紫陽花 | フラジールに蕩れ。
FC2ブログ

鈴と行く、廃墟ポートレートの旅。 その7 (道中・下)

2013.08.01.Thu.19:00
こんばんは。



それでは、一日あきましたが、廃墟紀行の続き行ってみたいと思います。

道中の【知らない町編】の後編からスタート!




_MG_3678.jpg
坂の町の、中腹あたり。

霊園の近くには青い青い、紫陽花がひっそりと咲いていた。



_MG_3679.jpg
これほど見た目的に、日陰や雨など・・・、日光いらずな花も珍しいものだ。

しかし、この花でさえ、もれなく日光で生きているんだと気づかされる。


日陰者さえ、やはり雨だけで生きてはいけないのだ。厳しい現実。




_MG_3681.jpg

なにやら風貌のかっこいい建物があった。


長瀬産業組合・・・JA・・・。

農業組合関係の建物だったようだ。




_MG_3682.jpg
横顔もかっこいい。

こういう感じの建物ってレアですね。



_MG_3684.jpg

その建物の近くに、
紫陽花と対をなすもの、向日葵

日光に顔を上げる者。



背中合わせのひまわり達

太陽が隠れた今、彼らはそれぞれの方向に顔を向けている。

同じ方向に顔を向けるのは、輝くものが現れた時だけだ。



・・・実際は、そこまで極端ではないけれど、
それでも日光の下に暮らすものほど、利害のスポットライトは明らかに目の当たりにしやすい。

それはまぁ勘違いされやすい必然。





_MG_3692.jpg

かっこいい建物に別れを告げる。



_MG_3688.jpg

町からこの道、少し歩けば、カラフリーな場所へとたどり着けるでしょう。

道のその先に、美しいものが待っていると分かるだけで、人は歩いて行けるものです。




_MG_3696.jpg

かやぶき屋根の古民家を発見。



_MG_3697.jpg
すごい。


保存状態が素晴らしい。

ここまで保護されている感じでなく、自然に建っているかやぶき屋根の家は今まで見たことが無かった。


すごい。




_MG_3699.jpg

色々なものを見つけながら、散歩を続ける。


その見つけたものの中でも、写真を撮るのはごく一部。

恐らく無意識のうちにだが、
感じるものがあり、かつ写真写りが良さそうなものを選び取っているんだろう。




町の水路

うつくしい水路


フィルム調に現像。




_MG_3701.jpg
偏見かもしれないが、水路が美しい町は、景観が優れている傾向にある気がする。


もしくは、その水路造りが、同じ雰囲気の造りで町をかたどっているものの一部だから、それは確かに同じ傾向になるのは必然なのかもしれない。




見知らぬ町に

田舎好きというか懐古厨・ノスタルジストである私には、とても口に合った町だった。


しかし、いまだにこの町の名前を、私は知らない。

意図せず、某アニメのタイトルみたいになった。(笑)




DSC00360.jpg

そういえば、散歩の途中、たまに通る車以外は誰にも会わなかった。

見かけもしなかった。


うんまぁ、人がいたらいたで、ヨソ者を好奇の目で見る視線はあまり好きじゃないんだけど。
それが悪いとも思わないけどね。




_MG_3708.jpg

その町の一部を丸く切り取り、そこからさらに四角に収める。

改めて考えると、どこか不思議なものだ。


ときどき、よく分からなくなってくる。


意識すると、今までどうやって歩いていたか分からなくなってしまったムカデの話のように。




_MG_3709.jpg

町の雰囲気を堪能していると、いつのまにか一周して車を停めた場所に戻ってきてしまった。

目的地までまだまだ時間がかかるし、そろそろ出発しよう。


車内に戻ると、が起きていた。




知らない町を回ってレポートするだけの仕事があればいいのにと思いながら、

その名も知らぬ町をあとにしたのでした・・・。




DSC00382.jpg


次は・・・ここです。




つづきますよぉ。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

発見の日々。

2013.07.23.Tue.20:09
こんびゃんは。


なんとなく安定の時期。

気持ちとか、気候とか。
このブログの一日の訪問者数とか。





Date:2013.7.18

_MG_3512.jpg

今日もまったり、昨日のお散歩の続きをしましょう。


ほんとアジサイ、どこでも見るわね。構図テキトウ。




_MG_3513.jpg

のどかですねぇ。

とこり、とこり。


のそのそと歩く。




_MG_3517.jpg
葉っぱもさもさ。

見ていると気持ちいい。


というか、胸から飛び込んでもしゃもしゃしたい。




_MG_3522.jpg


私用ガードレール。




_MG_3516.jpg
キノがパースエイダ―の練習に使った鉄板を、もやもやと髣髴。

こんなお菓子の蓋みたいなのじゃ、穴あくと思うが。




_MG_3530.jpg

神社ねこ。




_MG_3527.jpg

日陰のあじさい達。


暗くひっそりと、蒼く。






発見の日々。

発見の旅、散歩。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

そりゃできるでしょうが、それは「小石だって飲めば食べられる」と言うようなことと同じでは。

2013.07.21.Sun.20:43
こんばんは。


今日は、内部被ばくの検査に行ってきました。

検査するカウンター装置が、相当狭かったので、看護士さんに


しゃれ「これ、太ってる人どうするんですか?検査できるんですか?」

って聞いたら、


看護士さん「ああ~・・・。できますよ。」

しゃれ「できるんですか。」

看護士「はい。」

しゃれ「ぎゅうぎゅうに押し込んで?」

看護士「ええ。まあ。」

しゃれ「大変ですね・・・」

看護士「そうですねー。」



ということで、太っている人でも無理やり押し込むらしいです。

ほんと、たいへんですね。





――そして検査後、散髪に行ってきました。

結構短めにしたので、すっきり。



すると、そこで父から「八坂神社でお祭りやってたぞ」という電話が。

私は本屋に寄ってから、八坂神社に行ってみました。




・・・そこでの写真や出来事の日記は、また今度。


けっこう写真が溜まっております。
ぼちぼち整理していかないと・・・。ほとんどがRAWだし。




_MG_3453.jpg

さて、日記の後のいつもの写真展。

写真がおまけのような扱いです。


それでは、紫陽花の写真から。



DSC00208.jpg

DSC00209.jpg

色々なところで紫陽花を見ますね。

鮮やかなで色々なグラデーションがあるのは、養殖だそうです。



DSC00211.jpg

でも、天然より養殖の方が質が良かったなら、やっぱり価値ってのは養殖に傾いていきますよねぇ。

残るのは、天然の方が安全だとか自然だとか、そういう苦し紛れの価値観だけ。

・・・とは限らないかもしれないけど、
なんにせよ人工というものはもちろん人が人の為に作っているわけで、そこらへんの利を天然より上回ることも可能であり、やはり天然にこだわるには苦しい戦いになりますね。




DSC00283.jpg

なんだっけ名前。

他者のブログ様で、この草を見たんですけど。




DSC00278.jpg

神社です。

いつものね。




_MG_3457.jpg

お庭のインテリア。


素敵ですねー。




DSC00260.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

雨と紫陽花。

2013.07.12.Fri.19:50
こんばんは。



ついに猛暑がやってきたと思ったら、昨日から雨のせいで半袖では寒いですね。

ようやくのフライデイですが、週末も雨のようです。


ま、それはそれで過ごし方があるわね。




雨の日には読書がイイですよ。

最近、私が読んだ本はこちら。


「水曜どうでしょう」がなぜ面白いのか、心理学の観点から論理的な解説がほどこされた本です。

うれしーと藤やんのインタビューもあり、二人の考え方というものに、はじめて触れましたね。



そういうプライベートなところを知っておくと、逆に物語としてのどうでしょうは、
もっと人間味の深いところや、面白い観点で見れるんではないでしょうか。

かなり、メタな番組ですからね。そこがおもしろいんよねぇ。





_MG_3370.jpg
さて、お次は雨との相性抜群の花。

そう、あじさいですね。




_MG_3360.jpg

なんか、花っぽいのが実はがくで、ちっこいおしべみたいなのが、花だって聞いたことがあるような。

ないような。


あれ、違うヤツのことだったかも。



_MG_3358.jpg

・・・いや、花でしょう。これはさすがに。


花にしか見えない。
花弁でいいよ。

はい決定。



_MG_3354.jpg
可愛らしい花ですよねえ。よく見ると。


あじさいって、なんか色々な種類ありません?
もしかしたら紫陽花と思っている奴も、実は紫陽花じゃなかったりして。

世の中を疑心し、暗鬼に陥りそうな私でした。




_MG_3367.jpg

もはやシリーズになりがちな、カオナシシリーズ。

こやつがいるだけで、世界観が独特になる。おもしろい。




_MG_3365.jpg

カオナシの写真集とか出してみたいですね。
出せないですかね。

自費は無理よ、お金ない。


出せるとなったら、もちろん本気で撮るんだけどねぇ。




_MG_3446.jpg

あじさいはおしまい。


ツタの葉の美。




_MG_3388.jpg
この前の夜、浜吉田駅前でコクワガタを拾いました。

家までメガネケースに入れて持って帰って、まずは一眼レフのX5で撮影。


クワガタかっこいいなぁ。
コクワガタは、いっぱいいるしかっこいい。

子供の頃は、こいつのことをオオクワガタだと思って喜んでた記憶がある。




DSC00036.jpg
こちらはRX100で。

目にピントが合ってるので、こちらのほうがそこらへんはいいね。


一眼レフの方が、やっぱりカッチリとしていてボケも良く、
コクワガタの造形美と、黒が引き立つ描写をしてくれるんだけどね。




DSC00033.jpg
クワガタムシは、
撮影後、外へ放しました。


クワガタムシ「こらぁ、拉致だよ!」




DSC00116.jpg
RX100のお陰で、手軽なテーブルフォトが気軽にできるようになって、大満足です。


やっぱり、そこらへんの使い分け大事ね。



新人・RX100の、今後の活躍にご期待。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

はねる、もがく。

2013.07.08.Mon.21:44
こんばんは。


今日は、会社そっちのけでRX100の試写をしました。
明日レビューしますね。



今日の所は、一眼レフで撮った写真を載せたいと思います。

やっぱり、RX100といえども、一眼レフには画質では敵いませんねー、と実感。


でも、勝る部分もたくさんありますよ。

そこらへんは、明日語るとして・・・。




_MG_2985.jpg
いやぁ。
7月に入り、いよいよ夏ですねー。


所によっては、セミの鳴き声も聞こえます。

都市部の方は、まだ聞いていらっしゃらないかな。


ウチの近くの海も、多くのサーファーや釣り人、家族連れなんかで結構にぎわってます。





_MG_3309.jpg
梅雨と言えば、紫陽花

といわれるほど、雨との相性がバツグンの花。


我が家の庭にも、紫陽花が咲きました。




_MG_3317.jpg
親戚からもらったサクランボ。

実のハリが良く、おいしかった。



_MG_3306.jpg

はい、猫。

やっぱり生物は、静物と違って、撮るたびに面白いですね。
表情が違って。




_MG_3314.jpg

花。

二つ並んで咲いている。




_MG_3355.jpg

相変わらず、療養中のくるみちゃん。

あ、名前『くるみ』になったみたいです。
いつの間にかそうなってた。



_MG_3375.jpg
電車内にて。


やっぱり、電車で一眼レフを出すと少し目立つ。

コンパクト性って、大事だ。うんうん。




_MG_3378.jpg
ヨドバシで試し撮りしたときの写真。


この写真は、シグマ30mm F1.4という単焦点レンズで撮ったもの。


このレンズひとつでなんでもできそう。ほしい。
値段も手ごろだし。

レンズの中での、店員さんのおすすめでした。





F2 5
SONY DSC-RX100
10mm ISO-125 1/500s F2.5



さ、繰り返しになりますが、明日はソニー RX100をレビューしますよっ。

買って二日ですが、すでに当たり感が半端じゃないこのカメラ。


カメラの購入に悩んでいるあなたも、一目、ぜひ。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ