頂上 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

2014年 新年あけましておめでとうございます。

2014.01.01.Wed.18:54

みなさま、新年あけましておめでとうございます。



――というワケでですね、明けましたねぇ。


今朝は初日の出を、鹿狼山という山に登って見てきたので、その写真を載せますよ。

久しぶりの、リアルデイ更新ですね。


はじめます。





私は今朝、4時半に起きる予定でした。

しかし、寝坊をし、5時に起きました。


寝ぼけた脳みそは覚醒し、身体を跳ねさせました。

急いで一緒に行く予定だった父を起こし、急いで準備。


そして、車で鹿狼山へ。

麓へ到着すると、
すでに車は駐車場を溢れ、路駐祭り。


カメラバックとカメラと、三脚を担いで車を出ると、父が何かに叫びました。


しゃれ「なした!」



IMG_1628.jpg


父「鍵が・・・」


( ゚Д゚)ぽかーん



しゃれ「おっ・・・これはっw 


年始早々、やってくれたな!




今年は厄年だっただろうか。

なかなか不吉な一年のスタートですよ。(笑)




_MG_4026.jpg

車を停めたところから入口までで、息を切らしてしまう我々。


時刻は、6時に差し掛かる所だった。

日の出の予定時刻は、7時くらい。


果たして間に合うのか・・・!




_MG_4027.jpg

父を置いて、私は一足先に撮影ポイントを抑えるため、走りました。

久々に走って、くるしい。


もう、東のそらは明るい。いそげいそげ。




_MG_4031.jpg

6時30分。

ようやく、頂上に着いた。


なんとか、大丈夫そうだ。




_MG_4032.jpg

に・・・

しても、すごい人の多さだ。


頂上から人が押し出され落ちてしまうんじゃないかというくらいの、満員山頂。




_MG_4029_20140101181119a5e.jpg

とりあえず、撮影ポイントは何とか確保しました。

去年と同じような場所になった。


人は多くても、本格的に写真を撮ろうって人はさほど多くないので、
少し妥協くらいすれば、問題なく日の出写真くらい余裕で撮れる。

頂上から少し降りた傾斜の途中に、三脚を構えた。




_MG_4034.jpg

花火が上がった。

頂上の方では、万歳三唱が行われているようだ。


それは、初日の出の合図だった。



_MG_4036_201401011831010ca.jpg

雲が無く、とてもいい天候だった。

いつもは雲で見えなかった、本当の日の出が見れた。



_MG_4042.jpg

それに加え、一瞬だるま型になったという奇跡。


というか、“だるま太陽”を撮ったのはじめてだ。

感動。




_MG_4055_20140101183114601.jpg

海からあがった。



_MG_4058.jpg

年が明けたという感じがするのは、実にこの時だろう。


太陽が昇った時だ。



_MG_4068.jpg

いやー、明けましておめでとうございます。


なんて、自然に口からご挨拶が出ちゃう感じ。わかるかな。




_MG_4080.jpg

縦構図でも撮ってみるか。



_MG_4107.jpg

だいぶ昇ってきた。

そろそろ下山しやしょうか。



_MG_4113.jpg

海も凪いでいて、すばらしい環境の初日の出だったなぁ。

こんな見事なやつは、今後数年は見れないかもしれない。



_MG_4096.jpg

こういうのもありか。



_MG_4121.jpg

_MG_4126.jpg

さっきまで、身を切るようだった気温です。

いまや太陽の力によって、ネックウォーマーを剝がされた。


偉大ですね。太陽は。


陽の光を感じながら、下山しました。

ちなみに、鍵は自分で直した。(笑)


つまり、今年はよくないことも自力で乗り越えられる成長の年になるという事ですね。
がんばります。



そんな感じで、最高の初日の出でしたよ~、っと。



それではみなさま、

2014年 今年もよろしくお願いします!!

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

霊山の頂。

2013.07.01.Mon.19:37
こんばんは。



_MG_3135_20130629212234.jpg

色々あって、日が空きましたが、霊山の記事つづけますよ。


実は、まだ続いていたんですね~。(笑)

でもま、ぶっ続けで風景写真を上げていくのは飽きるので、これで良かったかも。




_MG_3160.jpg

たまにある看板に導かれ、登っていく。



_MG_3166.jpg

そして、ようやくたどり着いた場所は・・・。



日本の原風景

頂 上 !



なんて、なんて高いんだッ!

まるで、神にでもなったような気分だぜ!


みろ!下界がゴミのようだ!!




_MG_3169.jpg
ここでしばし休憩。

目の前の絶景に、精神から疲れを癒します。



[高ければ絶景]なんて、安直な気がするけど、感動してしまうものは仕方ない。

どうあがいても、空を飛べぬ私たちには珍しい観点なのだ。





_MG_3170.jpg
反対側の「猿飛び岩」という岩にも、登ってみました。


うわー。!

こっちもこれまた、すげぇな。




雄大

まさに、「日本の原風景」って感じ。


余計ない人工物が無い、現代に残る自然だ。

うーん。とっても、なちゅらー。





_MG_3179.jpg
頂上付近の景色を堪能した後、

私は「無線中継所跡」という、廃墟臭ただよう看板につられて、行ってみました。




_MG_3190.jpg

そして、あらわれた建物は・・・。


至極、期待通りのものだったのです。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

花見山に花見に行こう。 ~八分咲き~

2013.04.12.Fri.20:42
こんばんは。


ようやく朦朧とした平日を乗り切り、明日から休日です。

金曜日の仕事終わりの爽快感といったら、ハーブが鼻をスッと通るような心地よさ。


明日はいよいよ、桜をがッつりと一日かけて撮って来たいと思います。
日曜は、少し遠くの名桜でも撮ってこようかなと。



Date:2013.3.30

_MG_0428.jpg
花見山の記事が尾をズルズルと引いています。

これ以上続けると足が出そうなので(尾から足、つまり『蛇足』)、次の更新で終わりにしますね。


さあさ、いよいよ花見山を登りますよ!

おいっちぃに~さんしー。(←空腹だけどカラ元気)



_MG_0429.jpg

_MG_0433.jpg

_MG_0430.jpg
紅白に咲く、おめでた色の梅花。

その合間合間から見える、福島市の街並み。


なかなかいいですね。




_MG_0437.jpg

_MG_0427.jpg
しかしながら、途中で気づいたんですが、こちらは登り口ではなく降り口だったようで。

まぁ、他にも気づかずに登っている人もいますし、そんなにすれ違いませんし、このまま登りぬきましょう。




_MG_0438.jpg

_MG_0440.jpg
黄色いポップコーンのような花をみつけました。

うーん、ポップだなぁ。
なんという花だろうか。

青空と絶妙にマッチしていて、いいですな。



_MG_0446.jpg
桜です!桜です!

今年初めて桜を見ました!


どうやら頂上付近まで登ってきたようですね。



_MG_0447.jpg
その前になぜか気になるこちらの花、まるでバナナのようだ。

【バナナの花】
バナナは実らない。


勝手に命名してみました。
真に受けると恥をかきます。



_MG_0453.jpg

_MG_0466.jpg
そして、久しぶりに見る桜をじっくり鑑賞。


やっぱり、梅と桜って全然違うわー。
少し前まで違いが判らなかったけど、今年はさすがに分かったか。

雰囲気が違うんだよね。

その雰囲気と思っているものが、なんらかの違いなんだろうけど。




_MG_0460.jpg

_MG_0464.jpg

_MG_0452_20130412201553.jpg
ほう。
これが噂の八重桜・・・。

確かに、一般的なソメイヨシノの花弁とは、形が全然違いますね。


正式名称は『十月桜』というらしい。

十月にも咲くんだってよー。




_MG_0457.jpg
頂上からの眺望。

まぁ、普通。
下山します。



_MG_0470.jpg
石灯籠?

なぜ、こんなところにこんなものが。



_MG_0472.jpg
やたらサラサラヘアーな木。

やたらサラサラなので、(ヅラなのでは)と疑う私。



_MG_0474.jpg
バナナの花、リターンズ。


_MG_0476.jpg
管理も大変なんだろうなぁ。


_MG_0486.jpg
折角の、すばらしい観光地です。


ぜひこれからも保護し続けて?

ほちぃ   ←
ほちくない




_MG_0488.jpg

_MG_0490.jpg
みなさん、ここで良い休日を過ごされておりました。

私も、そうだね。
良い休日になっていると思う。


_MG_0499.jpg
満足感に浸りながら、登山口に戻ってきました。


さて、お腹もすいたし、そろそろ行きますか。





 最終回へつづきます→
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

そうだ、今年こそ初日の出。(その2)

2013.01.02.Wed.19:58
こんばんは。


IMG_7005.jpg
早くも元旦が過ぎ去りました。


おせちを食べ、Tumblr。

寿司を食べ、Tumblr。


おまえッ!正月からTumblrばかりして、他にやること無いのか!



もちろん、他にもやりましたとも。


価格コムで、正月特価になっているものは無いか見て回ったり

今回も掲載する、写真の編集。

あやかし百鬼夜行で『三吉鬼』討伐。


あれっ、パソコンしかいじってないぞ!


あとは、遅ればせながら友人らにあけおめメールを。

理由は『大雪による遅延』にしときました。 交通機関か!



IMG_6922.jpg
記事は昨日の続き、鹿狼山にて初日の出を拝みに行きました。


年と夜が明ける頃
時刻は午前5時を回り、東の空は目視できるほどにまで赤みを帯びてきました。

観客のボルテージ(興奮)も高まって参りました。



IMG_6927.jpg
夜明けに連れ、人がぞろぞろと上って来おりました。

このままでは、人ごみでまともな写真は撮れなそうです。


「良い場所を確保しないとー」
と思いつつも、その混雑状態を三脚を一脚代わりにして写真に収めている私。



IMG_6929.jpg
いきなり花火があがりました。びっくり!

花火大会で見るような、そこそこでかい奴が5発ほど。


しゃれ「しかし、花火を見下ろすのって不思議な感覚だな・・・」



IMG_6931.jpg
場所を転々としつつも、写真を収めていく。


IMG_6934.jpg
頂上は、人がこれからも増えていって飽和しそうです。

木が少なく見晴らしが良く、かつ、平らな場所を探しに、少し下山することにしました。



IMG_1050.jpg
良い場所を見つけました。

人は全くいません。



IMG_6949.jpg
登ってくる人に「おはようございます」と挨拶すると、
「この場所いいねー」なんて言われたりもしました。

私が見つけた場所は定員1名といったところなので、その人は違う場所に登っていきましたが。



年明けと火力発電所
高倍率ズームレンズ『18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM』を取りつけ、待機。


遠くで、火力発電所が消灯しました。(時系列的に、二つ上の広角の写真が後)

時間的には、日の出を迎えても不思議はありません。


・・・が、真上に雲が一つもないのに対し、水平線上には厚い雲が帯をなしています。




IMG_6954.jpg
太平洋から昇ってくる日の出は見られないようでした。

それは残念ですが、雲から出さえすれば、それは紛れもなく“日の出”です。


IMG_6955_20130102190403.jpg
新潟に旅行した時、“日本海に沈む夕陽”を拝みに行った、あの時のことが脳裏をよぎります。

あのときもこうして、

雲からのご来光を、
身を震わせ、
「今か今か」と、

待望していた。



IMG_6959_20130102190402.jpg
そんなデジャヴューを髣髴させる状況。


ついに、太陽のフレアが、雲の隙間から漏れ始めた。



IMG_6961_20130102190402.jpg
ざわ・・・ざわ・・・




 次回へ続く→
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

そうだ、鹿狼山登ろう。【登頂・下山編】

2012.05.01.Tue.20:10
こんばんは。


今日明日と仕事ですが、それをこえればようやく4連休。

GW(ごーるでん・うぃーく)となります。



今から色々な予定を立てているのですが、いかんせん全てが未定

誰と遊ぶかは大体決まっているのですが、その内容なんかが不確定なのです。


まぁ、ぼちぼち何とかなるでしょう。



IMG_8575.jpg
――さてさて、今回は予定通り、鹿狼山に登った時の記事の続き。


あらすじ:
突然、親に朝っぱらからたたき起こされ、鹿狼山行きを宣告された私は、
妹と共に(母は途中でドロップアウトw)登山をすることになったのであった。

そして、私は屋根らしきものを見つけるが・・・?



IMG_8577.jpg

しゃれ「ついたぁぁぁぁぁあああ!!!!」


妹「はぁああ。やっとついたぁあ・・・。」


春の山
突然木々が開け、この絶景。


IMG_8588.jpg
登頂、である。


IMG_8580.jpg
登り口があんなに遠く下に・・・。

まるで、ゴ(ry


IMG_8582.jpg
妹「私たちの家、どこらへんかな?」

しゃれ「あそこが火力発電所だから、あっち・・・だけど、霞んで見えないね。」

妹「(´・ω・`)」


IMG_8585.jpg
この山の神様を祀っている『鹿狼山神社』

たぶん、オンリーワン神社です。


近くには、登山関係でなのか『足尾神社』もありました。



山奥へといざなう石段
しばらく山頂で休んで、母の待つ下界へと下山。


休日の父子
途中で、某クルマCMに出てきそうな、仲の良い父子が。

IMG_8591.jpg
一輪だけ咲いている桜花を見つけてパシャリしていると、同じく下山してきた50代くらいの夫婦に話しかけられました。

おじさん「何を撮ってるの?」

私は笑って、桜花を指さしました。


おじさん「おお、桜かい。一つだけ咲いてるんだ?」

おばさん「ほんとだねぇ。」

ゆっくり頷く私。


結局、私は一言もしゃべらずに夫婦は下山をしていきました。

ボディー・ランゲージってやつですね。


IMG_8610.jpg
休憩ポイント。

Hole
テーブルに大きな穴が開いてました。

そして誰かの忘れ物か、イーグルスバッジが。


IMG_8622.jpg
もう下山もたけなわと言ったところで、近くの草むらからガサガサッと音がしたかと思ったら、鳥でした。


妹「何かに似てると思ったら、『おばちゃん』じゃないか!」


しゃれ「・・・あーっ!はいはい。ゼルダの伝説のやつね?」



参考画像↓
various05_070924a-l.jpg
『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』に出てきた、天空人。
生理的に無理なオーラがむんむんです。


そして、さほど似てないにもかかわらず、1秒ほど考えただけで分かってしまった私は、きっと天才。(笑)



下山
そして、無事に下山!


IMG_8625.jpg
お昼なので、近くのお食事処へ。

かき揚げそば
かき揚げそばを食べました。

んまいっ!



~ 何のオチもなく 完 ~



翌日、足が微妙に筋肉痛になったのは言うまでもありません。

でも、相変わらずの絶景でしたね。
楽しかったです。( ゚∀゚)b


それでは、この辺で!
また明日。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ