道祖神 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

面白い嘘を思いつけるほど、私は正直者ではない。

2013.04.01.Mon.20:14
こんばんは。


仕事から帰ってきて驚きました。

母いわく、正月に家族で毎年恒例で詣でに行っていた、飯館村の『山津見神社』が全焼したらしいですね・・・。


そのニュース記事→ 飯舘村の神社全焼 無人の中、守り続けた宮司妻が不明


一瞬、母のエイプリルフールネタかと思いましたが、本当でした。

宮司さんの奥さんも、(おそらく)亡くなられたという事で残念です。
今年も正月にお会いしてますからねぇ。


そうなると、私が撮った本殿の写真も、またまた貴重になってくるもので。

時を経るにつれ、写真は貴重になっていくのは、もはや運命なのでしょう。
そう、改めて思います。


Fragile(儚いもの)は、どこにでもある。全てが儚い。

家は壊れやすくはないでしょう。
壁を殴ってもびくともしないほどには。

でも、火災が起きればあっという間に無くなってしまいますね。


そういう、自分たちの身近な力の基準での「儚さ」っていうのは、実際の儚さより堅牢なのです。

だから私は、いつか無くなってしまう、今あるものに見蕩れるのでしょう。



そう、自分とか。

いつも鏡を見るたびに、「なんて美しいんだ・・・」と思ってしまいますね。





・・・というのは、だ。


やっと今日、嘘を言う事が出来た。

みなさんは、今日、嘘を言いましたか?


嘘。ウソ。うそ。

しかし、嘘という漢字は、こんな感じだったか。


いざ書けと言われたら、書ける自信が無い。



_MG_0183_20130401192823.jpg
はい、つづきつづき。

廃校かとおもったら、違った物件。



_MG_0185.jpg
裏に回ったらドアが開いてました。


期待して入ってみると・・・



_MG_0187.jpg

がら~~ん。

物が何も残っていない、面白くなさそうな廃墟でした。



_MG_0191.jpg

_MG_0193.jpg
打ち付けられた板の隙間から漏れ日。

ガラスが割れてますので、それをふさぐためのやつか。


ちなみに、ここ、製糸工場だったっぽいです。
なんだつまらん。


最近、廃校に行きたくてたまらん。

一年たって、あんなに嫌いだった学校が恋しくなってきた。



_MG_0195.jpg
道祖神。


ここから出てったら、家族とばったりしてびっくりした。
ヒトケ無いところだから、お互いにびっくりした。

子供には幽霊と勘違いされた。



_MG_0196.jpg

_MG_0197.jpg

_MG_0198.jpg

帰り道は行きよりも、細部を見て、撮っていく。

一枚一枚。
意外と丁寧に撮ってます。



_MG_0199.jpg

_MG_0202.jpg

下戸沢宿をあとにします。


予想より暑くなってきた。おまけに、歩いたせいで体が熱を帯びてきた。

お気に入りのパーカーを脱いだ。



_MG_0203.jpg

_MG_0204.jpg

_MG_0207.jpg

帰り際、とても景色のいいところに、遺跡をみつけた。

トーチカっぽい外見の、よくわからないやつだ。



最終回にあたり、駆け足になりましたが、終わりです。

宿場町の街道のほうは、また足を運びたいと思いましたね~。


ではでは、みなさん、
明日からまた、ネタばらしの無い自然嘘にまみれた世界をご堪能ください。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

伝える。伝わる。

2012.02.17.Fri.21:10
こんばんは。
さきほど、5時間睡眠をとって寝疲れ中のしゃれです。


討て
今日は午後から晴れたので、すこし自転車でぶらーりしてきました。


IMG_2196
海を見ると、折れた木々がたくさん突き立っているのが見えます。

IMG_2193
排水所の割れた窓の奥に、なぜか人形が…。
なんというホラー。


スパイラル
スパイラル!!


IMG_2205
いつも横をスルーしているので、道祖神の役割を果たしていると思われるお地蔵様をお参りしてみました。

太子
この方のおかげで私は、無事にここに住み続けていることができるのかもしれません。
合掌。


IMG_2215
ハ○ーキティ似の石像があった。

いやぁ、自然の偶然はすごいですねぇ。


ゲルド砂漠
「すげぇ!どこぞのゲルド砂漠だよ!?」
とテンションが上がった風景。

“ゲルド砂漠”とは、『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』というゲームの中で出てくるダンジョンの一つです。


the World
そして、全マップ。

the world.
世界は広い。


時が過ぎ…
砂浜にイスが埋もれていた。
時の流れを感じる。

不屈
私は被災者である。

もちろん、失ったものは大きいが、
こういった退廃的な風景や、あまり拝むことができないレアな景色に出会えた時、救いになるのである。


風の通り道
こちらは現在の町役場。

非常出口
そこは、出口ではない。

出口ではなかったのだ。


prrrr
「本当の孤独。」



写真ですべてを物語れるくらいになるのが目標だが、今は到底無理な話。

今は文章と写真で、あなたたちに伝えます。
ピピピと発信します。


でも、この写真には自信がある。


ぎゅー!

笑顔になれました?


私は見るたびに元気と笑顔を貰えます。



それではまた明日。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ