虹 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

蛍撮影準備期間。

2015.06.13.Sat.21:16
こんばんは。




そろそろ蛍撮影の準備期間。

人と蛍をコラボさせたいんですが、条件がなかなか難しいなぁ・・・。
蛍に光当てちゃだめなので、その制限が一番厳しいです。



さて、本日は何気ない写真を。





_MG_7110_20150613205340a10.jpg


虹。






_MG_7121.jpg



_MG_7123.jpg



_MG_7070.jpg


藤の木。藤の花。






_MG_7094_20150613205339e3f.jpg



_MG_7098_2015061320534518e.jpg


レンズはずし撮影法で。


望遠だと、道の向こうに吸い込まれそうな雰囲気になるなぁ。






_MG_7146.jpg



_MG_7147.jpg



草原と青空。





以上。

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

束の間の色。

2014.12.22.Mon.18:32
こんばんは。


今日は、冬装備を整えました。        ・・・ユニクロとかで。






_MG_8855.jpg

ある夕のこと。

空が変な色をしていたので夕焼けを撮りに行ってみた。




_MG_8859.jpg

みどり!



_MG_8863.jpg

ホワイトバランスを調節して、見た色に近くしています。




_MG_8873.jpg

少し焼けていた。



_MG_8878.jpg


地平線の太陽にギリギリ当たった雲が、空とコントラストを確かにする。





_MG_8883.jpg

よく注意を払わなければわからなかったが、水平線に小さな虹が出た。




_MG_8889.jpg

それからも夕焼けは刻々と変化し。




_MG_8892.jpg

残すは青の暗幕だけとなった。



おわり。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

月と月暈と月光環と。

2013.12.29.Sun.17:54
こんばんは。


_MG_3518.jpg

今日は、の写真を載せますよぉ。



月に薄雲


といっても、普通の月の写真ではございません。



ある、寒い満月の夜、

その現象は起こったのです。。。




_MG_3540.jpg


これが何か、お分かりでしょうか。

月です。


明暗度が違い過ぎるので、月の部分は飛んでしまっておりますが、月です。



_MG_3533.jpg

お次は、これも月です。

違う場所で撮影したものですが、ご覧の通り、満月の周りに虹色のわっかと、大きなわっかがありますね。


これらの名前を、それぞれ『月光環』『月暈』と言うそうです。


私も、この現象を見て「すげぇえええ」ってなってから、調べて知ったことです。






月暈&月光環

もう少し寄ったものです。


こんなのが夜空にぽっかりとあるもんだから、最高に幻想的でしたよ。

むしろ、怖いくらい。


新手のUFOか、と。
もしくは世界の終わりか、と。



虹色目玉

月暈は、前にも見たことありましたけど、

こちらの月光環は初めてですね。


すごいです。
とっても


露光している間、ずっと肉眼で見上げておりました。

自然の神秘だねぇ。アメイジングだねぇ。




深淵もまた、こちらを覗いているのだ。

絵とかCGじゃないんですよ~。
まるでCGだけどね。

ほら、こうして電波塔を入れて撮るとわかるでしょう。




虹色の夜


不思議すぎて、もうなんだかよく分からないくらい。



ずいぶんと興奮したことを覚えている。

だって、深夜の3時くらいまで撮ってたもの(笑)


・・・いやいや、ずっとじゃないですよ?

一旦、月光環が消えて、しばらくしたらまた現れたので、再び撮りに行ったという具合です。





_MG_3580_20131229172126c5d.jpg

あとは、セルフポートレートもやってみた。

これは、すごく手間がかかった!


夜景セルフポートレートは最高にめんどくさい!!




立ち位置を決めて、いったん撮って・・・
微調整して、ようやく立ち位置が決まって、構図がようやく完成して・・・
ピントを立ち位置の所に、ライトで照らしながら合わせて、いったん撮って・・・
露出の調整をして、それが終わって、
ようやく最終撮影という感じ。



一体何回試し撮りをしただろうか。

その間、寒くて死にそうだったよ。




でも、その甲斐あって、イメージ通りの写真が出来上がった!
↓↓


未知との遭遇

イメージは「未知との遭遇」


「な、なんだあれは!?」

という感じで、指をさしている画です。




我ながら、ちょっとあざといというか、計算されたような写真が出来上がりました。

ちょっと私らしくないですか(笑)




これはこれで、最終的には思い通りになったので、大満足ですけどね。

いつもは、思い通りには無いことを、ある程度思い通り撮る(?)という感じの、逆の撮り方ですからね。




ま、そんなロマンチックでとても寒い、満月の夜だったとです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

不二さんらと行く、東北廃墟巡りの旅。 (第九夜:松尾鉱山・緑ヶ丘アパート群Ⅲ)

2013.11.12.Tue.19:16
こんばんはー。



廃アパート群と虹 2

私は道なき道をひたすら駆け抜けていた。


強靭な植物を前に、考えて迂回したり、登ったり、飛び降りたり・・・。

とにかく頑張っていたというのが、曖昧な記憶として残っている。



_MG_1901.jpg

そして・・・出会った景色がこれだ。

それは、かなりすばらしかった。

なんと形容したらいいのか。
景色もさることながら、ここまで来た達成感とかが沸きあがってきて。

何とも言えぬ晴れやかな気持ちだった。この天候とは真逆だ。



虹と廃アパート・記念写真

とっさに記念写真。


シャッターを切れるのは、数秒・・・ごくわずかな時間だけ。

それ以上レンズを向けていると、水滴がついてしまう。


実際、今までに載せた虹の写真は、たくさんの失敗写真の上に成り立った結晶なのである。

帰ってきてから、水滴でにじんだ写真を泣く泣くボツにした中から、厳選されたものだ。



虹と廃アパート

肉体的にも頑張った。

体がもってかれるくらいの暴風だもんだから、屋上でここまでへりに寄ったのは、かなりの危険行為とみていい。


コンクリートを背に、屋上へ飛び出す機会を探っていた。
少しでも弱くなったところを狙って、飛び出したのだ。


まるでその姿は、戦場の戦士のようだっただろう(笑)

カメラは銃だ。


少しでも、雨という弾幕が薄くなったところを狙って、ショット(銃撃)!!


うん、こりゃあもう戦場カメラマンだよ。マジで。



薄ら虹と鉱山街跡

そうこうしている間に、雨がやみ始め、虹が薄らんできた。

ありがとう、奇跡の顕現よ。


私は廃アパートの屋上で、そのまま虹を見送ったのだった。




_MG_1903.jpg

_MG_1904.jpg

_MG_1905.jpg

戦いは終わった。


私は、疲弊からくるフラフラした足取りで、待ち合わせ場所まで歩いた。



_MG_1909.jpg

私と同じく濡れ鼠の不二さんらと合流し、我々は撤退することにしました。



_MG_1910.jpg

そして、ようやく道路にまで戻ってきた時、また虹が出現した。

私たちを見送るかのようだ、というのは勝手な解釈。




_MG_1911_201311111537445cc.jpg

人は皆、虹を見ていた。


もう虹は見飽きたとばかりに、わたしは苦笑しながら、


不二さんはくやさんと虹のコラボを撮影し、車へと戻ったのでした・・・。



_MG_1917_20131111153747f47.jpg

最後に。

ひとつ離れて建っている廃アパートに寄った。



廃アパート

外観だけね。

夜中に見ると、これ、すごい威圧感?存在感?があるんだよね。



_MG_1918.jpg

非常階段が、これまた良い感じじゃないですかー。

いい崩壊っぷりだ。



_MG_1913_20131111153725177.jpg


はい、それではこれにて松尾鉱山および緑ヶ丘アパート群 


         終了~!



と、なります。





_MG_1921_20131111154709dfe.jpg

おまけ。


_MG_1919.jpg

岩手山は、ちょうどその時、初冠雪しておったそうな。



_MG_1920_20131111154712357.jpg


八幡平は、紅葉が綺麗だった。



それだけ。
おわり




次は、かの有名な廃遊園地へ・・・。


To Be continued...

.
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

不二さんらと行く、東北廃墟巡りの旅。 (第八夜:松尾鉱山・緑ヶ丘アパート群Ⅱ)

2013.11.11.Mon.18:55
こんばんはですよー。


今日はポッキー&プリッツの日ですねぇ。
まぁどうでもいいですけどー。


最近、『sigma 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM』のAFの調子が悪いので、修理に出すことにしました。

sigmaのサイトに行ってみると、なにやら“引き取りサービス”というものが500円くらいであるらしく、
ものぐさな私は、それを利用することにいたしました。


明日の午前、引き取りに来るみたいです。

初めての修理出しなので、すこしワクワク。


そんな感じですね。





_MG_1879_20131111144118c0b.jpg

さて、松尾鉱山の後半戦です!


屋上で、廃アパート群と虹のコラボを目の当たりにした私は、
撮影にも成功し、満足げな気持ちのまま、集合場所にいったん戻りました。



_MG_1881_20131111144119e20.jpg

不二さんとの数秒の話し合いの結果、延長戦決定!

まだ虹もちょくちょく姿を現わしているようなので、私としても望むところ。


この暴風と不安定に降る雨が、私の期待を増長させた。



_MG_1882.jpg

渡り廊下・・・のようなものだ。

別の棟へと続いている。


_MG_1883.jpg

なかなかの荒れ果て具合だ。

まさしく、廃墟らしい。



_MG_1884.jpg

ここら辺のフロアは、共有スペースっぽいですね。

何となくの推測だけど。



廃アパート・脱衣場

脱衣場もあったしね。

深追いしなかったけど、この先に風呂もあったんだろう。


ちなみにこの写真、不二さんもほとんど同じ構図で撮っていた。(笑)



_MG_1907.jpg

こちらは天井が落ちておりますなぁ。

だいぶ雨漏りもひどい。


_MG_1908.jpg

別棟へ。


この文字は、いろはにほへとの“は”で間違いないだろうね。



_MG_1886.jpg

ん、椅子だ・・・。



_MG_1887.jpg

鉄腕アトムが、真っ二つに切り裂かれている・・・。

なんとなく恐い。



_MG_1888_20131111144929b5d.jpg

牛乳瓶だ。

だれが並べたのだろう。


_MG_1889_201311111449234ac.jpg

そろそろ、虹を本気で撮りに行こうと思う。

一番いいロケーションは、考えるまでもなく最も高いところにある廃アパートの屋上でしょう。



_MG_1891_2013111114565124e.jpg

さぁ、草の根を掻き分けて、道なき道をひたすら上へと歩き続けた。

雨がひどい。
カメラやレンズを、極力濡らさぬようにがんばった。


廃アパートに架かった虹

この写真も、水滴がつかないうちに素早く撮らなければならなかった。

撮った後は服でレンズをぬぐう。
あいにく、他に拭くものを持ってなかった。(笑)



廃アパート群と虹

屋上へ駆け上がり、撮った一枚。

ん~。
これはこれで構図として整ってるからいいけど、もっと全体を撮った写真が撮りたいなー。



_MG_1892_201311111456471ee.jpg

というわけで、もっと虹から遠いアパートへ向かうことにしました。



――これほど最近、情熱に燃えたことがあっただろうか。

雨にひどく打たれた私は、ひとりでに笑いながら、階段を駆け下りたのでした・・・。


昔から思うが、ふとした拍子でスイッチが入って、普段張っている表皮が破けることがある。
自分の内側にあるものが、剥き出しになるような高揚感を感じる。

この時も、分泌されるアドレナリンに任せて、狂ったように写真を撮るために走っていた。
いつもこうだと、それは楽しいだろうなぁ。

今以上に周りからは変人だと思われるだろうけど。(笑)





さて次回、松尾鉱山最終回にふさわしい、我ながら素晴らしい写真を撮っております。

お楽しみに!


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ