鬱病 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

死んだ世界線で戦う者たちへ。

2013.04.04.Thu.20:45
こんばんは。


_MG_0213.jpg

今日は、いい天気でしたね。

週末は悪いみたいだけれども。



本日の写真は、いつかの仕事終わりに散歩して撮ったものになります。


_MG_0216.jpg

会社休んだ。
ほぼ一日中寝てた。

写真編集、はかどらなかった。
Lightroom4がアップデート。


少し近所をお散歩した。

行きはよかったが、帰りはしんどかった。
いきはよいよい~ってやつか。的を得ている。



_MG_0209.jpg

働かないせいか、体中が痛い。

いや、これは昨日のバドミントンのせいだろう。その筋肉痛だろう。
どちらにせよ、そう考えないとやってられない。



_MG_0211.jpg

今日は意外と珍しく、夕日が沈むのを眺めることに成功した。

今まで、こんなにじっくり太陽を見送ったことはあまり無かった。


運命のように毎日沈んでいく太陽を見ていると、せつない。

私も毎日どこか沈んでいる。ときに、浮く。




_MG_0219.jpg

昔からそうだったのだ。
学校すら行くこともままならない性格だった。


社会に適合しているか、否か。

私の場合は先天的に、「否」だったのだ。




_MG_0220.jpg

わかっていた。
自分には会社勤めなんて、(他人がしているように)まともにできやしないことを。

これからも、自分のペースメーカーでメンテナンスする日を、
タイミング良く、チマチマ作っていくしかない。




_MG_0210.jpg

色々な言葉は聞いてきた。

でも、誰しもがそう生きて行けるわけじゃない。


つらいつらいと、言いながらも笑っているやつらが蚊帳の中にいる。

私はそんなことさえ言えないほどにまで、もっと能動的な拒否反応を自分の内に感じている。



_MG_0217.jpg

鬱病とは違う。
そういうのは、普通に生きていける人間が病むものだ。

言い換えるなら、後天的なものだ。


私の先天的なこのアレルギー反応は、理性でコントロールできる部分を凌駕しかねるほど。
思うに、個性的な本能なのだろう。



_MG_0223.jpg

子供の頃。
小学校への通学路を、私は遊びながら毎日通っていた。


それは、自分をだましだまし通わせるためだ。



今もそうだ。
何も変わっちゃいない。


会社に行く途中、車の中でラジオを聞きながら笑ったり、相槌を打ったりしている

毎朝、自分のご機嫌をうかがわないとならない。
ヘタに損ねると、車はUターンしかねない。



「みんなそんなもんだよ。」


そう言う奴もいた気がする。

例えそうだとしても、私の問題は何も解決しないということを知っておいてほしい。




さ、明日からまた戦いが始まる。

きっと、みんなが自分と戦っている。



皆より勝率が低い私ですが、どうぞお手柔らかに。


でないと、また風邪にかかりそうだ。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

こころ。

2012.11.09.Fri.17:51
こんばんは。


IMG_5316.jpg
せっかくの五連休だっていうのに、どこにも行かず、部屋でくすぶっています。

本当はどこか行きたい。
でも、なぜか体が動かない。


後から後悔するって分かってても、「損してるなぁ」と思いつつも、私は部屋に引きこもっていたのです。

たまに外の空気を吸いに出るくらい。
吸いがてら、撮影するくらい。


IMG_5319.jpg
五日間もあれば、どこへだって行けるはずなのに。

自転車時代の昔と違って、今は車もある。
それでも、自転車時代よりも遠くへ行けなかった。

確かにあの時は、車を持っていなかった。
でも、あの時持っていて、今は持っていないものがあることに気付いた。


一番大事だったのは、「気力」とか「情熱」だったんだ。


自分にイラついている。
歯がゆい思いをしている。
行き場の無い怒り。
焦り。
ゲームがうまくいかないときのような、面白くなさ。



今まで楽しかったことが、急に楽しくなくなって、楽しく感じられない自分に悲しさを感じる。


楽しめないというのは、この上なく辛い。

生きがいが無くなれば、生きられない。




IMG_5320.jpg
そこで、問題なのは、

「自分は今、何をすれば楽しくなるのだろう?嬉しくなるのだろう?喜ぶのだろう?」

という、ごく単純な自己分析である。



 新しく買った、魚眼レンズ。

確かに、撮るたびに楽しい。
しかし、イマイチ色あせた感動を感じるのだ。


 私の一番の趣味、旅。

確かに、どこへ行こうと、なんだかんだで楽しい。

でも、なんというか感情の振り幅が小さく感じる。
そして、ますます損していると感じる。嫌気がさしてしまう。



色々考えては見たが、結論

こういう時は、悔しいようだが、
何もしないでだらだらする――「休む」のが、一番のような気がする。

もしくは、とてもくだらないことをしているのが一番楽しいように思う。



例を挙げてみる。

一日中、ネットサーフィンしてたり。
一日中、寝てたり。
一日中、働くアリを眺めていたり。
一日中、Tumblrでリブログしていたり。
一日中、海の水平線を見つめていたり。
一日中、本を読んでいたり。



多分、感情ってものはエラーが溜まりすぎると、動作が重くなるんです。パソコンみたいに。

だから、一度電源を消してみるのもいいですね。


目がうつろになるような、頭が空っぽになるような・・・

そんなことが、今、最も必要な気がします。




「治んなきゃ!」
「元気にならなきゃ!」
「楽しまなきゃ!」
「休まなきゃ!」


そうやって、気負って、焦ったら逆効果だと思うんです。



「治るまで故障していよう」
「元気になるまで憂鬱でいよう」
「楽しめるようになるまで鬱屈していよう」
「眠くなったら寝りゃ良い」



そういう風に、「自分を信じる」のが大事なんだって思うんです。

ここで終わらない。
まだ往けるようになる。



IMG_5283.jpg

『きっとまた笑えるようになる』

そう信じて。


また明日。


IMG_5282.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ