音楽 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

人の数だけ世界があること。

2013.07.04.Thu.20:17
こんばんは。



昨日は、バドの後に家に帰ったらCDが届いてました。



_MG_3334.jpg
「石川知亜紀」時代の、現:石川智晶さんのCD!

その名も、『Inner Garden』!!


タイトル名は、『中庭』という意味。
唯一の「石川知亜紀」名義のソロ時代のCDですね。




石川智晶さんの曲には、を比喩に使っているところが多々ありますね。

自分のテリトリーとか、イド的な場所の示唆なのでしょう。



曲はただ今じっくりと聴いておりますが、
中でも『Like an angel』が曲・歌詞、共に素晴らしかったと感じました。

もちろん、他の曲も素晴らしいものばかりで。


歌詞は、じっくり聴いていると感覚的に分かってくる部分と、
理性的に共感する部分が良い比率で詰め込まれていて。

言葉の選択が独特で、文学的だな~といつも感心してしまいます。


なによりやっぱり、石川智晶さんの世界観が大好きですね。





_MG_3266.jpg
現在の猫。

病気だったので、病院で治療。


そして、このエリザベスカーラーである。

療養中。




_MG_3271.jpg

妹とほたるを探しに行った、半田沼の写真。

晴れた日の日中に来たかった。




_MG_3272.jpg
結局、ホタルなんかいなかった半田沼。

でも、夜まで近くのブランコで妹と待っていて、なんだか新鮮さを感じた場所でした。




_MG_3274.jpg
こんどまた、妹と行こうかな。

そんなことを思う、半田沼。



_MG_3278.jpg
その日の帰りに飲んだ、『うぶかの郷』で買ったジュース。

桃のストレートです。


どれくらいストレートかって言うと、妹が「うっわ、ストレート!」って叫んだほど。

スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

今日は歩いて帰ろう。

2012.05.11.Fri.21:38
こんばんはー。


ブログの方もストック(積み記事)が無くなって、一段落です。

仕事の方も順調でございます。



仕事と言えば、いつも帰りがけの車の中で音楽を流すのですが、
その時斉藤和義さんが歌う『歩いて帰ろう』がセレクトされたときは、なんだかやたら感動してしまいました。

この曲の歌詞に、感動してしまったんでしょうね。


世の中は理不尽なことだらけで、周りはせかせかと働いているけども。
どうせ、朝はいつもと同じようにやってくる。

だから、僕だけは焦らずゆっくりと自分のスピードで歩んでいこう。



そんな歌ですね。とてもいい歌です。



IMG_9173.jpg
そんな私の会社帰りは、晴れていればどこかに寄り道することもしばしばでございます。


置いてくなら置いてきゃいいさ。

どうせ、追いかける気はないから。


IMG_9172.jpg
どこへ行っても、福島県の沿岸は風通しのいい廃屋だらけ。


人の住めぬ
でも、私が求めている廃墟はこういうんじゃない。

津波が踏んでいった轍をわざわざ見たいわけじゃなくて、もっとこう、一貫しない輝いたストーリーのある廃墟さ。


IMG_9186.jpg
津波とか被災地とか放射線とか、ぶっちゃけもうどうでもいい。
もっと、気にしなくちゃいけない事あるんじゃないかと。

いい加減、目を覚まさなくては。


沈む夕日と昇る夕陽
今日の夕日はなかなか綺麗でした。


夕焼けは、多少曇ってた方が私は好きです。

そして実は私、写真を撮るより自分の目で見る方が何より好きです。



IMG_9194.jpg
アクセントとしてショベルカーを入れてみる。

逆光
うーん・・・。

良い構図が思いつかない。(^^;)



IMG_9204.jpg
横構図で広大に撮るのもよし、
縦構図で、引き算した分の想像を膨らませるような“ミロのヴィーナス的美学”を写真で追求するもよし。


IMG_9208.jpg
実像の夕陽は沈み、虚実の夕陽は昇ります。


そして、ぶつかり合って、混ざり合って、

そこには何もなし。


でも、心配せんでも、明日もきっと日は昇るから。

それでは、みなさんおやすみなさい。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

歯科医院へ行ってきたの巻。

2012.05.02.Wed.20:17
こんばんはー。


今日は写真も撮ってないし、ブログどうしようかなーと仕事中に悩んでいました。(←ちゃんと仕事はしている)


取り敢えず、私が一番好きな音楽でも貼りましょうか。
ついでに歌詞も乗っけときましょう。




澄空の唄
【原曲:無何有の郷 ~ Deep Mountain/風神少女】


祭(まつ)る灯(ひ) 空に巡り 闇に消える
月を迎えて
静かに響く声は 夢の跡
風は奏でる

聞こえる 綺麗な貴方の唄を
何処かで待ってる 小さな光抱いて

今すぐ飛びたい空があるのなら
この枷を外して
まだ手を伸ばせない その先に
辿り着きたい

広がる星夜に祭り灯がうつる
眠る月も影も
また手を伸ばしたい澄空に
祈り届けて

今すぐ飛びたい どこまでも高く
終わりない世界へ
また手を伸ばしたい 澄空に
祈り届けて






とてもいい曲です。

タイトル通りの、透き通った空を翔けるような疾走感と、クリアな風を感じます。


PCを持ってなくて、携帯電話で初めて聴いた記憶があります。
その頃は、東方の曲の中では「風神少女」が一番好きだった時代でした。

今はというと、「U.N.オーエンは彼女なのか?」ですかねぇ。
いろいろと思い出の深い曲でもあります・・・。(しみじみ)





――さてさて、今日は仕事の後に歯の治療をしました。


エピソード1:「絶句!歯医者の口臭!」

なんと、先生が

マスクをしない&
息がくさい&
息が荒い

という最強コンボで私を叩きのめしてきました。


しゃれ(先生、だからここの待合室に誰もいないんですよ?きっと)



エピソード2:「不安!機器の故障!」

先生「あれっ、これ水が出ないぞ。」

パートナー「えー?詰まってるんですかねぇ。」

しゃれ(おーい。大丈夫かーい。)



エピソード3:「待て!放置プレイ!」

麻酔の注射をされ、10分程度放置されました。

しゃれ(おーい。麻酔切れちまうぞ―い)


エピソード4:「拷問?口に針!」

歯の神経を抜かれ、針が刺さった状態で、レントゲン室に行かされました。


先生「針刺さってるからね?口閉じると大変だよ?」

しゃれ「コクコク」(抜いてくれねぇかぁ)



エピソード5:「芳醇?香ばしい水!」

歯に詰め物(ネジみたいなもので、歯にあけた穴にねじ込まれた)をするときに、水が出たのですが、

それがやたら香ばしかった件。


チュイィィィン!!

しゃれ(なんか、やたらと香ばしい臭いがするけど、もしかしてさっきの詰まってた水が腐ってたんじゃね?)


~~~

不安が不安を呼ぶ1時間でした。


来週の月曜日にまた来ないといけないっぽいです。

ただでさえ歯医者なんて嫌いなのに、こんなとんでもないところで治療をする羽目になってしまいましたか・・・。

憂鬱です。(´Д`|||)



まぁ、明日からのGWを存分に楽しんで束の間、歯医者の事は忘れましょう。

それでは!
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

CONNECT.

2011.02.26.Sat.20:24
こんばんは。


今日は実は中古のカメラを見に行く予定だったのですが、いかんせん風が強かったので、やむを得ず中止。

ずっと部屋で、モンハンとネットをしていました。


『魔法少女まどか☆マギカ』というアニメのOPテーマ「コネクト」です。

個人的に最近一番好きな曲。脳内再生率も高いです。


テスト中とかね、勝手に再生されるんですよ。
停止ボタンがないんですよ。

集中できないんですよ(泣)


RIMG2335


今日からフォト蔵さんのほうからリンクして写真を張っていきたいと思います。

これなら元の大きさの画像にリンクできるしね。

RIMG2336

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

第二学期終了式。

2010.12.22.Wed.20:27
こんばんは。


今日は二学期の終了式でした。

簡単に大掃除(?)してから、体育館で船をローアンドローしながら話を聞いて終わりました。

にしても雨がすごかった。
学校の中庭の配管が壊れてスプリンクラーの様になってましたよ。

配管工の人が来てましたもの。(マリヲではない)

も鳴ったし、帰りはどうなることやらと、
図書館で宿題をして暇を潰していたら、急に雨がやんで日の光が射したもんですからびっくりです。

こりゃ龍神様のお仕業かねぇ。


ま、何はともあれ明日から冬休みです。

具体的には計画は決まってないですけど、初日の出は高い山の頂で撮りたいなぁ。

あと、仙台のイルミネーションも撮りたい。


だけど、良いカメラが帰るのは正月からという罠。

お年玉というものは前借出来ぬものです。 (´・ω・`)


ローアンドローの元ネタ。意味深な曲。


他人との間には深くて暗い川がありまして、日々私たちは船を漕ぎ漕ぎ向こう岸に渡ります。

しかし、オールを漕ぐのをやめてはいけません。振り返ってもいけません。

元の岸に帰れるという慢心は捨て去るのです。

カササギが橋をかけてくれる、なんて希望も捨てなさい。

これは伽話ではなく、ただの船漕ぎの唄である。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ