花 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

遅咲きの桜。

2015.10.25.Sun.19:48
こんばんは。



本日は、ありえないほどの強風。


木枯らし木枯らし寒い道 なんてレベルじゃありません。

いよいよネックウォーマーまで装備してしまうほどでした。


さすがに仕事してたら暑くなって脱ぎましたけど、外だったら外せなかったでしょうね。




_MG_7124_20151025194515e40.jpg



そういえば、こんな時期にもかかわらず咲いている場所があったのを思い出しました。

こんなに寒くても、こうして立派に咲くんですねぇ。


遅咲きの秋の桜って、なにか意味があるのかしら。
秋桜とかいて、コスモスならよく見かけますが。



少し調べてみたら、
なんらかの理由で葉が機能しなくなり、十分な休眠ホルモンが花芽に届いていない桜は気温が高い日が続くと秋に咲くことがあるということです。葉っぱが落ちてしまった木などはそうなりやすいそうな。




まぁ気温的には春も秋も同じくらいのはずなんですが、イメージ的には秋の方が寒いイメージがありますね。
冬へ向かっているから、季節の境界線の曖昧さゆえに寒い時期が多分な気がするんですよね。





遅咲きでも その花のうつくしさに違いなし。


私もそう、焦らずにいこう。

スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

図書館で過ごす休日。

2015.09.01.Tue.20:18
こんばんは。



今日はお休みの日なので、隣町の図書館に行ってきました。

昨日も言った通り、すばらしい図書館で、途中でコーヒー系の飲料を買ってテラスで飲もうとしました。


しかし、飲んだ瞬間「ん??」となりました。よく見ると、エスプレッソだとおもっていたら『ソイプレッソ』という飲み物でした。
あまりに口に合わなかったので、コンビニでカフェラテを買いなおしました。


というどうでもいいエピソードもあったりして。





本来の目的も忘れて、写真の雑誌や写真集を読み漁っていたら、植物のことを少し勉強しに来たんだったと思い出して、図鑑などを流し読みしてました。

あの花はこういう名前だったのか、こういう特徴だったのかとみていきました。
まぁこれだけじゃろくたに覚えられないと思いますが、深く知識を得るためには徐々に土台を踏んでいくことをはじめなくてはなりませんからね。



まぁそんな感じで、雑多に本を読み漁ってた休日でしたとさ。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

あれから三年、くり八年。

2014.03.11.Tue.19:04
こんばんは。


今日で東日本大震災から、3年ですね。

早いものです。



私は海の方へ、歩きで黙祷に行きました。

案の定、結構な人数が黙祷に来ておりました。
平日でもこれだけの人が集まるんですね。




色々な意見あると思うけど、わたしはあの日を忘れないと思う。
それは、あまり恐怖を感じてないからこそだと思う。


でも、忘れたい人は忘れたらいいのではないだろうか。


次にまたこのような地震が起きたら、厭でも思い出すでしょう?
教訓はその時に思い出せばいい。

だから、その時までは忘れたらいいじゃないですか。



辛い思い出を忘れないことを誰かに強要されて、
前向きに生きろとあごを持ち上げられることを拒否してもいいんじゃないでしょうか。

私はそう思います。




被災地復興中

あくまでわたしのところは、ですが、

復興も地道に進んでいます。


今のところは、私はそれでいいかな。
これ以上は私は急かす権利はないね。







Red velvet

さて、震災関連はおしまい。


気分を変えて、薔薇の写真などいかがでしょう。





薔薇

これは、卒業式の日に鈴がもらった花束の主役です。

霧吹きでシュッと水滴をつけて撮ってみました。





the Rose

現像も色々と工夫をして・・・。

薔薇の花弁の、ベルベット調の美しさを表現してみました。



ISO1600でもきつかった今回のマクロ撮影。
頑張ったかいがあり、なかなか良く撮れました。





いい天気♪

とっても天気がいい。




水無心

静寂に、落ちる一滴。




森林神社

森林の神社。


ちょっと現像汚いね・・・。





癒し木 ~ healing tree

大きな木の下で、木漏れ日を感じていたい。


そんなわたしは、森ボーイ




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

マクロレンズのある撮影記。

2013.12.23.Mon.18:53
こんばんはーです。



マクロレンズ購入初日目。

今回は、今までも使ってきたレンズのメンバーにも加えて、さっそく撮影模擬試験を行います。



口紅塗り

神社に行こうとしたら、鳥居が塗られていた。


まるで、口紅を塗っているようじゃないですか。
鳥居は、神社の顔ですしね。


これは高倍率ズームレンズで。



やすらぎの表情

猫を発見。

親子で、気持ちよさそうに眠っていた。


起こさないように撮れるのも約135mmの画角の良いところ。


ということで、こちらはマクロレンズで。



外にまで静寂の音を響かせて

廃工場を外から撮ったのです。

マクロレンズで。



ヒビ

廃工場の窓の、ヒビ。

もちろんマクロレンズで。



そこが地獄じゃあるまいし

そして、ツタ。

大きなボケがきもちいい~。



_MG_3374.jpg

やっぱり、マクロレンズもっちゃうとね。

花を撮っちゃうよね。あるある。



_MG_3377.jpg

あと、水滴とかね。

あるある。



_MG_3382.jpg

どうでもいいものとかも、撮っちゃわない?

あるあるだね~。



_MG_3394_2013122301042727b.jpg

自分の肌とかも撮っちゃったりしてね。

あるあるすぎる。



_MG_3399.jpg

ふとしたことが、このレンズによっておもしろい。

これなんてね、コーヒーの粉にお湯を注ごうとしてちょっとかかった時の写真だよ。



横顔

小物や、フィギュアもだいぶ撮りやすくなりました。

今までは、高倍率ズームレンズの最大望遠を利用して撮っていたんだもの。
大変だった・・・。



総括。
マクロレンズ、買ってよかったです。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

山形への旅。(その2:廃校・次年子小学校へ)

2013.10.10.Thu.18:36
こんばんは。



あらすじ:
深夜に飛び出した私は、旅の一旦の目的地をめざしていた・・・。


_MG_0370.jpg

すっかり日が昇ってきた。

といっても、まだ早朝。



_MG_0373.jpg

広大な稲穂畑だ。



_MG_0372_20131008170923839.jpg

稲が朝露に濡れて、輝いていた。



_MG_0376.jpg

_MG_0385_2013100923515256c.jpg

_MG_0387.jpg

名もわからぬ白い花。

たくさん咲いていた。



ここで少し運転休憩とす。



_MG_0378.jpg

神社があった。



_MG_0383_20131009235157966.jpg

森に守られているように建っている。


いや、森が守られているのかな。現実的な話。

神社の周りだけは、神木を伐採しないように配慮するものだ。普通。




_MG_0381.jpg

『荷渡神社』だそうだ。ニワタリ。


聞いたことのある名前だと思ったら、地元にもあった神社だ。

漢字は違うけど、『二羽渡神社』



_MG_0380.jpg

詳しくはこのサイト様を参照のこと↓
    鶏の神(ニワタリ神社)


ニワトリの神だったのか。語感そのまんま。




_MG_0395.jpg

目的地周辺です。案内を終了します。

ナビが告げる。


この村に・・・目的地である廃校があるのか。


_MG_0394_20131010013234420.jpg

車をテキトーに停めさせてもらい、村を探索する。


人はちゃんと住んでいるようだ。

こんな山奥でも、ちゃんと人の生活があるのですね。




次年子小学校跡

あ、あれだ。赤い屋根。

奇抜な形・・・ドーム型の建物。


どんな外観が知らずに来たけど、あれしかないでしょぉ。




_MG_0396.jpg

あ、校門。

やっぱりこれなんだ。




_MG_0397_2013101001322464b.jpg

『次年子小学校』です。


変わった造りの小学校ねぇ

・・・でも、こんな学校に通いたかったなぁ。


昔から、変わったものが好きだった。

変わったものが好きだから、きっと変人なんだよ。趣味嗜好がずれてるから。




_MG_0400.jpg

校庭はいまや、芝が生え揃え、ゲートボール場になっている。


芝の校庭というのもいいものよ。

転んでもケガしないし。




_MG_0402.jpg

いまは、陶芸教室になっているようです。


いいねぇ。いまだ使ってもらえる方がいて。


まだ私が来るのは早かったかな。



そうね。
使えるまでは使ってほしいよ。





その後は、私が看取りますから。




その時まで・・・。また。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ