鹿狼山 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

2017年 あけましておめでとうございます。

2017.01.01.Sun.22:41
こんばんは。




そして、あけましておめでとうございます。

今年もよしなに。






毎年恒例となっている、鹿狼山。


なんだかいつのまにか、日本一早い山開きということになっていた。
常磐線開通記念で、イベントっていうか花火みたいなの初めにやってた。

いやはや数年間恒例で登ってきたけど、毎年増えるなぁ。今年は何千人くらい登ったんだろう。
正直、ひっそりと登ってた頃に戻りたい。


いまや芋洗い状態で、ひとつのフルマラソンのスタートみたいにこぞって登山して、もういややわぁ。
年始めから人混みとかいややー。



そんなこんなでとりあえず、登頂。







鹿狼山神社がポケストップになっており、サンタピカチュウとともに日の出を待ち望みました。


おまえいつまでクリスマス気分なんだよ!かわいいからいいけど。










今年の初日の出。


長細い雲にかかって、なんだかちょっと神秘的。







相馬やその周辺が一望できる。









登山者たち。







下山してそのあと、相馬の主な神社に初詣に行きました。

おみくじが半吉。


なんとも微妙だ。




そんな元旦でした。


いいとしになりますように。


スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

2014年 新年あけましておめでとうございます。

2014.01.01.Wed.18:54

みなさま、新年あけましておめでとうございます。



――というワケでですね、明けましたねぇ。


今朝は初日の出を、鹿狼山という山に登って見てきたので、その写真を載せますよ。

久しぶりの、リアルデイ更新ですね。


はじめます。





私は今朝、4時半に起きる予定でした。

しかし、寝坊をし、5時に起きました。


寝ぼけた脳みそは覚醒し、身体を跳ねさせました。

急いで一緒に行く予定だった父を起こし、急いで準備。


そして、車で鹿狼山へ。

麓へ到着すると、
すでに車は駐車場を溢れ、路駐祭り。


カメラバックとカメラと、三脚を担いで車を出ると、父が何かに叫びました。


しゃれ「なした!」



IMG_1628.jpg


父「鍵が・・・」


( ゚Д゚)ぽかーん



しゃれ「おっ・・・これはっw 


年始早々、やってくれたな!




今年は厄年だっただろうか。

なかなか不吉な一年のスタートですよ。(笑)




_MG_4026.jpg

車を停めたところから入口までで、息を切らしてしまう我々。


時刻は、6時に差し掛かる所だった。

日の出の予定時刻は、7時くらい。


果たして間に合うのか・・・!




_MG_4027.jpg

父を置いて、私は一足先に撮影ポイントを抑えるため、走りました。

久々に走って、くるしい。


もう、東のそらは明るい。いそげいそげ。




_MG_4031.jpg

6時30分。

ようやく、頂上に着いた。


なんとか、大丈夫そうだ。




_MG_4032.jpg

に・・・

しても、すごい人の多さだ。


頂上から人が押し出され落ちてしまうんじゃないかというくらいの、満員山頂。




_MG_4029_20140101181119a5e.jpg

とりあえず、撮影ポイントは何とか確保しました。

去年と同じような場所になった。


人は多くても、本格的に写真を撮ろうって人はさほど多くないので、
少し妥協くらいすれば、問題なく日の出写真くらい余裕で撮れる。

頂上から少し降りた傾斜の途中に、三脚を構えた。




_MG_4034.jpg

花火が上がった。

頂上の方では、万歳三唱が行われているようだ。


それは、初日の出の合図だった。



_MG_4036_201401011831010ca.jpg

雲が無く、とてもいい天候だった。

いつもは雲で見えなかった、本当の日の出が見れた。



_MG_4042.jpg

それに加え、一瞬だるま型になったという奇跡。


というか、“だるま太陽”を撮ったのはじめてだ。

感動。




_MG_4055_20140101183114601.jpg

海からあがった。



_MG_4058.jpg

年が明けたという感じがするのは、実にこの時だろう。


太陽が昇った時だ。



_MG_4068.jpg

いやー、明けましておめでとうございます。


なんて、自然に口からご挨拶が出ちゃう感じ。わかるかな。




_MG_4080.jpg

縦構図でも撮ってみるか。



_MG_4107.jpg

だいぶ昇ってきた。

そろそろ下山しやしょうか。



_MG_4113.jpg

海も凪いでいて、すばらしい環境の初日の出だったなぁ。

こんな見事なやつは、今後数年は見れないかもしれない。



_MG_4096.jpg

こういうのもありか。



_MG_4121.jpg

_MG_4126.jpg

さっきまで、身を切るようだった気温です。

いまや太陽の力によって、ネックウォーマーを剝がされた。


偉大ですね。太陽は。


陽の光を感じながら、下山しました。

ちなみに、鍵は自分で直した。(笑)


つまり、今年はよくないことも自力で乗り越えられる成長の年になるという事ですね。
がんばります。



そんな感じで、最高の初日の出でしたよ~、っと。



それではみなさま、

2014年 今年もよろしくお願いします!!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

あれっ、この山こんなに登るんだっけ??

2013.12.10.Tue.18:58
なんとなく鹿狼山という、今年の初日の出を拝んだ山に行ってきた。


さぁて登ろうと、思ったら・・・



_MG_2956.jpg

近くに廃墟があることに気付いた。


もちろん、降りて行ってみる。



_MG_2944.jpg

何件か連なっている・・・。

どんなことをした建物だったんだ・・・?



_MG_2955.jpg

おや。

あれは。


廃墟の外へ出て見ると・・・。



レンガ造りのなにか


な、なんだ?


3本のレンガ造り円筒型の建造物。




あみだ柄

四角い穴に、外側に設置されたはしご。


何に使われていたのか、はなはだ疑問だ・・・。

わからん!



_MG_2950.jpg

中を覗いてみても、植物ばかりが生えておって、よくわからぬ。

だめだなこりゃ。謎だ。



_MG_2962.jpg

謎を残して、鹿狼山を登山する。


思ったよりもキツかった・・・。

この山、こんなに高かったっけ?




_MG_2963.jpg

道中は、あまり写真を撮る余裕もなく。


ご愛嬌。



_MG_2966_201312100939252bd.jpg

登山すること50分。


登頂!

ついた。


だーれもいないです。




_MG_2970.jpg

火発だー。



_MG_2971.jpg

_MG_2975.jpg

私の故郷、相馬の風景を望遠レンズで堪能した。

こうして俯瞰から見知った風景をのぞくと、面白いものだね。



足元の秋

さ、下山だ!


モミジを掻き散らしながら下りますよぉ。




_MG_2989.jpg

とまれねぇええええ!!


しかも、この時、私の足は筋肉痛。

止まる力もなく、流しそうめんのように、私は斜面を猛スピードで落ちて行った。



_MG_2985_20131210094524183.jpg

なんとか、石段の手前で踏ん張って止まった。


下山は楽かと思ったら大間違い。

エンジンブレーキ効かせないと、大事故を招きますよ。




_MG_2980.jpg

あとは紅葉を楽しみながら、えっちらおっちら下る。



_MG_2986.jpg

麓までついたー!

・・・と思った矢先、ころんだ。


ツイてねぇ。




_MG_2992.jpg


鹿狼山、しゅうりょ~。


来年はもっと早い時期の、紅葉が綺麗な天気のいい日に来たい。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

そうだ、今年こそ初日の出。

2013.01.01.Tue.20:16
こんばんは皆様、そして


  明けましておめでとうございます。


今年もなにとぞ、

私こと「しゃれこーべ」および、当ブログ『フラジールに蕩れ。』


よろしくお願いします。m(__)m




――さて、2013年巳年の今年。

初の記事となります。



昨夜、年明けは呆気なく迎えてしまいました。

いつも通りの早さで時間が流れ、2012年から2013年となりました。


年越しそばを食べて、あとは寝るだけ・・・。



しゃれ「そんなわけはない」


写真愛好家として、このあとやらなければいけないことがあります。


しゃれ「初日の出だッ!」


そう。
毎年撮りに行けども、天気に恵まれずまともに見れないことの多い“初日の出”です。


今年はぜひとも拝んでおきたいところ・・・っ!


そういうわけなので、

しゃれ「そうだ、山に登ろう。」


(なんかこの構成っていうか、むりやり盛り上げてる感ウザいですね。自己嫌悪(笑))




結果、太平洋が一望できる、『鹿狼山』へ登ることにしました。

「自分も行きたい」と父も付いてきました。



IMG_6904.jpg
鹿狼山登山口。

ここでは、早めに来た人達が日の出前のタイミングまで待機しておりました。


私は、夜景も撮りたかったので早めに登ることにしました。



IMG_6907.jpg
三脚もかついでいるので、そうとうの重量・・・。

運動不足も相まって、息が切れました。



IMG_6911_20130101193100.jpg

登頂!


鹿狼山頂上には、もう人がチラホラとおりました。
鹿狼神社に真っ先に参拝し、待機します。


私は三脚の足をのばし、早速撮影の準備に取り掛かります。

まだこの時、4時30分くらいでしたからまだ早いんですけどね・・・。


IMG_6912.jpg
月は、十八夜。

月が明るく、登山時は助かりました。
ライトも持っていきましたけどね。


IMG_6913.jpg
皆様、寒そうでございます。


私も、もちろん寒かった。
登山途中は暑かった体も、展望しやすい頂上の開けた地形の寒風にさらされ、冷えていきます。



IMG_6915.jpg
夜景撮影。

いつもは無い照明のせいで、フレアがでてしまいました。


IMG_6916.jpg
加工で修正。


IMG_6919.jpg
遠くに火力発電所が見えます。


IMG_6920.jpg
カメラで長時間露光すると、空が赤らんできているのが分かります。


ワクワクしてまいりました。



 続きます→
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

そうだ、鹿狼山登ろう。【登頂・下山編】

2012.05.01.Tue.20:10
こんばんは。


今日明日と仕事ですが、それをこえればようやく4連休。

GW(ごーるでん・うぃーく)となります。



今から色々な予定を立てているのですが、いかんせん全てが未定

誰と遊ぶかは大体決まっているのですが、その内容なんかが不確定なのです。


まぁ、ぼちぼち何とかなるでしょう。



IMG_8575.jpg
――さてさて、今回は予定通り、鹿狼山に登った時の記事の続き。


あらすじ:
突然、親に朝っぱらからたたき起こされ、鹿狼山行きを宣告された私は、
妹と共に(母は途中でドロップアウトw)登山をすることになったのであった。

そして、私は屋根らしきものを見つけるが・・・?



IMG_8577.jpg

しゃれ「ついたぁぁぁぁぁあああ!!!!」


妹「はぁああ。やっとついたぁあ・・・。」


春の山
突然木々が開け、この絶景。


IMG_8588.jpg
登頂、である。


IMG_8580.jpg
登り口があんなに遠く下に・・・。

まるで、ゴ(ry


IMG_8582.jpg
妹「私たちの家、どこらへんかな?」

しゃれ「あそこが火力発電所だから、あっち・・・だけど、霞んで見えないね。」

妹「(´・ω・`)」


IMG_8585.jpg
この山の神様を祀っている『鹿狼山神社』

たぶん、オンリーワン神社です。


近くには、登山関係でなのか『足尾神社』もありました。



山奥へといざなう石段
しばらく山頂で休んで、母の待つ下界へと下山。


休日の父子
途中で、某クルマCMに出てきそうな、仲の良い父子が。

IMG_8591.jpg
一輪だけ咲いている桜花を見つけてパシャリしていると、同じく下山してきた50代くらいの夫婦に話しかけられました。

おじさん「何を撮ってるの?」

私は笑って、桜花を指さしました。


おじさん「おお、桜かい。一つだけ咲いてるんだ?」

おばさん「ほんとだねぇ。」

ゆっくり頷く私。


結局、私は一言もしゃべらずに夫婦は下山をしていきました。

ボディー・ランゲージってやつですね。


IMG_8610.jpg
休憩ポイント。

Hole
テーブルに大きな穴が開いてました。

そして誰かの忘れ物か、イーグルスバッジが。


IMG_8622.jpg
もう下山もたけなわと言ったところで、近くの草むらからガサガサッと音がしたかと思ったら、鳥でした。


妹「何かに似てると思ったら、『おばちゃん』じゃないか!」


しゃれ「・・・あーっ!はいはい。ゼルダの伝説のやつね?」



参考画像↓
various05_070924a-l.jpg
『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』に出てきた、天空人。
生理的に無理なオーラがむんむんです。


そして、さほど似てないにもかかわらず、1秒ほど考えただけで分かってしまった私は、きっと天才。(笑)



下山
そして、無事に下山!


IMG_8625.jpg
お昼なので、近くのお食事処へ。

かき揚げそば
かき揚げそばを食べました。

んまいっ!



~ 何のオチもなく 完 ~



翌日、足が微妙に筋肉痛になったのは言うまでもありません。

でも、相変わらずの絶景でしたね。
楽しかったです。( ゚∀゚)b


それでは、この辺で!
また明日。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ