街角 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

夢や目標を目指すことが、一番、健全で現実的なことじゃないか。

2013.01.25.Fri.21:34
ぐっどいぶにんぐ。こんばんは。

金曜の夜は、グッド。


なぜなら、明日は休みだからさぁあああああ!!!


シンプルな、ただ一つの答え。





ここで、現在少し悩んでる事について書きます。


高校を卒業し、新卒で就職もやっとこさできて、でもコレジャナイ感を抱きながら働いて。

でも、みんなそんなもんだよな。
今なんて就職難だし、働けてラッキーだよな。
残業代もちゃんともらえるぞ・・・。



・・・だからなんだ?


私は何のためにお金をもらってるんだ?
生活するためだけならば、贅沢しなければバイト代で賄える。

一日のほとんどを費やして、毎日働いて、
いつの間にかできた金銭的余裕でしたくもない贅沢をする。

それって、本末転倒じゃないか?


私は、金持ちになりたいから生きてるんじゃない。

幸せを感じるために、生きている。(大抵の人間はそうだと思うけども)

確かに贅沢をすれば、一時的に幸せだ。
そこそこ贅沢な暮らしも一つの人生の答えだろう。


でも、私はそうではない。
社会人になって、そのことに気付けた。
学生時代にはあまり深く考えないようにしていたことだ。


ならば、したいことをして生きるのが一番健全じゃないか。


私のしたいこと。

好きな、大好きな、写真を撮りたい。撮って撮って、撮り暮らししたい。
それで仕事ができるなら最高。



というわけで、私、会社を辞めて、学生に戻るかもしれません。


いや、“戻る”のではなく、改めて“進む”のです。


幸い、学費と学生期間中の生活費は来年までに貯まりそうです。実家暮らしなので。

進学先は、このあたりで唯一写真を学べる、『日本デザイナー芸術学院 仙台校』です。

とりあえず、資料請求しました。
届いたら、また改めて吟味しようと思います。



まぁ、まだ皮算用なんですけどね。

だから、「そんなことを考えていた時期が、私にもありました」みたいな展開になるかもしれません。(笑)



――さて、その話はひとまず置いておきますね。


そして、私の大好きな風景の写真を載せたいです。



Date:2013.1.19

IMG_7552.jpg
相馬中村神社を出て、雪景色の街並みをお散歩~。

雪かきをしている人たちがチラホラ。



IMG_7553_20130125203735.jpg
トタンの壁に、良い形の木々の影。

いいですねー。
絵画みたいにしてやりました。

飾ってやりてぇ。



IMG_7554_20130125203735.jpg
雪わんこ?
おサレな玄関ですねぇ。

日本家屋も素晴らしいですが、こういう家も素敵。



IMG_7555.jpg
現代チックな家にも、趣があるのとないのがあります。

無ければないなりに、無駄がなくていいと思います。


見た目重視か、機能性重視か、といった好みの問題かな。




IMG_7556_20130125203734.jpg
ここらへんは、洋風な家が多いですね。


上の写真なんて、サンタクロースとか住んでそうなんですが。

特に、ポストがいいなぁ。
そっぽ向いている感じもいい。



IMG_7557.jpg
良い通りだぁ。

意味なく、二回ほど往復したい。(←勝手に往復してれ)


IMG_7558.jpg
街角スナップには、高倍率ズームレンズが便利。

結局フル装備で挑んじゃうのが私なんですけどね。


上の写真は、単焦点レンズへの交換がめんどくさくて、高倍率ズームレンズのまま撮ったんだけど・・・、

ぼけが汚い!><

モノグサっちゃあ、だめですね。




そんな感じで、今日はこの辺で。

まだまだ続きますよ。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

日本海に沈む夕陽を撮りたくて。 第二話

2012.12.02.Sun.17:43
猫ばんはー。


お休みもあっという間に終わってしまいますね。
年を経るごとに、すべてが均等に儚くなっていく。

そんな気がします。

取り敢えず、今は寒い。冬。


IMG_5997.jpg
さて、昨日から始まった新潟への旅。
つづきです。

神社を見つけました。


IMG_6002.jpg
天満宮ですね。


勉学の神様ですが、

しゃれ「雲が晴れて日本海に沈む夕陽が拝めますように。」

そう祈ってしまったのは、致し方ないと言えます。



IMG_6007.jpg
雨上がりなので、街は艶やかです。

ロウライトだけど、輝きのある質感。


IMG_6009.jpg
街角スナップ、嫌いじゃないです。


でも、デジカメでは何の味も出ないことが少し面白くありません。

日常的な風景を《そのまんま高画質で》撮っても、
それはさすがに面白くないんです。(個人的にね)


IMG_6017.jpg
記念写真や、取材や、事実をありのままに伝えたい場合はそれでいい。


・・・しかし、娯楽として楽しむには、
進化し過ぎたデジカメの解像度・画質は忠実になりすぎた。


私はそう感じます。



IMG_6018.jpg
だから、その薄味に物足りなくなったものはボケを求める。
味の濃い、アートフィルターが流行る。

これからは画像編集ソフトなどを使い、
個人の好みや意向で、元画像を化粧する時代になりつつあるのかもしれませんね。



IMG_6011.jpg
確かにそれならば、画質が良いに越したことは無い。
ソフトで画質を悪くするのは簡単だが、良くするのは無理だ。

そこから劣化覚悟の編集を視野に入れるのならば、なるほど道理である・・・。


IMG_6013.jpg
廃墟と青空を写そうとしたが、明暗度が異なりすぎていた。

青空がトンでしまうか、廃墟が黒くつぶれてしまう。


この場合は、明るい方のディティールが残るように、青空を残して廃墟が若干黒くつぶれるように撮る。

すると、あとから編集でシャドウを持ち上げるとどうにかなる。
ハイライトとシャドウでは、シャドウのほうが情報を多く保持していることが多いのだ。



IMG_6022.jpg
ここでさらっと言ったので、気づかれない方も多かったと予想されるが・・・。

そう。青空が厚い雲から覗き始めたのである。


しゃれ「これは希望の光なんじゃないですかー?」

鈴「ねー。ヽ(´▽`)/」



私たちは次第に流されていく厚雲と、規模を広げつつある青空に期待を寄せつつ、

歩みつづけたのでした。



 続く。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

鈴と行く、飯坂温泉廃墟探索。【その4】

2012.10.13.Sat.21:15
こんばんは。


今日は、鬱陶しかった髪の毛を切ってきました。すっきり。

そして、キノの旅の新刊を購入。わくわく。


IMG_4314.jpg
そんな今日の記事は、飯坂温泉街の散策編です。


IMG_4300.jpg
鈴は色々なお花に夢中です。

ポップアートとかファンタジックフォーカスとか、アートフィルターを堪能しているみたいですね。


IMG_4301.jpg
私も、その横で気になった風景をスナップ。

家族かなぁ。


無色なやつら
なぜか、いろはすが大量に並んでいた。
猫よけ?

効果がないことがおおっぴらになってるイマドキ、やる人いるんですね。


昇降
気になる横道にも積極的に寄ってみる。

ダンジョン探索と散歩の、基本。



IMG_4304.jpg
川です。

どうやら、行き止まりのようですね。


街のとある行き止まりの
なんだか、やけにお洒落だなぁ。

温泉街って、独特の雰囲気がありますね。
“作られた感”が一層濃い。


IMG_4310.jpg
ここらへんも、また、ゴテゴテしてますな。

厚化粧みたいな不快さがある。


IMG_4309.jpg
拝観できるようですが、鈴が興味なさそうだったのでスルー。


IMG_4307_20121013210655.jpg
ゴテゴテした感じなので、あっさり目に加工してみた。

少し、フィルムトーンを意識して。


IMG_4312.jpg
見つけた被写体を、鈴に先に撮られてしまいました。

写真の良いところは、“とっても”無くならないところだ。


IMG_4311_20121013210654.jpg
足湯できる場所がありました。

鈴がいなかったら、たぶん嬉々として浸かってましたね。(笑)




次回、飯坂温泉 最終回→
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ