまいました。



今日は、余っている写真と共に、現像のことを語りましょう。。。





紛れ込んだ異分子

まず、私の使っているRAW現像ソフトは『Lightroom4』である。

このソフト、性能は素晴らしいのだが、クソ重い。



・・・いや。わかってる。わかっているんだ。

私のノートPCのメモリや、CPUの性能がそのソフトに見合っていないだけなことは。



だから、よく処理落ち(?)して写真の書き出しに失敗する。


何回やっても無理な時は再起動すれば大概クリアできる問題だが、
そのこともあり、現像には膨大な時間を費やすことになる。





_MG_3965.jpg

その時間というものが、写真の加工作業が最長でも5分で完了するとして、書き出しに10分はかかるのだ。


先週行ってきた旅行の写真なんぞは、総合枚数655枚だった。


写真が趣味でない者には、この枚数は異常とも感じられるだろう。



しかし、この界隈ではアマチュアカメラマンでも、一日に1000枚は撮るのが普通だと耳にした。

私が行ってきた旅行の日数は5日間。
これでも私は、かなり少ない方なのだ。





_MG_4036.jpg

話が逸れました。

で、写真が655枚だとして、その中の20枚がボツ写真だとする。

655-20=635


そして、写真一枚あたりにかかる時間が15分。

635×15=9525


この単位を[時間]に直す。

9525÷60=158.75



ひゃ、158時間!?



158.75÷24=6.614...




6日間!!?

飲まず食わず不眠不休でやっても、6日間以上!?


めまいがしてきた・・・。





_MG_3960.jpg

明確な数字にすると、どれだけえらいことをやっているか分かっちゃいましたね。

自分から給料を取りたいレベルです。(意味不明)


でも、なんだかんだで、現像も最終日の所まで行っているのであと一息ですね~。




というわけで、作業に戻ります。

それでは!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

卒業しました。

2012.03.01.Thu.21:56
こんばんは。

祝・卒業


今日、晴れて高校生を卒業しました。しゃれです。


まずは順を追って、今日の出来事を書き綴りましょう――。



卒業の朝
朝、何の変哲もなく卒業の日は訪れました。


いつまでも、いつまでも、変わらずに・・・
いつも通りの通学路を歩きます。

今日でこの通学路ともお別れ・・・。
さみしくなりますね。


マフラー
少々浮足立った友人たちとあいさつを交わし、HRが始まります。


卒アル
そして、卒業アルバムが配られました。

そこに写る私は、やはり今の私と比べると、顔つきが違うというか、持っているものが違く感じました。


あの時の私が今の私を見れば褒めてくれるでしょうか。
それとも、「なぜベストを尽くさないのか?」とあの頃の口癖で煽られるのでしょうか。


…私なりにベストを尽くしたつもりなのですよ?



避難訓練ではない避難をするかのような
担任の先生の話が終わって、卒業式が始まりました。

3年生の入場です。


まるで避難訓練でない避難をする時のような感覚。

  「え?本当の本当に?」

と。



そんな私の目に、体育館入口の床に張られたテープに書かれている文字が映りました。


「胸を張って!」


私は猫背の体を持ち上げ、胸を張りました。

堂々と、前を向いて。



――卒業式は、無事に終了しました。


泣いている人もいました。

途中、お腹の調子が悪くなって、2回も体育館を飛び出してトイレに駆け込む卒業生もいました。

私はというと、特に感慨深くなることにも飽きて寒さに震えていました。
すっかり、いつもどおりの私に戻ってしまったようです。


卒業証書
卒業証書は、式では代表者だけ渡され、教室でみんなに卒業証書が渡されます。


一人一人と卒業証書を受け取り、そのたびに拍手が鳴り響きます。

私ももれなく、卒業証書を受け取りました。




それから先生方からの話があり、あっという間に放課後になってしまいました。

寄せ書き
放課後は、卒業アルバムに寄せ書きを書いたり、写真を撮りまわったりと忙しく立ち回りました。


クラスメイトのおおーさんとえびせんとはクラス会で会うので、一旦別れます。

あやかやまりえ達にも一瞬だけ顔を出し、生花部の花束贈呈の場へ。



貴女に花を
生花部はもう少し活動が多かったら部長として部を団結できたかなぁと思うくらい、この期間で急速に仲を深めることができました。

いつの間にか自分、こんなに人に積極的に話しかけられるようになった。成長した。


生花部による花束
生花部による花束はさすがで、ポップな色の花の配色が美しかったです。
さすが、生花部。

生花部ではもう周知の事実である、しゃれカメラマンが縦横無尽に撮りまわりました。


祝福の花束
もう少し早くこうして自由に撮りまわれることができる環境作りが出来ていたなら、もっと楽しかったのかもしれない、と少し名残惜しさも感じます。


ちなみに、今日は全ての写真をRAWで撮りました。
大切な日の写真なので、失敗したくないなーと思い、にしました。


さようなら、私たちの過ごした場所
生花部を最後に、学校を去ります。

もう学校にも、教室にもほとんど来ることができない。
心と写真に焼き付けます。



学校を去った私は、友人の車に乗せられて、『焼肉園』という焼肉屋に。

そこで、我が3年2組のクラス会があるのです。

・・・といっても、13人の仲良し組で構成された非公式のクラス会ですが。


そこに私もお呼ばれしていたので、焼肉焼肉。


焼肉なう。
みんなで乾杯をしてから、焼肉焼肉。

私も食べます食べます。


友人たちが勝手に私のたれ皿に、どんどん焼きあがった肉や玉ねぎを入れるので、とても忙しかったです。(^^;)

そして、どんどん宴会的な雰囲気になるクラス会であった。
酒は飲まなかったが。


お片付け
色々な雑談やゲームをし、自主的に皿などを片付けます。

友人「俺たち、すげぇいい客wwブフォwww」

私「・・・(白い目)」



片づけた後は、私の提案で撮影会をすることにしました。

人間ピラミッドを作ったり、久々に使うセルフタイマー機能に悪戦苦闘する私。


とても楽しかったです。


卒業の日の夕焼け
宴会後は、女子組と男子組と、帰らないといけない組に分かれ、男子組の二次会に私も行きました。

二次会は、ゲーセンでいつものように遊ぶだけのものでした。
でも、それが逆に最後にふさわしいものだと感じたのは、きっと私だけではなかったでしょう。

存分に遊び、別れました。


「またな」と。




――この度は色々な方が、私の卒業をお祝いしてくださいました。


初春とは久々にたくさんお話をしました。(撮影は拒否されましたが。(´∀`;))

「いつでも部活に遊びに来てくださいね」と言ってくれた初春には、
卒業生が胸につける造花を贈り、「がんばれよ」と頭を撫でてから別れました。


ブログで交流のある方々からも暖かいコメントをいただきました。

そして、今日は諸事情で来れなかった鈴にも。


昨日スタッフロールでニックネームを出した方々や、両親、埼玉にいる親友・・・。

本当に本当にありがとうございます。


私は、色々な方々に支えられ、背中を押され、

 心置きなく卒業することができます。


皆さんの変わらぬご清栄をお祈りいたします。


それではみなさん、新生活編に入る私のブログをこれからもよろしくお願いいたします。m(__)m

また明日!
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ