青緑色 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

ひとり松島。 9

2013.03.01.Fri.21:52
こんばんは。


最近、DVDをレンタルするようになりました。

50円で一作品が見れちゃうお手軽さ。
良く考えると一番安価な娯楽かもしれません。



それにしても、そろそろPS2しかDVDプレイヤーが部屋にないのはどうにかしないと。

ハリーポッターを見たら、真っ暗で何も見えませんでした。(笑)

テレビの方の設定でどうにか見えるようにしましたが・・・。
どっかで安いの買おうかな。




IMG_8162.jpg
松島旅、最終回。です。

展望台に登ってみました。
だれもいない。



IMG_8160_20130301205725.jpg
4度目の訪れにして、やっとここらへんの雰囲気がつかめた感じがしますね。


こちらに私がなじんだのか、私がここになじんだのか。

定かではないですが、そのような感じがします。



エメラルドグリーンな家と手すり
下を見ると、私の大好きな色をした家と手すりが。
なんとも、趣があります。


ちなみに、私がエメラルドグリーンを好きな理由ですが。

子供の頃に親戚からもらった色鉛筆の色が“あおみどり”でした。
その深みのある発色と、どこかノスタルジアな含みに、子供ながらに感動してしまったのです。

そのお気に入りの色鉛筆は、いつの間にかどこかへ失せてしまいました。
でも、現物がないからこそ一層、その色が今、一番好きなのだと思います。



IMG_8164.jpg
観光地はあまり好きではない私でも、ここ「松島」は好きです。


海が好きだからかな。

いや、好きだから好きなんでしょう。



IMG_8167.jpg
雲が多くなってきたので、そろそろ帰ることにします。

風も冷たく、強くなってきました。



松島駅にて
ホームの端に、廃な建物。

管理はきちんとされている感じですが、いいですねー。



IMG_8175.jpg
電車待ち。


素晴らしく寒かった。

でも一度入った以上、出られないし、この椅子に座るしかないのでしょう。
吹きさらしです。



IMG_8178.jpg
販売機もホームの外。

この日、一番つらい時間でした。



IMG_8176.jpg
途中、耳が冷たくて買ったニット帽と、
お気に入りのネックウォーマーの、フル装備でしのぎました。


その容貌はまるで・・・ラストニンジャ!



IMG_8179.jpg
暇すぎてセルフポートレイト。

他に撮るものもないのでね。




――やがて、電車がやってきた。

そして、旅は終わった。



青緑色のケースに入ったiPhoneだけが、電車の席に残されたことも気づかずに。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

初乗り。

2012.03.20.Tue.20:19
こんばんびー。


IMG_4788.jpg
今日はついに買った車を取りに行ってきました~。

見ての通りの軽ワゴンです。


IMG_4796.jpg
色が好みです。
私、青緑色好きなので。

ブログ上でいつも私の言葉が青緑色なのは、そのせいです。


イエローハットにて、車内の装備を整えました。

レーダーやマットや、シートの座布団など。


そこらへんの詳細は、そのうち写真も撮ると思うので、その時に。


IMG_4736.jpg
初めての自分の車をゲットしてゴキゲンな私は、少し遠くにある『相馬太田神社』まで行ってみました。


IMG_4730.jpg
無事に駐車し、ウキウキな撮影が始まった。


IMG_4735.jpg
なかなか立派な神社。

でも、人気は少なかったです。
というか、人っ子一人いなかったです。(´∀`;)


竹、立て掛け
神社やお堂には、が似合う~♪


IMG_4732.jpg
イケイケな池。

没ネタをあえて出す、行け行けな私。


コマ犬
神社ごとに狛犬や狐などは表情やポーズが違って面白いですね。


相対
将来は、自費出版で「狛犬写真集」なんか出しちゃったりしたいですね。


IMG_4757.jpg
この神社では、「相馬野馬追」関係なのか、馬を祀っているようです。


IMG_4763.jpg
参拝はいつものように、撮影許可のお願いを。

IMG_4772.jpg
ここでは交通安全祈願のシールを買いました。

IMG_4801.jpg
それと、車のキーのホルダーを購入。


私の車は全面的に、「相馬太田神社」に守られております。



哀空
今日の空。

ほの暗い
なんだか、哀しげな空でした。


お還りなさい。


「魂のルフラン」(歌詞)


私に還りなさい 記憶を辿り
優しさと夢の源へ

もいちど星に引かれ 生まれるために
魂のルフラン


蒼い影に包まれた素肌が
時のなかで 静かに震えてる

命の行方を問いかけるように
指先は私を求める

抱きしめてた運命のあなたは
季節に咲く まるで儚い花

希望の匂いを胸に残して
散り急ぐ 鮮やかな姿で

私に還りなさい 生まれる前に
あなたが過ごした大地へと

この手に還りなさい 巡り逢う為
奇跡は起こるよ 何度でも
魂のルフラン


祈るように 目蓋閉じたときに
世界はただ闇の底に消える

それでも鼓動はまた動きだす
限りある永遠を探して

私に還りなさい 記憶を辿り
優しさと夢の源へ

あなたも還りなさい 愛しあうため
心も体も繰り替えす
魂のルフラン


私に還りなさい 生まれる前に
あなたが過ごした大地へと

この手に還りなさい 廻り逢うため
奇跡は起こるよ 何度でも

魂のルフラン
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ